【インタビュー】ドラマ「出会い系サイト70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」瀧本美織「自分の人生に重ね合わせて見てほしい」

2021年2月25日 / 12:00

 瀧本美織が主演するWOWOWオリジナルドラマ「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」(通称:であすす)が、WOWOWオンデマンドで2月26日(金)から配信、WOWOWプライムで3月26日(金)から放送される。本作は、花田菜々子の実録私小説が原作。夫と離婚寸前、仕事もうまくいかず、どん底人生まっしぐらの33歳の書店員・菜々子が、本を紹介することを通して、自分や他人と向き合い、新たな人生を切り開いていく様子を描く。主人公の菜々子を演じる瀧本に、役柄を演じた感想や見どころ、さらには今後挑戦したいことなどを聞いた。

瀧本美織(ヘアメイク:SHIGE、スタイリスト:石川美久、衣装:ワンピース/furuta)

-インパクトのある長いタイトルで、“本×出会い系サイト×人間模様”を描いた実録私小説が原作ですが、企画を聞いたときは、どう感じましたか。

 タイトルにあるように、菜々子が出会い系サイトで知り合った人に本をお薦めする話なのですが、原作を読ませていただいたときは、こんな世界があるのかとびっくりしました。花田さんは勇気がある方だなと尊敬しましたし、自分の人生においても、共感したり、発見することがたくさんある内容だったので、花田さんが書かれるポップでカジュアルな文章がすごく好きになりました。

-菜々子というヒロインのどんなところに魅力を感じて、演じましたか。

 菜々子はカウンセリングのように人の話を聞いていますが、菜々子自身も人生の中でいろいろなことに迷っていて、自分探し中なんです。自分自身も未完成な状態だけど、それでも素晴らしいんだ、そのままでいいんだ、というところに魅力を感じたので、そこを意識して演じました。

-瀧本さんが演じてきた役の中でも、最もせりふ量が多くて日々格闘したと聞きました。会話劇に挑戦した感想を教えてください。

 せりふの量が本当に膨大で、台本をめくってもめくっても、せりふが続くので、文字と格闘する毎日でした。撮影中は、部屋の中で歩き回りながらせりふを覚えたり、動きながら体になじませて覚えました。

-瀧本さん自身は、初対面で人と会ったときは、積極的に話し掛けるタイプですか。

 私も菜々子と同じように人が好きで、その人のことを知りたいという関心があります。「聞き上手」と言われることがあるので、自分のことをたくさん話すよりは、人に質問をして、たくさんお話を聞く方が好きなタイプです。

-離婚寸前の夫役を竹財輝之助さん、出会い系サイトで出会い、菜々子が引かれる遠藤を森崎ウィンさんが演じていますが、お二人と共演した感想は?

 竹財さんは甘いマスクですが、時折ピリッとした一言をおっしゃるので、そのギャップがとても面白かったです。撮影中に「大変じゃない?」と気遣ってくださって、とても優しい方でした。森崎さんは、すごく明るい方なので、太陽みたいに突き抜けた明るさを持っている遠藤そのものでした。森崎さんが演じるからこそ、魅力的な遠藤さんに見えるんだろうなと、私自身も人として引かれました。

-原作者の花田さんは、70人に自分の好きな本を薦めましたが、瀧本さんも何かを人に薦めてみたいという願望はありますか。

 はい、自分が好きなことを、人と一緒に共感することが好きなので、ぜひやってみたいです。私はアーティストのB’zさんが子どもの頃から大好きなので、B’zさんの曲を「今のあなたには元気になれるこの曲」みたいな感じで薦めて、一緒に聞いてもらいたいです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top