【インタビュー】映画『37セカンズ』大東駿介 これがハリウッドスタイル!? 出演シーンの大幅カットに衝撃

2020年2月5日 / 18:51

 数々の映画祭に出品され、世界三大映画祭の一つであるベルリン国際映画祭では、パノラマ部門の観客賞と国際アートシアター連盟賞をダブル受賞した映画『37セカンズ』。本作に出演した大東駿介が、「度肝を抜かれた」という撮影秘話や、30歳を過ぎた頃から変化してきた役者への向き合い方などを語ってくれた。

大東駿介

 本作は、生まれたときに37秒間呼吸が止まったことによる脳性まひを患うユマが、ある出来事をきっかけに夢と直感を信じて、閉鎖された世界から自分の道を切り開いていくさまを描いたヒューマンドラマ。ユマ役は、体に障害のある女性約100人のオーディションによって、脳性まひを患う佳山明が役を射止めて女優デビューを果たした。

 ユマに寄り添う介護福祉士の俊哉役を演じた大東は、「ユマちゃんと重なる明ちゃんの演技は芝居の域を超えてくるから、同じ画角に収まる僕たちは、ただ演技をしているだけでは見ている人にとっては違和感がある」と、よりリアリティーのある演技が必要とされた苦労を打ち明けながらも、佳山に「僕たちを引っ張ってくれました。すごく頑張ってくれました」と感謝を示した。

 米ロサンゼルス在住でハリウッドスタイルの撮影をするHIKARI監督とのタッグも新鮮だった様子。日本ではあらかじめ決めたアングルで撮影することが多いが、ハリウッドではクローズアップ、ミディアム、ロングなどさまざまなアングルで撮影し、編集時に物語を再構築するスタイルがスタンダードなため、シーンごとのカット数は自然と多くなる。

 加えて、粘り強い演出でなかなかOKを出さないこともあったHIKARI監督に現場の空気が張りつめることもあったようだが、大東は「作品、スタッフ、キャスト、全てに対するエネルギーがかなり高くて、愛情と使命感を持っていることが伝わってきました」と徹底した姿勢に舌を巻いたという。

 HIKARI監督に引っ張られ、スタッフ・キャストが丹精込めて作った本作は、上映時間115分の“ユマの成長物語”に仕上がったが、その裏には衝撃のエピソードがあった。実は、最初に本編をつないだときは4時間にもわたる長尺で、俊哉や障害者を中心にサービスを行うデリヘル嬢の舞(渡辺真起子)など、登場人物それぞれの人生を丁寧に描いたシーンがあり、“群像劇”の様相を呈していたのだとか。

 それが大幅にカットされたため、初めて試写を見た大東は「度肝を抜かれました。みんなが感動してウルウルしている中、どういうことや!と驚きました」と思わず笑い、「台本では俊哉はユマの相手役で、映画自体が2人の恋物語みたいな話でしたからね」と当初の予定も教えてくれた。

 シーンの大幅カットによって物語の方向性も変わったが、大東は「編集が素晴らしい。必要のないものを切ったのではなく、名シーンを削ってでも映画を2時間内にまとめて完成させようというHIKARIさんのポリシーを感じたし、この映画はこうあるべきだと納得できました」と太鼓判を押した。

 さらに、「世界的に注目を集め、ベルリン映画祭で観客の心が一番動いた作品に贈られる観客賞を頂いたことに、とても感動しています」と大満足の様子。その一方で、「最近は、いじめや虐待、人種差別、障害者に対する偏見など、心の病から引き起こされる事件が多いですよね。そういう、他者を思いやれず、自分は正しいと過信する“心の障害”も怖いですが、同じぐらいに、これらの問題に慣れてしまっている自分たちも怖いと思います」と問題提起をする。

 そして「バリアフリーへの取り組みや、障害者へのケアなどが世界的に見て劣っている日本で、この作品がどう受け入れられるのかという期待と不安を抱きつつ、観客一人一人の心を動かすきっかけになればうれしいです」と願いを込めた。

 大東が本作への出演を決めたのは、「福祉や、障害者と社会・健常者とのつながり方などを自分の中の議論のテーマとして考えていた頃に話を頂いたから」だそうで、「やらないわけにはいかない。スケジュールを意地でも空けてもらいました」と振り返る。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top