【インタビュー】『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ) セレクト!絆のクリスタル』平田雄也&小池亮介&其原有沙「テレビシリーズから通して、家族としての喜びが一番描かれている作品」

2019年3月12日 / 16:30

-この映画には「家族」や「夢」に関するすてきなせりふがいくつも登場します。それぞれ好きなせりふは?

平田 「夢っていうのは、翼が生えているんじゃない。夢には足が生えているんだ。夢はその足で、一歩一歩はい上がって成長する。夢は自分と一緒に歩いていくものなんだ」。カツミのこのせりふが大好きです。夢を諦めてしまった友人に向かって言うのですが、「自分が成長していけば、必ず夢はついてくる」という思いが込められています。そうやって友人を諭しながら、やりたいことが見つからずに迷っている自分にも言い聞かせている。とてもいいせりふですし、カツミにとっても、この劇場版においても、大切な言葉です。

小池 海外留学のチャンスが巡ってきたイサミが「また怪獣が出たら…」と迷っていると、「俺に任せておけ。おまえはおまえの行きたい道を進めばいい」とカツ兄が背中を押してくれるんです。これに対してイサミは、「ありがとう」と言いますが、イサミは今まで素直に「ありがとう」と言える人間ではなかったんです。今回は面と向かってしっかり「ありがとう」と言えるようになったので、この一言にイサミの成長を感じました。

其原 湊家にやってきたリクくんにアサヒが「家族は私を助けてくれました。だから私も将来、みんなを助ける仕事がしたい。みんなをハッピーにしたいんです」と言う場面は、すごくいいなと思いました。本当の家族でなかった自分を家族と認めてくれたから、その恩返しをしたいと、自分の夢を打ち明けるんです。テレビシリーズの1年後の話ということで、みんなに助けられてきたアサヒが、「今度は自分の番」と決意していることも分かりますし。

-最後に、映画をご覧になる皆さんにメッセージを。

平田 今回の劇場版はテレビシリーズからの集大成で、第1話から僕たちが仕掛けていたものが完結する形になっています。『セレクト!絆のクリスタル』というタイトルにもあるように、家族との絆、兄弟との絆、友だちとの絆など、いろいろな絆が思い浮かぶに違いありません。共感できるところが多い作品だと思うので、ぜひ自分の過去や現在と照らし合わせて、物語に入り込んで見ていただけたらうれしいです。

小池 ウルトラマンというヒーロー映画でありながら、たくさんの問い掛けがある作品です。子どもたちにも大人の方にも、いろいろなことを感じとってもらえたらうれしいです。

其原 この作品には、夢に向かっているアサヒやイサ兄がいる一方で、夢に悩んでいるカツ兄もいます。だから、悩んでいる人も頑張っている人も、すごく共感できる作品だと思うので、ぜひ見てください。ハッピー!(笑)。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)劇場版ウルトラマンR/B製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top