【インタビュー】映画『37セカンズ』大東駿介 これがハリウッドスタイル!? 出演シーンの大幅カットに衝撃

2020年2月5日 / 18:51

 数々の映画祭に出品され、世界三大映画祭の一つであるベルリン国際映画祭では、パノラマ部門の観客賞と国際アートシアター連盟賞をダブル受賞した映画『37セカンズ』。本作に出演した大東駿介が、「度肝を抜かれた」という撮影秘話や、30歳を過ぎた頃から変化してきた役者への向き合い方などを語ってくれた。

大東駿介

 本作は、生まれたときに37秒間呼吸が止まったことによる脳性まひを患うユマが、ある出来事をきっかけに夢と直感を信じて、閉鎖された世界から自分の道を切り開いていくさまを描いたヒューマンドラマ。ユマ役は、体に障害のある女性約100人のオーディションによって、脳性まひを患う佳山明が役を射止めて女優デビューを果たした。

 ユマに寄り添う介護福祉士の俊哉役を演じた大東は、「ユマちゃんと重なる明ちゃんの演技は芝居の域を超えてくるから、同じ画角に収まる僕たちは、ただ演技をしているだけでは見ている人にとっては違和感がある」と、よりリアリティーのある演技が必要とされた苦労を打ち明けながらも、佳山に「僕たちを引っ張ってくれました。すごく頑張ってくれました」と感謝を示した。

 米ロサンゼルス在住でハリウッドスタイルの撮影をするHIKARI監督とのタッグも新鮮だった様子。日本ではあらかじめ決めたアングルで撮影することが多いが、ハリウッドではクローズアップ、ミディアム、ロングなどさまざまなアングルで撮影し、編集時に物語を再構築するスタイルがスタンダードなため、シーンごとのカット数は自然と多くなる。

 加えて、粘り強い演出でなかなかOKを出さないこともあったHIKARI監督に現場の空気が張りつめることもあったようだが、大東は「作品、スタッフ、キャスト、全てに対するエネルギーがかなり高くて、愛情と使命感を持っていることが伝わってきました」と徹底した姿勢に舌を巻いたという。

 HIKARI監督に引っ張られ、スタッフ・キャストが丹精込めて作った本作は、上映時間115分の“ユマの成長物語”に仕上がったが、その裏には衝撃のエピソードがあった。実は、最初に本編をつないだときは4時間にもわたる長尺で、俊哉や障害者を中心にサービスを行うデリヘル嬢の舞(渡辺真起子)など、登場人物それぞれの人生を丁寧に描いたシーンがあり、“群像劇”の様相を呈していたのだとか。

 それが大幅にカットされたため、初めて試写を見た大東は「度肝を抜かれました。みんなが感動してウルウルしている中、どういうことや!と驚きました」と思わず笑い、「台本では俊哉はユマの相手役で、映画自体が2人の恋物語みたいな話でしたからね」と当初の予定も教えてくれた。

 シーンの大幅カットによって物語の方向性も変わったが、大東は「編集が素晴らしい。必要のないものを切ったのではなく、名シーンを削ってでも映画を2時間内にまとめて完成させようというHIKARIさんのポリシーを感じたし、この映画はこうあるべきだと納得できました」と太鼓判を押した。

 さらに、「世界的に注目を集め、ベルリン映画祭で観客の心が一番動いた作品に贈られる観客賞を頂いたことに、とても感動しています」と大満足の様子。その一方で、「最近は、いじめや虐待、人種差別、障害者に対する偏見など、心の病から引き起こされる事件が多いですよね。そういう、他者を思いやれず、自分は正しいと過信する“心の障害”も怖いですが、同じぐらいに、これらの問題に慣れてしまっている自分たちも怖いと思います」と問題提起をする。

 そして「バリアフリーへの取り組みや、障害者へのケアなどが世界的に見て劣っている日本で、この作品がどう受け入れられるのかという期待と不安を抱きつつ、観客一人一人の心を動かすきっかけになればうれしいです」と願いを込めた。

 大東が本作への出演を決めたのは、「福祉や、障害者と社会・健常者とのつながり方などを自分の中の議論のテーマとして考えていた頃に話を頂いたから」だそうで、「やらないわけにはいかない。スケジュールを意地でも空けてもらいました」と振り返る。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「母を逃がす」瀬戸康史&三吉彩花が挑む、内面をえぐる人間ドラマ「『自分らしく生きる』ということを思い出させてくれる作品」

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 松尾スズキが旗揚げした「大人計画」で1999年に上演した話題作を、ノゾエ征爾の演出で送る「母を逃がす」が5月7日から上演される。本作は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」を舞台に、集落の頭目代 … 続きを読む

【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」生駒里奈 コンプレックスを強みに変えてくれた一言とは

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 俳優・脚本家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。本作は、量子力学をテーマに壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーで、四次元世界と超能力を“イリュージ … 続きを読む

【独占ニュース】クリス・サンダース監督が『野性の呼び声』の魅力を語る 「観客はソーントンとバックの中に自分を見ることができると思う」

映画2020年2月27日

 19世紀末の米カリフォルニア。裕福な判事の屋敷で暮らしていた犬のバックは、男たちにさらわれ、ゴールドラッシュに沸く極寒の地ユーコンへと送られる。高値で売られたバックは、郵便配達員(オマール・シー)のそり犬となり、その後は、貪欲な男(ダン・ … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat “Adam”ツアーファイナル「全部ぶっ壊して帰ろうぜ」

音楽2020年2月27日

 2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILLINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したThe Brow Beat。1月10日のZepp DiverCity(TOKY … 続きを読む

【インタビュー】映画『初恋』小西桜子 窪田正孝ら豪華キャスト出演作のヒロインに大抜てき「皆さんのお名前を知ったときは、びっくりして腰を抜かしました(笑)」

映画2020年2月27日

 話題作を続々と手掛ける名手・三池崇史監督の下、豪華キャストが集結した痛快エンターテインメント『初恋』が2月28日から全国ロードショーとなる。本作で、やくざ同士の抗争に巻き込まれ、主人公・葛城レオ(窪田正孝)と共に逃避行を繰り広げるヒロイン … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top