【インタビュー】5Guys Shakespeare Act1:[HAMLET]岡宮来夢、初主演舞台で臨むハムレット役で「僕の新たな一面見せられたら」

2020年11月17日 / 07:00

 人気若手俳優・岡宮来夢が主演する5Guys Shakespeare Act1:[HAMLET]が、11月19日から開幕する。本作は、ウィリアム・シェークスピアの四大悲劇の一つ「ハムレット」をミュージカルにアレンジした作品。脚本・演出を松崎史也が担当し、女性役を含めて男性キャスト5人のみで上演される。ハムレット役を演じる岡宮に、本作への意気込みや今後の俳優としての目標を聞いた。

ハムレット役の岡宮来夢

-本作が舞台初主演となりますが、出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 まだ舞台経験も少ない僕に、主演のお話を頂けたことにびっくりしました。それと同時に、すごく光栄なことだとも感じました。シェークスピアの四大悲劇の中でも最高傑作とも言われる「ハムレット」で、主人公を務めさせていただけるというのは、とても貴重で素晴らしい経験になると思うので、楽しみでもありました。

-プレッシャーよりもワクワク感の方が強かった?

 もちろん、プレッシャーもありましたが、共演者の先輩方が気さくに話しかけてくださったり、僕が主演のハムレットであるために、僕を立てるお芝居をしてくださるので、それに乗って自分も頑張ろうという気持ちが強かったです。

-脚本を読んでどんなところに魅力を感じましたか。

 男性キャスト5人で「ハムレット」を上演するということ自体が、新鮮な試みだと感じました。僕は、ハムレットの一役だけですが、ほかのキャストさんはそれぞれ五、六役を演じ分けるので、それを見るだけでも見応えがあると思います。それから、シェークスピアと聞くと難しい印象を持つ人も多いと思いますが、この作品はすごく分かりやすく描かれています。それは脚本を読んでいても、稽古をしていても感じているので、まだシェークスピアに触れたことがないという人にも楽しんでいただける作品になると思います。

-松崎さんの演出の印象は?

 松崎さんは、その人の持ついいところを伸ばそうとしてくれる方だと思います。僕は本当にまだ経験が浅くて、自分では秀でたところがそれほどあるとは思えないのですが、松崎さんが具体的に「こうしたらいい」と伝えてくださるので、すごく分かりやすいです。今回、少ない人数でどうやって物語を見せていくか、ということを考えた演出になっているので、その見せ方も面白いなと思いました。

-稽古場の雰囲気はいかがですか。

 コロナ禍なので、稽古場でのいかたもこれまでとは変わってきていて、なるべく話もせず、ソーシャルディスタンスも守りながらということに気をつけています。なので、みんなで楽しく騒ぐということはないですが、それでもお芝居に対しての話はそれぞれしています。気付いたことや、伝えたいことはきちんと話し合えているので、すごくいい現場だと思います。

-共演者の方たちの印象を教えてください。

 立花(裕大)さんとは以前にも共演したことがあり、事務所も一緒なので、もともと一緒に遊びに出かけるような仲です。なので、今回、また共演することができて、すごくうれしかったですし、安心感があります。一緒のシーンも多いのですが、プライベートの僕たちとはまた違う空気感を舞台の上で共有できるのがすごく楽しいです。

 (中村)誠治郎さんとも以前にご一緒させていただいたことがあります。今回は、殺陣指導もされていて、めちゃくちゃ格好いい殺陣をされるので憧れです。最年長ということもあってすごく頼れる方ですし、かと思うと同年代のように一緒に盛り上がれるので、とても楽しく稽古をさせていただいています。

 橋本(真一)さんは、ムードメーカーです。現場を盛り上げてくださって、一緒にいるだけでモチベーションが上がります。歌もお芝居もすごくうまくて、パッションにあふれていて、“大好きないとこのお兄ちゃん”という印象です。

 法月(康平)さんは、最初は少し近寄りがたい人なのかなと思ったんですが、実はすごくおちゃめな方。勉強のために、誠治郎さんがやってくださった殺陣を動画で撮影したことがあったんですが、その後ろで法月さんがずっとピースをして映ってたんですよ(笑)。それから歌がめちゃくちゃうまい。僕も一お客さんとして聞きたいぐらいうまいので、舞台上で聞き入ってしまわないか心配です(笑)。

-では、この作品を経て、岡宮さんはどんなところを成長させたいですか。

 まず、作品への向き合い方はすでに変わってきていると思います。初めての主演で、座長としてどうしていいか分からなかったのですが、お稽古を通して、自分が誰よりも作品に向き合うことがまず第一歩だと教えていただいたので、そういう意識が少しずつ芽生えてきたと思います。それからもちろん、殺陣も歌もお芝居も、技術的に全ての面で成長していけたらと思っていますし、ハムレットという役柄を通して憎しみや苦しみという、僕自身とはあまり縁のない感情をうまく伝えられる表現力も身に付けられるよう努力したいと思っています。

 僕は、ミュージカル『刀剣乱舞』で鶴丸国永を演じているのですが、ファンの皆さまはステージ上では、その姿しか見たことがないと思います。この作品で、僕の新たな一面やこれまでお見せできていない姿も見せられたらうれしいなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top