「長い間ため込んだ貯金を散財するような気持ちで演じています」和田正人(松下常慶)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年10月29日 / 20:50

 かつて山伏の姿で諸国を行脚し、井伊家にさまざまな情報をもたらしてきた松下常慶。井伊家が絶えた後、幼い虎松(寺田心・後の万千代)を養子に迎えた松下源太郎(古舘寛治)の弟であり、今では直虎(柴咲コウ)と共に、徳川家に仕える万千代(菅田将暉)を支える存在となっている。演じる和田正人が、初の大河ドラマ出演で感じたこと、常慶役に込めた思いを語った。

松下常慶役の和田正人

-初めての大河ドラマ出演が決まった時のお気持ちは?

 この作品のプロデューサーの岡本(幸江)さん、脚本家の森下(佳子)さん、音楽の菅野よう子さんは、僕の役者としての転機になった朝ドラの「ごちそうさん」(13~14)と同じチームなんです。その皆さんが再びタッグを組んだ大河に出させてもらえたということは、すごくうれしかったです。難しい役ですが、役者として新たな課題を与えられたようで、愛を感じています。

-常慶は序盤、謎の山伏といった雰囲気で登場しましたが、虎松が松下家に養子にくる頃から兄・源太郎が登場するなど、プライベートな部分が見えてきました。演じる上で、気持ちの変化などはありましたか。

 山伏の姿をしていた第38回ぐらいまでは、密書を届けたり、影で情報を伝えたりする役割だったので、喜怒哀楽を出さないように淡々と演じていました。松下家が正式に徳川に仕えるようになった第39回あたりからは、人が変わったと見られないように気を付けながら、人間味のある部分を出すようにしています。

-映画と違ってテレビドラマの場合、結末が分からないまま演じていくことになります。後半、人間味のある姿を見せていく上で、難しさを感じた部分はありますか。

 最初に、井伊と徳川をつなぐ存在という大まかな話は聞いていましたが、常慶自体がどんな紆余(うよ)曲折を経て変わっていくのかということまでは分かりませんでした。そのため、最初は淡々と演じていたのですが、途中から矢本(悠馬/中野直之)くんや田中美央(奥山六左衛門)さんが生き生きと演じているのを見たら、「ちょっと違うかな…?」という気になったというのが、正直なところです。ただ、いつか松下家にフォーカスが当たった時、これが長い前振りになって生きるんじゃないかと思って耐え忍んできました。だから、今は長い間ため込んだ貯金を散財するような気持ちになっています(笑)。

-徳川に仕えるようになった常慶は、山伏姿から衣装が変わりました。

 半年以上、あの山伏姿でしたが、数多い登場人物の中でも色合いや衣装が独特なので、気に入っていました。徳川に仕えるようになった後、どう変わるのか楽しみでしたが、山伏の時の衣装を生かしたものになっていて、徳川家臣団の中でも少し違う雰囲気があるので、面白いです。やっと腰に刀も差せるようになりましたし(笑)。

-万千代役の菅田将暉さんとは過去にも共演経験がありますが、今回、改めて共演した印象はいかがでしょう。

 菅田くんが登場する第39回、40回あたりの台本を頂いて読んでみたら、演じている姿が頭に浮かび、思わずおなかを抱えて笑ってしまいました。時代劇は初めてだそうですが、経験が無いからぶつかっていくしかないという姿勢が、まさに万千代にぴったり。現場に立った時の瞬発力にも目を見張るものがありますし、一緒にお芝居をするのはとても楽しいです。ちなみに、初めて共演した「ごちそうさん」では「源太おじさん」と呼ばれていたのですが、今回も万千代の叔父役。だから、菅田くんからは「和田さんはいつもおじさん役ですよね」と言われました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top