【2.5次元】アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』長妻怜央インタビュー 「ダンクシュートできるように稽古で頑張ります!」

2020年3月23日 / 12:00

 2020年4月3日からアグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』が上演される。原作は『月刊少年マガジン』(講談社刊)に連載中の、八神ひろきの人気バスケットボール漫画。1989年から連載が開始され、バスケットボールを題材とした漫画としては史上最長の連載を誇る。本作は、Mixalive TOKYO内のTheater Mixaで行われるこけら落とし公演のトップバッターでもあり、演出は日本のダンスパフォーマンス集団「梅棒」を主宰する伊藤今人が務め、振り付けも、梅棒の塩野拓矢が務める。今回は、主人公・哀川和彦を演じる「7ORDER」メンバーの長妻怜央に、公演への意気込みや、原作への思いなどを聞いた。

哀川和彦役の長妻怜央

-本作への出演が決まった現在の心境を教えてください。

 すごくありがたい話だと思いました。こけら落とし公演の一発目で、初主演ですし、初めてのことがたくさんあって、どうにかなっちゃいそうです(笑)。とにかく、やるしかないので、しっかりとやっていきたいです。不安もあったんですが、不思議と楽しみの方が多くなりました。今は本番を迎えるのが楽しみです。

-“アグレッシブ ダンス ステージ”と銘打たれていますが、どのような舞台になるのでしょうか。

 梅棒さんの作品を見させていただいたときに、伊藤今人さんから「いっぱい踊りましょう」と言われました。踊ることに関しては抵抗はないので、いっぱい踊りたいです。ただ、ロングラン公演ですし、気持ちでは問題ないと思っていても、1週間ぐらいたったら体が悲鳴を上げると思うので(笑)、全ての公演でベストなパフォーマンスができる体力はつけておきたいです。それから、バスケ作品なので、バスケシーンとダンスの融合もあるのかな、とは思っています。

-原作は30年以上続いているレジェンド的なバスケ漫画の名作ですが、どんな魅力を感じていますか。

 本当に昔から連載されている作品なのかなと思うぐらい、登場人物の全員がおしゃれで、キャラクターがかぶっていなくて個性が立っていると感じました。今人さんもおっしゃっていたんですけど、現代的な、おしゃれなファッションなんです。もちろん、バスケの試合シーンも細かい描写がたくさんあって、しっかりと描かれています。試合に出ないメンバーも含めて一人一人がフィーチャーされていて、登場人物たちを愛せる作品で、群像劇としても楽しめる作品です。

-バスケのシーンもしっかり描写されていながら、普通のスポーツ漫画とは違って爽やかで、学生生活や恋愛なども描かれています。

 恋愛シーンでは、登場人物たちがいろいろと悩んだりもするのですが、僕はすぐに告白したらいいんじゃないかと思ってしまうので、理解できない部分はあります(笑)。でも、読んでいてそういう気持ちにさせられるというのは、逆に引き込まれているんですよね。自然と引き込まれてしまう作品で、男女の恋愛だけでなく、男同士の友情も描かれているので、人間の全部が詰まった作品だと思います。

-演じる哀川について、どのような印象を持っていますか。

 メンタルが強いイメージです。強いチームを辞めて、瑞穂高校バスケットボール部という弱いチームに入るわけなんですけど、いろいろと、うまくいかないとイライラしたり怒ったりすると思うんです。でも、そこをこらえて、みんなの士気を上げることができる。そこがすごいなと心から尊敬できますし、そういうところを役作りで近づけていきたいです。

-哀川はすごく明るいキャラクターですが、ご自分と比較してみていかがですか。

 僕も哀川くんみたいな感じです。明るさでいったら7ORDERの中でもピカイチで、ほんとにヤバいです(笑)。高校時代は授業中に先生に話し掛けるようなしゃべるタイプで、哀川くんそっくりでした(笑)。

-実際にバスケの経験はありますか。

 小学5年生ぐらいからミニバスをしていたので、一応ボールには慣れています。指先でボール回しもできます。ボール回しはカッコイイから舞台で披露できたらいいな(笑)。共演の皆さんもバスケットボール経験者が多いので楽しみです。

-哀川は背が低いのにダンクシュートができるぐらいの天才的な運動能力を持っていますが、ご自身的にはどうですか。

 僕も少しはできる方ですけど、ダンクシュートはできないです。哀川くんは身長が175センチなのにフリースローラインから跳んでダンクをするなんて、マジでオリンピックに出られるぐらいの感じですよね(笑)。舞台でどう表現するのか楽しみです。ダンクシュートは哀川くんの代名詞でもありますから、ダンクシュートができるように稽古で頑張ります! できるようになったらオリンピックに出られると思うので、オリンピックを目指そうかな(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top