【インタビュー】『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』パトリック・シュワルツェネッガー「父は僕の師。この作品をきっかけに、いろいろな顔を持つ俳優になりたい」

2018年5月11日 / 17:52

 世界的大スター、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーの初主演映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』が、5月11日から全国公開される。本作は、難病で日に当たることができない少女と、彼女を支える少年のみずみずしい恋の行方をつづった日本映画『タイヨウのうた』(06)をハリウッドでリメークしたラブストーリー。来日したパトリックに、記念すべき初主演作の舞台裏や、偉大な父に対する思いなどを聞いた。

パトリック・シュワルツェネッガー

-オーディションを勝ち抜いて初主演が決まったそうですが、そのときのお気持ちは?

 やっぱり興奮しました。それと同時に、オーディションを勝ち抜いた自分のことを誇りに思い、先が楽しみになりました。

-オーディションを勝ち抜く秘訣(ひけつ)は?

 一番大事なのは、「役に成り切る」という強い気持ち。しっかり準備をして、オーディションの瞬間にベストな自分を出す。それに尽きます。ただ、自分ではどうにもならないこともあります。ルックスが役のイメージに合わない、他の俳優との相性が良くない、などです。とはいえ、オーディションを受ける人はたくさんいるので、その中で自分が役に最適と思われるかどうかは、やっぱり努力次第です。

-演じたチャーリーというキャラクターの魅力は?

 恋人のケイティが難病を患っていることを知った後でも、愛し続けてより絆を深め、彼女の人生を充実させるために自分を捧げる。自己中心的な人とは対極です。僕もそういうふうに、自分よりも他人のことを優先できる人になりたいです。

-撮影中、最も大変だったことは?

 クライマックスの撮影です。感情に訴える場面なので、どうやって気持ちを作ればいいのか、とても悩みました。初主演ということで、プレッシャーも大きかったですし。ただ、ケイティを演じたベラ・ソーンが、僕が集中できるようにサポートしてくれました。経験豊富な彼女には、カメラが回っていないときも含めて、とても助けられました。

-ベラ・ソーンさんとはもともと知り合いだったそうですね。

 そうです。とはいえ、友人として一緒にいるときと、仕事で現場にいるときとでは、印象はかなり違います。現場の彼女は、まさにプロフェッショナル。その姿を見て、改めて尊敬しました。

-チャーリーは水泳選手なので、役作りのために水泳も練習されたとか。

 水泳選手らしい体形を作る必要があったので、週4回ほどプールで特訓をしました。水泳はもちろん、ハイキングやサイクリング、ウエートリフティングなど、体を動かすことは何でも好きなので、楽しくできました。

-そういうお話を伺うと、お父さんのようにアクション映画にも挑戦してほしい気がします。

 ぜひチャレンジしたいです(笑)。ただ、出たい作品や、演じたい役はたくさんあるので、ジャンルを決めるのではなく、もっと幅の広い俳優になりたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top