【インタビュー】『君は月夜に光り輝く』月川翔監督 永野芽郁&北村匠海ダブル主演作は「『お涙頂戴の難病もの』ではなく、『生きることについての映画』という気持ちで作りました」

2019年9月17日 / 12:00

 第23回電撃小説大賞で大賞に輝いた佐野徹夜の小説を映画化した『君は月夜に光り輝く』のBlu-ray&DVDが9月18日にリリースされる。NHKの朝ドラ「半分、青い。」(18)の永野芽郁、『君の膵臓をたべたい』(17)の北村匠海という注目の若手俳優がダブル主演を務めた本作は、不治の病“発光病”に侵された高校生・渡良瀬まみずと、彼女の願いを代行する同級生・岡田卓也の純愛を描いた青春ラブストーリーだ。監督は『君の膵臓をたべたい』をはじめ、数々の青春映画を手掛けた月川翔。撮影の舞台裏や、作品に込めた思いなどを聞いた。

月川翔監督

-オファーを受けたときに感じた作品の魅力は?

 原作を読んで、素直に感動しました。数多い“難病もの”の中でも、この作品はまみずの願望を卓也が代行する点が新しい。そこにまず、引かれました。映画の表現の面白さは、行動を見せること。だから、難病という要素を行動に転換できるのは、映画向きではないかと。つまり、「難病に苦しみ、亡くなりました」という話ではなく、まみずの願望を卓也が行動に変えていくことを通じて、「生きるとは?」というテーマを描けるのではないかと思ったんです。

-この作品では、まみずを苦しめる“発光病”という架空の病気が重要なモチーフになります。この点については、どんなふうに受け止めましたか。

 映画化する上で、一番難しかったのがその点です。なぜ肌が光る病気なのか? 「原作がそうだから」というのは簡単ですが、監督としては納得できる理由付けがほしい。いろいろ考えた末、「光り輝く」を、生きる喜びの象徴にしようと。同時に、病気の症状でもあるから、死が近づいていることも意味する。そこで、肌が光る描写を原作よりも減らし、まみずが生きる喜びを感じると同時に、死が近づいたとはっきり分かる場面だけに絞りました。死を待つためだけに生命を維持するのではなく、命を縮めてでも、生きる喜びを感じたいと選択した場面で、光り輝く。そこを象徴的に描けば、この作品のテーマが表現できるのではないかと。

-原作者の佐野徹夜さんとはどんなやり取りを?

 台本を書く際、何度か手紙のやり取りをさせていただきました。例えば、原作にない場面を加えようと思った場合に手紙で伝え、佐野さんの方からも「こうするのはどうですか」と意見を頂くなどしています。佐野さんにとっては、デビュー作であると同時に、小説家になることを後押ししてくれた友人の死を経験した上で出来上がった作品という事情もあります。だから、彼の生涯でとても大切な一本であることは間違いない。そのあたりをくんだ上で、手紙のやり取りは慎重にやらせていただきました。

-まみず役に永野芽郁さんを起用した理由は? 本作以前にCMの撮影で一緒だったことがあるそうですが。

 ちょうどCMの撮影をしているとき、原作を読んでいたんです。永野さんの天真らんまんな振る舞いを見て、まみずにぴったりだと思って。そこで、プロデューサーに相談したところ、当時は朝ドラ(「半分、青い。」)の撮影があるという話で…。ただ、待ってでも永野さんで勝負する価値はあるということで、朝ドラが終わるのを待って撮影に入りました。

-そこまで永野さんにこだわったのはなぜでしょうか。

 死を目前にするまでは、一見とても元気に見えるヒロインにしたかったんです。「この子、死ぬの?」と思わせながらも、「本当は怖い」という…。そういう意味で、はつらつとした永野さんがぴったりでした。

-永野さんとお芝居についてはどんな話を?

 CMのとき、アドリブでパッと出てくる表情がとても良かったので、今回もそこは頼ろうと思っていました。一方、朝ドラではきちんとリハーサルをした上で、お芝居を固めて撮影するスタイルだったそうなので、この作品では違うやり方をしようと。だから、現場では「おおよそこんな感じで」と決めた後は、テストで固め過ぎず、なるべく新鮮なお芝居を撮っていくという方針で臨みました。

-一方、卓也役の北村匠海さんは『君の膵臓をたべたい』に続いての起用になりましたね。

 匠海くんには「『キミスイ』(=『君の膵臓をたべたい』)と違うことをしようとは考えずに」という話をしました。「前回、こうしたから、これはやめよう」みたいな考えは一切捨てて、シンプルにこの作品のために、卓也という役を生きてくれと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top