【2.5次元インタビュー】輝馬が見せる新たな一面「すごく新鮮で斬新で新しい」

2018年7月6日 / 16:04

-意外な一面ですね。では、舞台についてもお話を聞かせてください。現在、「七つの大罪 The STAGE」の上演を控えていますね。原作がお好きだと聞きました。

 大好きです。だから、出演が決まったときは、すごくうれしかったです。その前からアニメもコミックも全部見ていましたので、「はい!ありがとうございます!」って即答しました(笑)。僕は、ヘンドリクセンという騎士の団長の役をやらせていただきます。

-輝馬さんは、コンスタントに舞台に出演されていて、幅広い役柄を演じてらっしゃいますが、役を演じる上で大切にされていることは?

 思いついたことはやってみようというタイプなので、あまり固めすぎないようにしています。“成り切る”というのもあまり考えないです。あまり考えて考えて、というタイプでもないので。

-輝馬さんは器用にどんな役柄もこなす方というイメージがあるのですが、苦労するのはどんな役柄ですか。

 意外と、自分とかけ離れている役というのはやりやすいんですよ。変態だったり、殺人鬼だったり、超楽観的な男だったりというのは、自分と距離が離れているので楽なんですが、自分と近いキャラクターだと苦労します。演じているうちに、輝馬の部分が出てきてしまうことがあるんです。「七つの大罪」のヘンドリクセンも苦労するのかもしれないなって、今、実は思っています(笑)

-原作が好きだからこそ、大変そうだと思う?

 それもあるかもしれないですが、でも、どの作品に対しても恐怖心は持つので、それだけではないと思います。とはいっても、最終的には舞台、作品が好きなので、毎回、ワクワクしながら本番を迎えています!

-最後にファンの方へメッセージを。

 今回の写真集、DVDは2.5次元俳優、若手俳優が出すような内容ではなく、大人な感じでございます(笑)。だから、すごく新鮮で斬新で新しいと思います。こんなのもあるんだって見ていただけたらいいなと思います!

(取材・文・写真/嶋田真己)

写真集『T’s Photograph』

 1 st DVD「T’s Movie」は発売中。1 st写真集『T’s Photograph』は7月16日発売。舞台「七つの大罪 The STAGE」は8月3日〜12日に天王洲 銀河劇場ほかで上演。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top