【インタビュー】『ねこあつめの家』伊藤淳史 「猫たちはとても優秀。台本通りの動きをした時は驚きました」

2017年4月3日 / 08:00

 庭先に訪れる猫たちをながめて楽しむスマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化した『ねこあつめの家』が4月8日から公開される。本作の主人公は、若くして新人賞を受賞したものの、今はスランプに陥った小説家の佐久本勝。片田舎の古民家に移住した彼の前に、1匹の猫がふらりとやってきて…。猫たちに癒やされていく佐久本をほのぼのとした雰囲気で演じた伊藤淳史がインタビューに応じ、役づくりや猫たちとの“共演”について語った。

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

-オファーがきた時は、どう思いましたか。

 アプリのことは知ってはいましたが、どういう話になるのか、全く想像ができませんでした。実際に台本を頂いたら、確かに猫が中心なんですけど、ちゃんとした人間ドラマでハートフルな内容だったので、これはやりたいなと。人間ドラマの良さと猫のかわいさが融合した作品だと感じました。

-佐久本というキャラクターについてはどう思いましたか。

 彼はかなり追い詰められていますけど、でも特別なことではなくて、誰にでも起こり得ることだと思いました。一人の人間が悩んでいて苦しんでいる。そんな時、佐久本はたまたま猫だったり、場所にきっかけをもらって、少しだけ前に進んでいけるようになるんです。

-観客も気持ちが投影できるキャラクターになればと?

 そうですね。小説家という職業は特殊かもしれないですが、一人の男が悩んでいてつらい思いをしていて、絶望感でいっぱいだったんだけど、ちょっとずつ救われていく。そこには、タイミングとか縁とかがある。誰にでも起こり得る一つのきっかけ。そういう感じが伝わってくれればなと。

-小説家を演じる上で、下調べなどはしましたか。また、演じた佐久本とご自身との共通点はありますか。

 俳優と小説家は何かを生み出す、という点で似ていると思います。何かを表現することで、自分を前に出していかなきゃいけないというか。自分はそこに台本があって、与えられた役を演じますが、小説家はゼロから作り出すので、また違った大変さがあると思います。

-猫との共演はいかがでしたか。

 楽しかったです。なかなかこの状況ってないと思うんですけど、みんないい子たちで、待ち時間も待っている感じがしませんでした。僕は今まで猫に接する機会はなかったんですけど、家で犬を飼っているので、抱っこする感じは似ているし、温かくてふわふわしていて気持ちいいですよね。

-実際に猫と触れ合ってみて、新たな魅力に気づいた部分はありますか。

 意外と懐いてくれるなというのが発見でした。イメージ的には、ちょっと人間と距離を置くというか、飼っていてもパーソナルスペースをしっかり守っているイメージがあって、なかなかコミュニケーションは取れないのかなと思っていたんですけど、全然そういうことはないし、乗っかってきてくれたりするし。劇中にもシャボン玉を使って遊んでいるシーンなどがありましたが、カメラが回っていない時も普通に遊んでいました。

-すり寄ってきてくれるシーンもありましたね。

 1回でできたんですよ! 自分から近づいていくシーンなら、僕がやればいいですけど、近づいてきてくれるというのは僕がやるわけではないので、難しいだろうなと思ったんですけど、ちゃんと近づいてきてくれました。感心しました。

-編集者役の忽那汐里さんとの共演はいかがでしたか。

 前にも一緒にお仕事をしていますし、仲良しです。本当にいつも明るくいてくれるから、一緒にいて気を使うこともないし、猫がいた時は猫と一緒にたわむれていたし、ほかの待ち時間の時もいろんな話をして盛り上がっていたので、あっという間に時間が流れていきました。お芝居では、自分一人で台本を読んでいる時には予想できないことが生まれる瞬間がいっぱいあって、とても楽しかったです。共演シーンではありませんが、汐里ちゃんの最後のバスのシーンもすてきでしたね。彼女のいろんな思いが詰まっていて。

-完成作をご覧になった印象は?

 猫がかわいいのは当たり前で、この映画を見たら相当癒やしてもらえると思います。その上で、佐久本や汐里ちゃんの役とか、みんなの感情がしっかりつながっているのを感じられました。佐久本の心の移り変わりとか、前を向いて行くプロセスが、すっと入ってくる。すごく面白いものになったんじゃないかと自分で見ても思えました。猫好きな人はもちろんですが、そうじゃない人でもちゃんと面白いと感じられる作品のクオリティーに仕上がったと思います。

-観客には、どんなところを見たり、感じたりしてほしいですか。

 佐久本はスランプ中の小説家ですが、猫の力を借りることでちょっと前に進むことができます。つらいことや苦しいこと、悲しいことは誰しもありますが、そんな時に近くにいる誰かに力を借りてもいいんだと、そして前を向けばいいんだと、見た方がそう思ってくれれば作品を作ったかいがありますね。それから、もちろん猫たちも見てほしいです。動物と一緒の撮影は大変だといいますが、今回の猫たちはとても優秀でした。台本通りの動きをした時は本当に驚きました。

(取材・文/田中雄二)

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

『ねこあつめの家』
4月8日(土) 新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
http://nekoatsume-movie.com/


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top