【インタビュー】映画『GOZEN-純恋の剣-』&舞台『GOZEN-狂乱の剣-』犬飼貴丈「2度おいしい作品」矢崎広「舞台版はとんでもないことになる」

2019年7月4日 / 12:00

 東映が仕掛ける、映画と舞台の連動企画「東映ムビ×ステ」が始動した。第1弾となる『GOZEN』は「武家時代に殿様の面前で行った武術の試合」=「御前試合」をモチーフにした時代劇。映画では、犬飼貴丈が演じる青山凛ノ介を主人公に、幕府の隠密としての使命、そして瞬間的に引かれ合った女性への愛を懸けた戦いが描かれる。続く、舞台では凛ノ介と同じ「御前試合」に出場した、矢崎広が演じる望月八弥斗を中心に物語が進んでいく。映画、舞台でそれぞれ主演を務める犬飼と矢崎に、本作への思いを聞いた。

犬飼貴丈(左)と矢崎広

-映画と舞台の連動企画という本作への出演が決まったお気持ちは?

犬飼 東映さんが新たなチャレンジをするというときに、僕に声を掛けていただいたことがすごくうれしかったです。力になれるかどうかと言うより、やりたいなという思いがあって、受けさせていただきました。

矢崎 僕は東映さんとは舞台でのつながりが主だったので、そんな自分に映画と舞台と両方への出演でオファーを頂けたことがうれしかったですし、単純に面白い企画だなと思いました。

-舞台に先駆けて、映画が7月5日から公開されますが、完成した映画を見てご自身ではどのような感想を持ちましたか。

犬飼 今までにない時代劇になったと思います。それから、本作は石田(秀範)監督という“仮面ライダーの巨匠”に撮っていただいた作品なのですが、石田監督らしい“ザ・映画”という男らしさが出ていて、僕はすごく好きでした。かっこいい絵ばかりになったと思います。

矢崎 僕は、見やすい、入り込みやすい映画だなと思いました。少年漫画のようなポップさがありながらも石田監督の男っぽさもあって、うまく融合している作品だと思います。男女ともにワクワクしながら見られる作品に仕上がったと思います。

-お二人とも、石田監督とは初顔合わせということですが、監督の現場はいかがでしたか。

犬飼 うわさでは「めちゃめちゃ怖い」と聞いていましたが(笑)、実際に現場に入ってみると、そんなことはなく、愛のある監督だなと思いました。気のいいおっちゃんでしたね(笑)。監督は感情を前面に出した演技が好きなんだと感じたので、それを意識しながら演じましたが、僕自身は監督の演出はすごくやりやすく、いい雰囲気の現場だったと思います。

矢崎 僕にとっても石田監督とご一緒できたことは、すごくいい経験でした。僕は、監督は“見抜く監督”だなと感じましたね。例えば、まだ用意ができていないときにスタートが掛かってしまうと、「今、ちゃんと役に入っているか?」って声を掛けてくれる。自分でしっくりこなかったなっていうときに「もう1回」と言ってくださるので、気持ちのいいお仕事ができましたし、監督に何を言われても全て納得できました。すごく勉強になったし、面白い現場でした。

-犬飼さんは、 “恋敵”である寺脇甚八郎役の武田航平さんとは、「仮面ライダービルド」に続いての共演となります。武田さんとの久しぶりの現場はいかがでしたか。

犬飼 また一緒にできること、殺陣ができることがすごくうれしかったです。「ビルド」では1年以上一緒に撮影していて、信頼関係もすでに出来上がっているので、その信頼関係があるからこその立ち回りができたらいいなと思って撮影しました。お互いに託し合っている安心感があるので、その気持ちを持って「御前試合」に臨めたと思います。

-それぞれの役を演じるに当たって、どんなことを意識しましたか。

犬飼 初めての時代劇だったので殺陣も難しかったですが、昔の方の所作を意識していました。歩き方一つを取っても、現代社会での動きとは全く違うので、そこは気を付けていました。

-矢崎さんはこれから舞台に向けて作り込んでいくのでしょうか。

矢崎 そうですね。ただ、映画の印象を舞台で壊さないように、それから映画でやったことが舞台で影響が出ないようにということは考えています。映画の撮影時には、まだ舞台のプロットが完成していなかったのですが、何かを抱えている武士だということは分かっていたので、それは意識しました。それから、舞台に続くということを考えても、犬飼くんが演じる凛ノ介とのシーンがあった方がいいなと思っていたので、そのシーンが実現できたことは良かったですし、演じていても印象的でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top