【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』タイ・シェリダン&オリビア・クック&森崎ウィン「撮影中は監督がお父さんで、僕らは彼の子どものようでした」

2018年4月19日 / 07:26

 ゴーグル一つで全ての夢が実現するVRワールド「オアシス」で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』が、いよいよ4月20日から公開される。日米の有名キャラクターが夢の共演を果たした本作で、主人公のウェイドを演じたタイ・シェリダン、彼と行動を共にするサマンサを演じたオリビア・クックとトシロウ役の森崎ウィンに話を聞いた。

(左から)オリビア・クック、タイ・シェリダン、森崎ウィン

-この映画の鍵を握る1980年代は、皆さんにとっては生まれる前の話ですが、どのように感じましたか。

森崎 (他の2人は英語だが)日本語でお答えします(笑)。僕は90年生まれですが、ミャンマーで一緒に暮らしていた祖母が、家でずっと80年代の音楽を流していたので音楽にはなじみがありました。ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、特にマドンナが好きで、毎朝「ライク・ア・バージン」を歌っていました。この映画は、80年代が鍵を握るということで、まず原作を読んでみたら、分からないことがたくさん出てきたんです。それらをジムで走りながら覚えたり、80年代の音楽を集めて聴いてみたりしながら、自分の中に取り入れていきました。僕にとって、80年代はとても新鮮なものに感じられました。普段は音楽もやっているので、「80年代ってこんなサウンドがあるんだ。すごいな」という感じがして、勉強になりました。

タイ 僕もこの映画のためにアーネスト・クラインの原作を読みました。そして、音楽やゲームなど、80年代を学ぶにはこれは最高のテキストだと感じました。80年代は祝福された時代だと思います。また、この映画は80年代のいろいろな冒険映画にオマージュを捧げているとも感じました。

オリビア 私も80年代のことを勉強しましたが、音楽はともかく、ゲームについてはほとんど知らなかったので、覚えるのが大変でした。いまだにゲームはちゃんとプレーできないのですが、できるふりをしています(笑)。

-今もとても仲がいいように見えますが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

タイ 撮影中は監督がお父さんで、僕らは彼の子どものようでした。お父さんが子どもたちを遊園地に連れて行って、想像力をかき立てさせて、面白いものを作るという感じです。監督の情熱から出てくる力を基にして、みんなでいろんなものを作りました。また、撮影の2週間前に主要キャストが集まって一緒の時間を過ごすことができたので、それがとてもよかったと思います。

-レジェンドであるスピルバーグ監督の印象は?

オリビア 撮影前は緊張して、本当におかしくなりそうでした。最初は、私の演技に関心を持ってもらいたいと思って一生懸命でしたが、すぐに監督も私たちと同じように緊張していることに気付いて、安心しました。監督は巨匠なのにとても好奇心が旺盛な方です。いつも自分をもっと向上させたいと思っているんです。常に新しいものについて知りたいと思い、それを映画の中に取り入れたいと思っている。本当に子どものような好奇心を持った方なんです。

森崎 もちろん、偉大な方ですし、オーディションで初めてお会いしたときからすごく緊張していました。ところが、撮影現場でお会いすると、毎朝、包み込まれるようなハグから始まるので、その瞬間にこちらはスイッチが入ります。監督のハグを感じると、もうその1日はきれいな1日になるんです(笑)。本当に偉大な、神様のような方なんですけど、対等にお話してくださって、僕らが提示したものも受け入れてくださって…。実際にお会いして、今まで以上にリスペクトしました。

タイ 自分にとって監督は、子どもの頃からのヒーローでした。監督が作った作品は自分にとてもいい影響を与えてくれました。一人のアーティストとして考えてみても、監督の作品はとても重要なものです。そういう監督と何カ月も一緒に仕事ができたということは、とても素晴らしい経験だったと思います。とはいえ、監督は若い精神にあふれた方で、彼が持っている若さのエネルギーみたいなものが、一緒に映画を作るという意味で、私たちの間に強い絆を作ってくれました。そうした関係性はこの映画の中の登場人物を見ていただければ、皆さんにも伝わると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top