【インタビュー】『栞 Shiori』三浦貴大「人に尽くす行為は自己満足」 経験者だからこそ語れる医療や救命に対する思いとは

2018年10月26日 / 15:18

 理学療法士の雅哉が、死に直面する患者の前で無力感にさいなまれながらも、自分に何ができるのかを模索し、希望に向かって歩いていく姿を描いた映画『栞 Shiori』が10月26日から公開される。元理学療法士の榊原有佑監督が実体験をベースにした本作で主演を務めた三浦貴大が、作品や役に込めた思い、経験に基づく医療や救命に対する考えなどを語ってくれた。

理学療法士を演じた三浦貴大

-病院で起こる生と死の物語は、リアル故に想像以上にヘビーでしたが、三浦さんはどのような感想を持ちましたか。

 確かに内容は重いですし、雅哉にたくさんの悲しい出来事が降りかかってきます。でも、僕も監督も、そういう悲しい出来事も、生きている人間がどんどん未来に形を変えてつなげていく希望の話として捉えて取り組んでいました。

-オファーをもらったときの率直なお気持ちは?

 かなりヘビーな内容なので、監督がどういう思いで作ろうとしているかを知りたくて、一度お会いさせていただきました。そのときに、理学療法士は一般的にリハビリをサポートする人というイメージがあるけれど、それだけではなく、医療に携わり、命と向き合う仕事であることや、「これまでの自分の経験を伝えたい」という言葉を聞いて、ぜひ、監督の心を表現したいと思いました。

-三浦さんは理学療法士に対してどういうイメージを持たれていましたか。

 大学ではスポーツ健康科学部に在籍していたため、知り合いに理学療法士がたくさんいるので仕事の内容は理解していました。ただ今回、理学療法士にとって、人と関わるスキルがとても大事であることを知りました。命って“生き死に”ではなくて“生活”ですよね。生活が苦しくて、死ぬよりつらい経験をしている人もいるじゃないですか。だから、生活を守る仕事はとても意義があると感じました。

-在学中は精神保健福祉士を目指していたそうで、医療に携わっている点で雅哉にリンクしますね。

 監督は、僕が精神保健福祉士の勉強をしていたことや、ライフセービングをやっていたことから、医療活動に理解があると思ってくれたみたいです。後は、今まで演じてきた役のイメージなどからオファーをしたとおしゃっていました。

-三浦さんも、もともと人に尽くす精神を持っていらっしゃるのですね。

 そうですね…。でも、人に尽くすというのは「自己満足」だと考えています。その言葉は悪い意味で使われることが多いですけど、僕にとっては原動力で、まず自分が満足して、その結果として人の役にたてばいいなと思いながら活動していました。なので、人に尽くしたい欲求を満足させたい気持ちが強ければ強いほど、いい救助者、いい理学療法士になれると信じています。

-雅哉も患者に寄り添う素晴らしい理学療法士ですが、人物像をどう解釈して演じましたか。

 雅哉は、自ら物語を回すのではなく、身の周りで起こる物語を受け止める人です。自ら放ったり、何かを受けて返したりすることがなく、スポンジのようにひたすら吸収する役どころは初めてだったので難しかったです。何かを放つ方が楽なのかもしれません。ただ、自分と雅哉の気持ちは近いところにあるので、雅哉が言われたことや、目の前で起こっていることは僕自身も一緒に受け止めている感じがして、すごく珍しい体験をさせてもらいました。

-現場の雰囲気はいかがでしたか。

 とても明るかったです。大分県での撮影でしたが、みんなでご飯に行ったり、部屋で飲んだりしていました。どういう作品でもコミュニケーションを取って、明るい現場であった方がいいと思っているので、作品に引っ張られて必要以上に暗くならずにすんでよかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top