「みんなが見たかったけど、今まで見ることができなかった明智光秀がいます」門脇麦(駒)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年1月19日 / 21:20

-長谷川さんご本人の印象は?

 ものの考え方や捉え方がとても繊細で、すごくピュアな方です。私はどちらかというと大ざっぱなタイプなので、何かあると「こんな感じでしょ」とすぐ行動に移してしまいますが、長谷川さんは「こんな考え方もある」、「こんな考え方もある」と、幾つも案を挙げた上で、その中から行動を選択していく。かと思えば、そういうものを全部飛び越えて、直感で「ポン!」と上がる瞬発力も持っている。繊細な部分があるかと思えば、それとは反対に、真ん中にいる方ならではの太さもある。そういう様子が、光秀にぴったりな気がします。

-最後に、視聴者へのメッセージを。

 大河ドラマで描いているのは遠い昔の歴史ですが、衣装にしても撮影にしても、あらゆる面で最先端の技術を使っていて、どこよりも新しいドラマです。現場にいると、そのことをすごく実感します。だから、皆さんがこの作品を見て、「大河ドラマはすごい」「カッコいい」と思ってもらえたらいいですね。しかも、大河ドラマは今見られるだけでなく、これからもずっと残っていく作品です。長谷川さんともよく話をしているのですが、仮に10年後、20年後に見たとしても、「新しい」と思ってもらえる作品に仕上がっているはずです。若い方たちも含めて、ぜひ皆さんにご覧いただけたらうれしいです。

(取材・文/井上健一)

駒役の門脇麦

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

【週末映画コラム】問題作を2本 テーマは傍観者的な虐殺『関心領域』/石原さとみが鬼気迫る演技を披露する『ミッシング』

映画2024年5月24日

『関心領域』(5月24日公開)  本作は、ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人々を死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る、収容所所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)一家の日々の営みを描く。 … 続きを読む

Willfriends

page top