【2.5次元】「メサイア-黎明乃刻-」インタビュー、橋本真一&山本一慶の私生活での「メサイア」は?

2019年4月19日 / 12:00

 テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の最新作となる舞台「メサイア-黎明乃刻-」が9月5日から上演される。情報戦争が激化した世界を舞台に、スパイとして生きる「サクラ」候補生を描く本プロジェクトだが、今回の作品は約3年にわたって描かれてきた「刻シリーズ」の完結編。前作「メサイアトワイライト-黄昏の荒野-」で北方連合に捕まり記憶を消された姿が描かれたサクラ候補生・小暮洵役の橋本真一と、そのメサイアである雛森千寿役の山本一慶に、シリーズラストを飾る本作への意気込みを聞いた。

雛森千寿役の山本一慶(左)と小暮洵役の橋本真一 スタイリスト:越中春貴(atelier RIM)/ヘアメイク:工藤聡美

-本作は「刻シリーズ」の完結編という意味でも集大成となる作品になりそうですね。まずは、上演が決まったときはどんな気持ちでしたか。

橋本 僕は、過去作品も拝見していたので、このシリーズに携わりたくてオーディションを受けて、「暁乃刻」から出演させていただいています。そのときからやっぱり、「いつか自分のメサイアと一緒に真ん中に立ちたい」という思いがありました。座長として、「メサイア」シリーズの舞台に立つことを楽しみにしていたので、今はやっと来たなという心境です。

山本 僕もやっと来たなという思いがあると同時に、今、この2人で主演を張らせていただけるのは、とてもいいタイミングだと思っています。(作中では)雛森の周りで起きたことが徐々に明かされていって、小暮の謎も明かされつつあります。そして、2人への大きな試練が目の前にあるという、すごく深い内容を描いているので、膨大な情報をお客さんに分かりやすく届けつつも、2人の関係性に決着をつけられたらいいなと思っています。

-シリーズを通して演出を担当された西森英行さんと脚本の毛利亘宏さんが、本作で卒業されることも発表されていますが、それについてはいかがですか。

橋本 「メサイア」シリーズは、毛利さんの脚本、西森さんの演出、演出助手の方、衣裳、音響、照明…と、いろいろな要素が複合的に組み合わさってできていると思っています。キャストが変われば作風が変わるのはもちろんですが、スタッフさんが変わることも作品に与える影響はとても大きい。そういう意味では、毛利さんと西森さんだから描けた「メサイア」があって、そのお二人がいなくなるというのは、このシリーズにとってはとてつもなく大きなことだと思います。このメンバーで作れる「メサイア」は今回が最後なので、それを心にきちんと留めながらやっていきたいなと思います。

山本 僕が最初にシリーズに参加したときから、お二人をはじめとして、「メサイア」に関わっている人みんなが本当に作品を愛しているのが伝わってきました。僕は、どちらかというと淡々と仕事をこなすタイプだったので、一つの作品にこれだけ愛情を注ぐことがとてもすてきに見えたし新鮮でした。自分のキャラクターをすごく好きになったし、「メサイア」という作品自体にも愛が持てた。きっと、全員がそう思えるきっかけになっているのが西森さんや毛利さんの愛情だったんだと思います。今回は、僕たちがセンターを務めるので、できることを全力でやって、悔いが残らないように終われたらいいなと思っています。

-ところで、「メサイア」といえばアクションですが、アクションはもともと得意でしたか。

橋本 僕はもとから好きでしたね。「メサイア」に出演する前から、アクロバットをやったり、ボクサーの役やテコンドー選手の役をやったことがあって、役作りでボクシングジムやテコンドー道場に通ったりもしていました。だから、もともとアクションは好きではあったんですが、それでも「メサイア」に鍛えられたと思っています。

山本 僕は基本、戦うのは嫌いです(笑)。痛いのも嫌だし、汗かくし、筋肉痛になるし…だから嫌だったんですが、アクションは今や舞台では欠かせないものにもなっていますんでやってはいます。…でも、ゲームではずっと戦っています(笑)。だから僕、格闘技は何もやってないのに戦えるんですよ。ゲームで培った経験値は誰にも負けませんからね! ゲームキャラの動きはしっかりと覚えているんで、イメージは完璧だと思います(笑)。

 

 
  • 1
  • 2

アクセスランキング RANKING

page top