【インタビュー】「誰かが、見ている」三谷幸喜「喜劇俳優として香取さんに全幅の信頼を置いています」 香取慎吾「最初は『本当にいいんですか?』という感じでやっていました」

2020年9月16日 / 06:30

-今回は、「コメディアンとしての香取慎吾を引き出したかった」と聞きましたが。

三谷 今回は一人芝居の部分が結構あるので、台本では書き切れない部分もありますが、そうした僕の思いを瞬間的に理解して、表現する。そのどちらもがパーフェクトな俳優さんは、香取さんしかいません。第1話の、ソファーの位置をずらすシーンで、手がソファーのすき間に挟まって抜けなくなる。そのうちに、もう片方の手や足まで挟まっちゃう。あれは台本にはなくて、現場で「ここでもう少し面白いことができないか」と話し合ったときに、香取さんが考えました。あれは、志村けんさんか香取さんかというぐらい、本当に力のある人でなければできないシーンです。だから、僕は喜劇俳優として香取さんに全幅の信頼を置いています。

香取 完成作の中の自分を見たときに、客観的に「こいつ面白いなあ」と思いました(笑)。

(取材・文/田中雄二)

(c)2020 Amazon Content Services LLC

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

【芸能コラム】“ジャニーズドラマ”だけに終わらない見応えがある「真夏の少年」

ドラマ2020年9月18日

 次世代のジャニーズを担うグループとして人気を集めているジャニーズJr.「美 少年」のメンバーが総出演する連続ドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系)。ジャニーズJr.のお披露目ドラマかと思われたが、金言にあふれた、見応えのあ … 続きを読む

【映画コラム】ジョージ・ルーカス「音は感動を伝える。映画体験の半分は音だ」『ようこそ映画音響の世界に』

映画2020年9月18日

 名作映画のフッテージ(素材映像)をふんだんに使いながら、ハリウッド映画の音響と、それに携わる人々にスポットを当てたドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界に』が公開中だ。監督は、自身も女性音響スタッフとして活躍するミッジ・コスティン。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『Daughters』三吉彩花「お互いの存在が大きかったことを実感しながら撮影に臨めました」 阿部純子「どのように生きたいかを考えるきっかけになりました」

映画2020年9月17日

 東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春(三吉彩花)と彩乃(阿部純子)。同じ速度で歩んでいくと思っていた2人だが、彩乃が妊娠したことによって人生が大きく変化していく…。四季折々の風景とともに、女性たちの心情を丁寧につづった映画『Daugh … 続きを読む

page top