【インタビュー】『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ) セレクト!絆のクリスタル』平田雄也&小池亮介&其原有沙「テレビシリーズから通して、家族としての喜びが一番描かれている作品」

2019年3月12日 / 16:30

 ウルトラマンに変身する兄弟の活躍を描いたテレビシリーズ「ウルトラマンR/B(ルーブ)」(18)のその後の物語となる『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ) セレクト!絆のクリスタル』が、3月8日から全国ロードショー中だ。本作は、新たにウルトラウーマングリージョや超進化形態ウルトラマングルーブの登場、先輩ウルトラマンのジードとの共演など、劇場版らしい盛りだくさんの内容となっている。公開を前に、主人公・湊(みなと)3兄妹のカツミ、イサミ、アサヒを演じた平田雄也、小池亮介、其原有沙に、映画の見どころなどを聞いた。

(左から)其原有沙、平田雄也、小池亮介

-劇場版では3兄妹の末っ子、アサヒも「ウルトラウーマングリージョ」に変身します。変身した感想は?

其原 ものすごくうれしかったです。テレビシリーズのときからお兄ちゃんたちに憧れて、ずっと「変身したい。ジャイロ(変身アイテム)使いたい!」と言っていたんです。だから、変身すると聞いたときはメチャクチャうれしかったです。

-グリージョはアクションもかわいらしいですね。

其原 とても新鮮でした。ウルトラマンにはカッコいいイメージがあったので。「乙女のハッピー!」というせりふもですが、いつものアサヒらしい感じだったのもうれしかったです。

-3人が一体になった超進化形態「ウルトラマングルーブ」も登場しますが、3人で戦った感想は?

平田 兄妹3人はそれぞれ個性があります。カツミは真っすぐで熱血漢。イサミは能天気でマイペースなところがありつつも、明るい性格で周りがしっかり見えている。アサヒも、もともとは秘密を抱えていたけれど、今では湊家の一員として欠かせない存在です。そういう3人が集まって生まれる新しいウルトラマンということで、僕たちも撮影中、今までにないパワーをすごく感じました。本当に強くて頼もしいウルトラマンになったと思います。

小池 テレビシリーズではカツ兄(にい)とイサミが2人で「ウルトラマンルーブ」に変身していましたが、3人になってすごく安心感がありました。アサヒが加わったことで、雰囲気も男兄弟だけの熱い感じに、だいぶ華やかさが加わりました(笑)。初めてのアサヒに「技の出し方を教えてあげる」というお兄ちゃんの気分も出てきたので、撮影中も兄妹の絆をすごく感じました。

其原 3人で戦えて、うれしかったです。やっぱり、3人だと安心感があるし…。変身シーンや技を出すポーズも、「お兄ちゃんたちは、こんな難しいことをやっていたんだ」と思いながら頑張りました。大変でしたが、すごく楽しかったです。

-「ウルトラマンR/B(ルーブ)」は、「家族」が大きなテーマです。テレビシリーズから劇場版に移り、「家族」という点で変化はありましたか。

平田 撮影が進んで時間がたつにつれ、家族という形がどんどん出来上がって絆が強くなり、それが積み重なって劇場版にたどり着いたと言う感じです。そういう意味では、劇場版で変わったというよりも、意識することなく、自然といい方向に変化していってくれたのかなと思います。

小池 テレビシリーズのときは、ウルトラマンとして街を守らなければいけないし、お母さんも行方不明で、なかなか普通の日常を送ることができませんでした。でも、最後にお母さんも帰ってきてようやく平和になり、日常を取り戻すことができました。それが一つの変化かなと。みんなですき焼きを食べるシーンは、そういう家族の喜びを表した劇場版ならではの場面です。

平田 確かに、テレビシリーズから通して、家族としての喜びが一番描かれているのは劇場版かもしれないですね。

其原 (朝倉)リクくん(=ウルトラマンジード/濱田龍臣)も一緒にすき焼きを食べていますけど、お父さんとお母さんは、きっとリクくんも家族にしてくれますよね。

小池 する!する!

平田 湊家は「人類みな家族」みたいな家だから(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top