「三谷さんは台本執筆に没頭していて宮崎駿さんそっくりになっているという話を聞きました」斉藤由貴(阿茶局)【真田丸 インタビュー】

2016年11月27日 / 20:45

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康(内野聖陽)の側室、阿茶局を演じている斉藤由貴。常に家康のそばに仕え、豊臣家との和議にも奮闘した阿茶の真意について語った。

 

阿茶局役の斉藤由貴

阿茶局役の斉藤由貴

-阿茶局をどう捉えていますか。

 家康には正室はいますが、ずっと阿茶局がかわいがられます。私は、阿茶は武将というより一人の男としての家康にほれて、全身全霊で尽くす女性だと考えて演じています。精神安定剤的な役割もあって、阿茶がそばで薬を煎じているというだけで、家康は気持ちがほっとしているんでしょう。

-阿茶は家康のどこにほれたのでしょうか。

 小心者だし、小ずるくて、二枚舌的なところがあるにもかかわらず、いざという時の行動力がすごい人。時の情勢をものにする強運があります。それに、ちょっと駄目なところがある男はかわいいものじゃないですか(笑)。

-逆に、阿茶はなぜ家康を引きつけるのでしょうか。

 「私が(正室、側室の中で)一番なのよ」と押し売りするわけでなく、淡々と情勢を見詰めている。家康は、阿茶が自分のことを「天下を取れる人だ」と信頼してくれていると信じている。そんな関係性に描かれていると思います。

-時には政治的なアドバイスもしますね。

 可能性があるのであれば、自分の愛する男に天下人となって世を統べてほしいという気持ちが大きかったと思います。ただ家康の小心さも知っているから、不安の気持ちも多少持ちつつ、それでも女としてのエゴで、自分の男に天下を取ってほしいという気持ちを通しているところもあると思います。

-実際に政治の舞台にも出ていきます。

 寧(鈴木京香)と茶々(竹内結子)に仕える身として阿茶は豊臣方に行き、茶飲み話をしながらも、たぶん「今だ」というタイミングを独特の嗅覚みたいなもので探っていたはずだと思うんです。

-鈴木さん、竹内さんとの豪華なシーンでした。

 それにきりを演じている長澤まさみちゃんとフォーショットで写真を撮って三谷(幸喜)さんに送りました。三谷さんは台本執筆に没頭していて宮崎駿さんそっくりになっているという話を聞いていたのですが、返信には本当に激似の写真が添付されて返ってきました。「この女優4人で芝居とか書いたら面白いと思うんですけど」って返信したら、返事は来ませんでした(笑)。

-戦国時代の女性にできたことはなんでしょう。

 圧倒的に制約のある立場で、いかにして自分の考えを表現していくかは知恵の絞りどころです。あの時代も女性の創意工夫や機知を結構試されたんじゃないかなと思います。

-阿茶はそれを発揮した?

 そうですね。彼女が積み上げてきた信頼や実績によって、自分を生かす場を与えられたということかなと。

-阿茶は豊臣に対して本当はどんな気持ちを持っていたんでしょうか。

 実は何にも考えていなかったのではないでしょうか。大事なのは殿(家康)と一族で、豊臣の人たちがどうなるかは、ある意味冷酷なぐらい客観的に捉えていたと思います。

-近藤正臣さんや内野さんと一緒のシーンが多いですが、3人の雰囲気はどうですか。

 みんな、面白い芝居をしたいという共通項があって、私も自分らしく振る舞えます。内野さんは徹頭徹尾、芝居のことしか考えていない人。この3人でいて面白いのは、誰かがせりふの練習を始めると、ジャズで楽器がだんだん重なってセッションになっていくのと同じように、いつの間にか自然と自主練習になること。せりふを合わせているうちに、この感じも面白いかもね、というのが出てくる。それが演じる側としては純粋に楽しいです。

-主演した「はね駒」をはじめ、その後連続テレビ小説や大河ドラマもたくさん出演されていますね。

 ええ、「過酷だったけど、私は倒れなかったなあ」とか、「はね駒」をやっていた時の感じはまざまざと思い出します。NHKに来るといつも自分のホームに帰ってきたという感じがします。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top