【インタビュー】ドラマ「直ちゃんは小学三年生」杉野遥亮&渡邊圭祐「毎日カメラが止まってしまうぐらい、笑いをこらえるのが大変な現場でした」

2021年1月5日 / 12:00

 杉野遥亮が主演する新ドラマ「直ちゃんは小学三年生」が1月8日からスタートする(テレビ東京ほか/全6話)。本作は、純粋で真っすぐな主人公の直ちゃん(杉野)と、金持ちで頭のいい少年・きんべ(渡邊圭祐)、貧乏でがさつな少年・てつちん(前原滉)、泣き虫の少年・山ちょ(竹原ピストル)という、4人の「小学3年生」の放課後を描くヒューマンコメディー。今回、リアルな小学3年生役に挑戦した杉野と渡邊に、役を演じた感想やお互いの印象、小学生の頃のモテエピソードなどを聞いた。

杉野遥亮(左)と渡邊圭祐 (c)「直ちゃんは小学三年生」製作委員会

-まずは、オファーを受けたときの感想から教えてください。

杉野 素直に「やったー!」という気持ちでした。ちょうどオファーを頂いた頃は、「僕が小さい頃になりたかった大人ってこうだったっけ?」とか、「自分が求めていた自由ってこうだったかな?」ということを考えていた時期だったので、劇中で子どものような自由さを表現することで、今、自分が考えていることだったり、何かを発信できるのではないかなと思いました。

渡邊 大人が小学生を演じるという、ぶっ飛んだ設定が面白いなと思いました。こういう機会を頂けるのは、役者をやっていてもめったにチャンスがないことなので、浮き浮きして撮影に臨みました。

-演じる役柄について教えてください。

杉野 直ちゃんは、きんべみたいにお金持ちでも、てつちんみたいに貧乏でも、山ちょほど優し過ぎるわけでもなく、すごくオーソドックスなキャラクターですが、だからこそ、直ちゃんの目線を通して、「これって何でこうなんだろう?」という物事の側面が見えてくる、魅力があるキャラクターです。

渡邊 きんべは、4人の中では一番大人に近い感覚を持った小学生だなと思います。子どもなので、自分の中で我慢ができずに逆上してしまうこともありますが、基本は真面目な小学生です。

-小学3年生という設定ですが、どのように役へのアプローチをしましたか。

杉野 直ちゃんの衣装は、半ズボンに、キャップをかぶって、長い靴下を伸ばして、ランドセルを背負うという、いかにも小学生らしいスタイルだったので、特に役作りをするというよりも、その衣装を着ると自然とスイッチが入りました。オンオフの切り替えがしやすかったです。

渡邊 僕も同じで、今回は自分で何か役作りをするというよりは、衣装だったり、やっていることが小学生だったので、まずは場の空気感を大切にして、楽しくいようということを心掛けました。

-大人になって、ランドセルを背負った感想は?

渡邊 小学生のときは、めちゃくちゃでかいなと思っていたのですが、やっぱり小さく感じました。

杉野 僕もこんな小さかったかなと思いました。でも、衣装を着てランドセルを背負うと、すごくしっくりくるので、現場ではいつの間にか背負うのが当たり前になっていました。

-純粋で真っすぐな直ちゃん、金持ちで頭の良いきんべ、貧乏でがさつなてつちん、泣き虫の山ちょと、個性豊かな4人のキャラクターが登場しますが、誰が自分の性格に一番近いと思いますか。

杉野 僕は直ちゃんの性格、そのままだと思います。プロデューサーさんが、僕の印象を「直ちゃんの役に反映させた」と言っていたぐらいなので(笑)。

渡邊 僕はてつちんかな。いろんなことに興味はあるのに、生意気で、ちょっとだるい感じが似ていると思います。

-お二人は本作が初共演となりますが、お互いの印象は?

杉野 最初は髪が長くてセクシーだな、クールそうだなと思っていましたが、熱さを内に秘めているタイプで、撮影現場でも熱い部分があって、そのギャップが魅力的だなと思いました。

渡邊 無邪気な直ちゃん、そのままですね。現場でも飾らず、直ちゃんと同じように、ちょっと抜けているところがあるようで、実は作品や周囲の人のことをしっかりと考えていて、熱い部分が見えたので、また一緒に仕事がしたいなと思いました。

-撮影時に、最も印象に残っていることは?

渡邊 毎日、朝昼晩と必ず笑いが起きていました。いろいろ大変なことはありましたが、とにかく、笑いをこらえることが一番大変な現場でした。

杉野 同じく、どうしても笑いがこらえられなくて、毎日一度はカメラが止まってしまうぐらいに笑ってしまいました。ピストルさんが、あの風貌でかわいい山ちょを演じていて、さらに走り方がボクサーみたいだったり…、笑っちゃいけないと思えば思うほど笑ってしまって、もう駄目でした(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top