【インタビュー】『貞子』中田秀夫監督 14年ぶりの『リング』シリーズ復帰で原点回帰 「クスリとも笑われなくていい」

2019年6月7日 / 18:35

 もう一つの要素は、「恐怖におののいて美しい顔立ちが思い切りゆがむと、その落差に観客も感情移入して一緒に怖がる」という理由から、美貌が重要であることも説明した。池田は、そのヒロイン像を見事に体現しており、中田監督は「撮影中はヒロインの茉優に感情移入して、このゾーンに来てよというところにバシッと来てくれた」と賛辞の言葉を送った。

 オファーを受けてから2年を経て、ついに公開を迎えた本作。中田監督は「ホッとすると同時に見た方のリアクションが気になるけど、受け取る側の感性で見てもらえればいいので気にしないようにしています。複雑ですね…」と胸中を吐露。

 エゴサーチで反応をキャッチすることもあるが、「SNS上での感想より、生の言葉の方が突き刺さるし、劇場で悲鳴を聞いたり、カップルが身を寄せ合ってくれたりするとうれしい」と笑うと、『リング』公開時は10回も劇場に足を運んだことを打ち明けた。

 もちろん好感触だけではなく、ある作品においては、中学生3人組が「このチケット代、『スター・ウォーズ』と同じなんだよ。信じられる!?」と痛烈な言葉を放っていたこともあったとか。しかし、それすらも「自分で自分を笑える」と少し楽しそうな表情をのぞかせると、「今回もせめて1回は見に行きたい」と声を弾ませる。

 時代と共に変わりゆくもの、変わらないもの…。果たして、貞子の恐怖はニュージェネレーションの目にはどう映るのか? ジャパニーズホラーの神髄が試される…。

(取材・文・写真/錦怜那)

(C)2019「貞子」製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『AI崩壊』賀来賢人「大沢たかおさんは、ゼロから何かを生み出せる人」岩田剛典「このプロジェクトに対する入江監督の思いがすごかった」

映画2020年1月29日

 1月31日(金)に全国公開となる『AI崩壊』は、2030年の日本を舞台に、社会に不可欠な存在となった人工知能=医療AI「のぞみ」の暴走が引き起こす危機を描いたサスペンス超大作だ。本作では、「のぞみ」の暴走を引き起こしたテロリストとして追わ … 続きを読む

【インタビュー】映画『嘘八百 京町ロワイヤル』武正晴監督「悪いやつを笑い飛ばすことこそ、映画の使命」

映画2020年1月29日

 あの骨董(こっとう)コンビが帰ってきた!古美術商・小池則夫(中井貴一)と陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)が、骨董品をめぐって一世一代の大勝負…! 俳優陣の名演と巧みなストーリーで全国を笑いの渦に巻き込んだコメディー『嘘八百』(18)の続編 … 続きを読む

【映画コラム】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督最新作 脚本が見事な『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

映画2020年1月29日

 31日から公開されるミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の舞台はニューヨーク郊外の大邸宅。世界的なミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティの翌朝、遺体となって発見される。 … 続きを読む

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

page top