【インタビュー】舞台「Kiss Me You~がんばったシンプー達へ~」平林晃季 「未熟ながらも、がむしゃらに」特攻隊の青年役で“役者人生の一歩”を踏み出す

2018年10月9日 / 12:00

 10月10日~14日、都内の中目黒キンケロ・シアターで、藤森一朗氏の演出・脚本の舞台「Kiss Me You~がんばったシンプー達へ~」が上演される。太平洋戦争末期、特攻隊員の青年たちと、彼らを見守る女性たちの青春群像劇だ。この舞台の主要キャストに抜てきされたのが20歳の新人俳優、平林晃季。高校まで野球一色の生活を送ってきた平林だが、19歳で「役者になりたい」と一念発起し、都内の芸能事務所に所属。舞台出演はこれが初めてだが、「将来は山田孝之さんのようなカメレオン俳優になりたい」と夢は大きい。そんな平林がインタビューで、舞台への意気込み、今後の抱負などを語った。

平林晃季

-今回の舞台での役どころを教えてください。

 太平洋戦争末期の日本が舞台で、神風特攻隊の隊員をやらせてもらいます。初舞台、初演技なので緊張します。

-稽古の手応えはいかがですか。

 自分でも初めてのことで、最初は全然駄目だったのですが、最近は監督から「表情が豊かになってきた」と言ってもらえるようになりました(笑)。せりふは完璧に覚えているのですが、感情がまだ乗り切らない部分が多々あるので、本番までに仕上げたいです。

-難しいと感じるシーンはありますか。

 今回演じる平井吉之という役は、プライドが高く、強い意思を持ってみんなを引っ張っていく役。でも、本当は特攻に行きたくない気持ちもある。平井には恋人がいて、その恋人のためにも「俺は行かなければいけない」と泣く場面があるのですが、それを演じるのが大変です。そこで軍曹からビンタされるシーンがあるのですが、あまりに痛くて「痛いっ」て、素に戻っちゃうときがあります。

-稽古場の雰囲気や、共演者の方たちはいかがですか。

 僕の下に19歳の子が1人いるのですが、その次に若いのが僕。全体的には年上の方が多く、皆さん舞台経験者なので、何も知らない僕に手取り足取り教えてくださいます。

-今回演じる役とご自身の共通点はありますか。

 平井も自分も“我が強い”です。“みんなに背中を見せる”というのも似ているかな…と思います。

-普段からリーダーシップを発揮するタイプですか。

 そうですね。今回は僕も年少組で、舞台については何も知らない中でやらせてもらっているので、そういうことはありませんが、今後舞台経験を重ね、いずれ自分がみんなを引っ張っていけるようになれたらと思います。

-戦時中の物語ですが、言葉遣いで苦労することはありますか。

 言い方としては、区切りの発声なので、現代風に語尾を伸ばしたりはしません。「だろう」ではなく「だろ!」とか。僕は現代に生きてきたので、たまに現代風の言い方が交ざってしまい、そこは怒られたりします(笑)。

-今、20歳ですが、そもそも役者を目指したきっかけは何ですか。

 中学生ぐらいからずっと役者に憧れがあって、「仮面ライダーになりたい」というのが夢の一つでした。ただ、ずっと野球をやっていて、中学生のときにクラブチームに入ったのですが、親にも「芝居の世界は大学に入ってからでもいいのでは」「せっかくなら高校野球をちゃんとやりなよ」と言われて、そのまま野球をするために高校に進みました。

-高校野球では甲子園に出場されたそうですね。

 仙台育英の野球部で、僕が3年生のときに準優勝しました。僕はスタメンではなかったのですが、A、Bと2チームあるうちのBチームをまとめるキャプテンをやっていました。ポジションはセンターです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

page top