【インタビュー】Netflixオリジナルアニメシリーズ「極主夫道」 龍役の津田健次郎「『極主夫道』は海外で通用する笑いなので、配信が楽しみです」

2021年4月5日 / 06:30

 Netflixオリジナルアニメシリーズ作品「極主夫道」が4月8日から全世界に配信される。本作は、おおのこうすけの同名漫画が原作。「不死身の龍」と呼ばれた元最凶極道の龍が足を洗い、専業主夫として奮闘する日常を描くアットホームギャグコメディーだ。主人公・龍の声を担当した津田健次郎に、演じた感想や、表現者として原動力になっていること、「日本発のNetflixアニメ」として全世界に配信されることへの思いを聞いた。

主人公・龍の声を担当した津田健次郎

-大人気の漫画『極主夫道』の初のアニメ化作品となりますが、オファーを受けたときの率直な気持ちは?

 僕は以前、『極主夫道』のコミックスのCMや実写版のPVで龍役をやらせていただいたことがあったので、『極主夫道』は僕にとって、とてもなじみ深い作品でした。アニメ化すること自体がうれしかったですし、龍という役を引き続き担当させていただけることも、うれしかったです。とにかく面白いものにしたいと思っていました。

-津田さんは、原作のファンだと聞きましたが、最初に原作漫画を読んだときの感想は?

 笑いのセンスが抜群で、とても優秀なコメディー作品だなと思いました。ばかだな~という、素直に笑える出来事がたくさんあるのですが、そのばかばかしさがほほえましさにもつながってくる、すてきな作品だなと思います。

-アニメ版では、「極主夫道」の世界観を表現するために、どの辺りを意識したのでしょうか。

 PVやCMで龍を演じたときに、何となく龍というキャラクターが出来上がっていた感覚があったので、そういう意味では、今回は特に意識せずに、すんなりとアフレコに入れました。龍は何に対しても情熱的で一生懸命なので、その龍の一生懸命さを魅力的に表現したいなと思いました。

-今回のアニメ版は、原作の静止画が連続して出てくる漫画を読んでいるような映像だったので、声優さんの役割が非常に大きいと感じました。

 そうですね。あえてアニメを動かさないという表現方法を使っていて、原作の要素が強く出ている分、これは芝居の比重が随分上がったぞ、と思いました(笑)。各シーンの勢いや面白さは損なわれていないと思いますし、コメディーとして面白くなるようにという意識で役割を全うしようと思いました。

-龍はこわもてながら、料理や掃除などの日々の家事を完璧にこなす愛妻家というキャラクターですが、津田さん自身が龍に似ているな、共感できるなと感じる部分は?

 僕は全然家事が得意じゃなくて、そこは全く共感できないので、龍はすごいなあと思います(笑)。龍が家事に情熱を燃やしている姿が面白いですし、何よりも、一切手を抜かず、丁寧にこなしていることが、すごくすてきで、素晴らしいなと思います。僕は全然似ていないんですよね(笑)。似ているかもしれない部分は、「見た目が龍に似ている」という理由もあって、実写版PVをやらせていただくことになったので、顔や見た目が少し似ているんじゃないかなと思います。

-コロナ禍でのアフレコとなりましたが、アフレコの際の感想は?

 アフレコは、僕一人がブースに入って、同じフロアにある別のスタジオで、ほかのキャストさんが入れ替わっていく方法で録りました。ブースでは孤独でしたが、美久や(龍の舎弟の)雅がしゃべるというオンタイムでのやり取りはできたので、やっていて楽しかったです。ほかのキャストさんが出してくるニュアンスを、しっかり受けてやれたことは、ありがたかったです。

-漫画「極主夫道」の実写版PVでは、監督兼俳優として龍役を演じられて話題になりましたが、津田さん自身に届いた反響はありましたか。PVの再生回数も、1千万回超えという、ものすごい数字を記録しています。

 正直、反響はすごかったです。スタッフさんやキャストさんだったり、思わぬ方々から「面白かったよ」って言っていただけて、うれしかったです。海外の方のリアクションもとても多く頂いて、「これは海外でも通用する笑いなんだ」というのが認識できたので、今回Netflixでアニメをやらせていただくことが、すごく楽しみです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top