【インタビュー】「3年B組 皆川先生~2.5時幻目~」皆川猿時&荒川良々&演出・細川徹が送る学園もの「お客さんを笑わすことだけを考えて作っています」

2021年5月27日 / 08:00

 皆川猿時と荒川良々が3年振りにタッグを組む舞台「3年B組 皆川先生~2.5時幻目~」が、6月17日から本多劇場で上演される。本作は、2016年上演の舞台「あぶない刑事にヨロシク」、18年上演の舞台「さらば!あぶない刑事にヨロシク」に続く、皆川・荒川コンビによる作品。作・演出を“見た後に何も残さないバカ”にこだわったコントユニット「男子はだまってなさいよ!」を主宰する細川徹が務める。皆川と荒川、そして演出の細川に、本作の見どころを聞いた。 

(左から)荒川良々、皆川猿時、細川徹

 -今回は、学園ものということですが、学園を舞台にしようと思ったきっかけを教えてください。

細川 僕は、劇団に所属しているわけではないので、同じメンバーで違う作品をやるということがないんですが、それをやってみたかったというのがまずありました。学園を舞台にしたのは、プロデューサーの長坂(まき子)さんからのアイデアです。

-「学園もの」を提案されたときには、違和感なくやってみようと?

細川 自分だけだと絶対やらないことですが(笑)。

皆川 絶対やろうとは思わないですよね。まあ、言われたからやるかって感じ?(笑)。

荒川 嫌々なんですか(笑)?

細川 (笑)。自分の発想にないから新鮮ですよね。

-今回はどのような作品になりそうですか。

細川 稽古場でストーリーが変わっていくので、きっと今回も大きく変わっていくと思いますし、僕の頭の中のものを具現化しようという発想は、全くないんです。なるべく、どうでもよくて面白いことをやりたいので、稽古場でも雑談をしたり、みんなでアイデアを出しながら、面白いかどうかで作っていく形になると思います。

-ビジュアルはどんなイメージで撮影したのですか。

細川 タイトルに「2.5時幻目」とありますが、まさに2.5次元っぽい感じで作りました。このキャストたちがあまりやらないことをやろうと思って、それでとりあえず、2.5の芝居だろう、と。そこで、2.5っぽいチラシがいいなと思ってこうなりました。多分、普通にやったらダサくなると思うんですが、皆川さんと荒川くんが真ん中にいることで、わざとやっているんだということが伝わると思います(笑)。

皆川 細川さん、2.5次元の舞台をちゃんと見たことあるんですか。

細川 ほとんどないんですよ(笑)。この芝居を見に来る人はきっと見ている人が少ないと思うんで、興味がない人でも楽しめる、何となくの2.5らしさを追求したいと思います。おじさんたちが、わりと真面目に2.5をやるシーンは楽しめると思います。

-皆川さん、荒川さんも、「なんとなく2.5次元」をイメージして撮影したのですか。

荒川 僕も見たことはないので、イメージで。

皆川 撮影のときは、2.5次元のチラシを見せてもらいながら「これで」と言われてやりました。

細川 でも、それらしくなっていますよね。チラシが一緒に並んでいたら、遠目には分からないと思います(笑)。

-今回、新メンバーとして乃木坂46の清宮レイさんが出演しますが、清宮さんをキャスティングした理由は?

細川 学生らしい人がいないので、1人ぐらい強烈に学生らしい人を入れようということでお願いしました。優等生っぽい子がいるといいなと思ったんですが、バランスがあまりにも…ですね(笑)。

荒川 おじさんとおばさんだけだからね(笑)。

-清宮さんにはどんなことを期待していますか。

細川 学園ドラマの雰囲気を表現できるのは清宮さんしかいないので、期待は大きいです。このままでは、おじさんばかりで学園ドラマに見えないですから。清宮さんがドラマの空気を作らなければいけないので負担は大きいとは思いますが、その空気感には期待しています。

-出演者は先生役も生徒役もやるのですか。

細川 基本は皆川さんが先生で、荒川くんやほかのメンバーは生徒が多いかと思います。生徒たちが、皆川先生を振り回す感じですが、振り回し過ぎないよう気をつけつつやります。毎回、皆川さんは熱を出したり、肉離れを起こしたり、何かがあるんですよ。前回は肉離れでしたね。

皆川 演出で「走れ」とも言われてないのに走って肉離れです(笑)。自分でも良くないと思うのですが、動いて間(ま)を埋めてしまうんですよね。どこかに負荷をかけないと、ばかなものが成立しないんじゃないかと思って、ついやってしまうのですが、もう50歳になるので、そういうのもやめようと思います。

荒川 でも、本番が始まったらやっちゃうんでしょ。運動会のお父さんのリレーと一緒ですね(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「REAL⇔FAKE 2nd Stage」染谷俊之&和田雅成&松村龍之介「サスペンス要素もアクションもある」第2期スタート

ドラマ2021年6月11日

 2019年9月にMBS/TBSドラマイズム枠で放送され、新感覚ドラマとして話題を集めたオリジナルドラマ「REAL⇔FAKE」の第2期となる「REAL⇔FAKE 2nd Stage」が6月15日から放送される。第1期に続き、映像ディレクター … 続きを読む

【映画コラム】夫婦や家族についていろいろと考えさせられる『幸せの答え合わせ』と『ブラックバード 家族が家族であるうちに』

映画2021年6月10日

 今回は、夫婦や家族についていろいろと考えさせられる2本の映画を紹介しよう。まずは、6月4日に公開された『幸せの答え合わせ』から。  イギリス南部の港町シーフォードで暮らすグレース(アネット・ベニング)とエドワード(ビル・ナイ)は、結婚29 … 続きを読む

【インタビュー】『「宇宙戦艦ヤマト」という時代  西暦2202年の選択』山寺宏一「歴史の事実を突き付けられた気がした」福井晴敏「『ヤマト』は『ガンダム』や『エヴァ』の手が回らないところにあるべき存在」

映画2021年6月9日

 かつて社会現象を巻き起こした大ヒットSFアニメーションをリメークし、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』(12~13)とその続編『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(17~19)。この二つのシリーズに新作映像を交え、新たな切り口 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「#コールドゲーム」結木滉星「仕事が生きがいだというぐらい楽しい」 氷河期を舞台にしたサバイバルドラマに挑戦

ドラマ2021年6月7日

 天才詐欺師がマイナス45度の極寒の中、サバイバルをする姿を描く、大人の土ドラ「#コールドゲーム」が、6月5日から東海テレビ・フジテレビ系で放送中。本作は、氷河期に突入した地球で、わずかに生き残った人類によるサバイバルストーリー。たどり着い … 続きを読む

【インタビュー】映画『47歳 人生のステータス』マイク・ホワイト監督「この映画は、自分と他人を比較したり、他人をうらやむことの不条理さを描いています」

映画2021年6月7日

 47歳のブラッド(ベン・スティラー)が、大学進学を目指す息子とボストンへ向かう旅の中で、自らの人生を見つめ直していく。人生の後半戦を歩み始めた中年男性の悲哀と再生を温かいタッチで描いた、プランBエンターテインメント製作の『47歳 人生のス … 続きを読む

amazon

page top