【インタビュー】『全員死刑』間宮祥太朗「やってよかった」迷いを振り切って挑んだ実在する死刑囚がモチーフの連続殺人犯役

2017年11月17日 / 18:38

 『ライチ☆光クラブ』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』、『トリガール!』など、昨年から話題の映画に出演し、ネクストブレーカーの筆頭に数えられる間宮祥太朗。日本人離れした圧倒的な美貌に加え、若干24歳で“カメレオン俳優”の異名を持ち、作品ごとに豹変する姿は他の追随を許さない。そんな間宮が、かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件をモチーフにした『全員死刑』で、家族や彼女のために実行犯となって殺人を繰り返す次男タカノリ役で映画初主演を務めた。「やってよかった」と充実した表情を見せる間宮が、本作に込めた思いや役者としての今後の展望などを語った。

スタイリスト津野真吾(impiger) 衣装協力/KINSELLA(03-6447-4544)

-映画初主演作がかなりヘビーな作品になりましたが、オファーを受けたときの率直なお気持ちは?

 最初は、死刑囚になった人を基にした作品で主演を務めることや、その映画を背負って自分が立っていられるのかというところで迷いました。だから、二つ返事で「やりましょう」ということではなく、判断をしっかりしなければいけないと考え、まず(小林勇貴)監督に会っていろいろな話をさせていただきました。

-その中で、何が決定打となってこの役を引き受けたのですか。

 監督と事件との距離感です。監督が「絶対に許せない」という信念のもとで映画にするとしたら、僕はその気持ちに付いていく自信がなかったし、逆に、この事件を基にする必要があるのかどうか分からないような面白さだけで映画化しようとしているなら不安でした。でも、距離感が絶妙で、事件に対する考察もきちんと持っていらっしゃいました。あとは理屈ではなく、話をしている時の監督の姿を見て、信頼できるし、一緒に仕事がしたいと思いました。

-これまで携わってきた作品とは違うプレッシャーがありましたか。

 ベースが実際に起きた殺人事件なので、露骨に嫌悪感を示す人は出てくると思います。そういう作品だからこそ、自分が納得して胸を張り、タカノリを任せてもらってよかったと思えるところまで持って行かないといけないと思いました。

-その目標は達成できましたか。

 はい。できましたし、やってよかったと思います。

-役づくりでこだわった部分を教えてください。

 人殺しのシーンは残虐で残酷な描写もあるけど、タカノリ自身が相手に憎しみを持っていたり、快楽のためにやったりしているわけではないし、強盗も自分が遊ぶお金が欲しいわけではなく、あくまでも一家の借金の返済にあてようとしているんです。だから、家族や自分がやらなきゃ危険な目にさらされる彼女のために“義務感のある仕事として人を殺す”という、見ている人が少し不思議な感覚に陥るような感じを狙って演じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top