【インタビュー 映画『暗殺教室~卒業編~』】山田涼介の女装シーンも可能性はあった? 羽住英一郎監督が人気漫画の実写映画化への思いを語る

2016年10月11日 / 12:00

 松井優征の人気原作漫画を実写化した劇場版第2弾『暗殺教室~卒業編~』のBlu-ray&DVDが10月12日に発売される。地球破壊を予告した謎の超生物・殺せんせーと、その暗殺を託されたE組の生徒たちの絆がよりドラマチックに描かれた本作。メガホンを取った羽住英一郎監督が、主人公・潮田渚を演じた山田涼介の魅力や、人気漫画の実写映画化への思いを語った。

 

羽住英一郎監督

羽住英一郎監督

─本作振り返って、主演の山田涼介さんの印象はいかがでしたか。

 1作目から座長であることを意識してすごいなと思っていました。特にお芝居をするのが初めての子もいたので、E組の空気を作る時に、緊張感を持たせないようにフレンドリーに接していました。『~卒業編~』では1年たってさらに成長していて、エンターテインメントとして作品を底上げしたいという思いやプロフェショナルな空気を感じました。

─2作品を通して成長を感じた部分はありますか。

 山田くんは人見知りをする方だったので、1作目の撮影初日は「初めまして」のキャストも多く、短いシーンだったので誰ともしゃべらずに終わってしまって。これではいけないと本人も思ったみたいで、そのうちに合宿をして、撮影をした時には食事会を開いたり、いろいろと自分から話しかけるような空気作りをしていました。2作目ではもうみんな仲間なので、そういうベクトルではなく、大事な殺せんせーとの最後の芝居に向けて集中していました。

─監督から見て山田さんの役者としての魅力は?

 オーラを消せるところです。E組の生徒として渚くんは目立たない設定なので、役に入ると渚くんになっていたというか、Hey! Say! JUMPの山田くんとは感じさせないぐらい役に染まっていました。

─アクションは山田さん自身が希望して挑んだと聞きましたが。 

 はい。アイデアも出してもらったり、この映画を成功させていこうという気持ちを感じました。そう言ってもらえるとこちらもハードルを上げられるというか、タフなことをさせられるのですごくありがたかったです。

─劇中でキスシーンがあった時は驚きました。原作では渚の女装シーンもありましたが、映画に入れる予定はなかったのですか。

 キスシーンは最初(原作者の)松井先生から先の構想を聞いていた時にはなかったですが、ちょうど1作目が公開したころに、連載でその展開になって、「キスしてるよ!」って驚きました(笑)。松井先生と話したら「思いついちゃったんですよ」と言っていて。(2作目で)茅野カエデ(山本舞香)の触手は出す予定だったのでキスシーンはやろうと思いました。女装は僕もファンが見たいかなと思ってプロデューサーに聞いたのですが、「いろいろとお楽しみ要素も多いので大丈夫じゃないですか?」と言われました。(笑)

─本作では若いキャストも多かったですが、演出で意識したことはありますか。

 委ねることが多かったです。映画化するに当たって原作を分析・研究して映画に置き換えた面白さを描こうとしましたが、彼らにはリアルに毎週読んでいる世界観があると思うので、そこから出てくるものを信じました。

─近年人気漫画の映画化が増えていますが、羽住監督は本作で実写化に当たってどういう点を意識されましたか?

 原作ファンはどうしても原作と映画の違いに目が行きがちですが、どこがどう違うか見てもきりがないと思います。なので、1作目のオープニングはあえて原作とは変えました。(アクションで)戦争映画が始まったのかというぐらいの感じにして、その後に原作と同じ教室で同じ衣装を来た生徒たちが、同じようなオープニングを迎えるようにしています。違う、違わないではなく、ゼロからスタートさせたかったのです。それは、これは映画で、映画ならではの表現があり、二次元とは違い、音も音楽もあるんだと。スクリーンで見る迫力をガツンと見せようと意識しました。

─原作のビジュアルと実写とのバランスで意識した点はありますか。

 なるべく漫画と同じにしたいと思いました。漫画では制服の着方も含めて細かく描かれているので、オーディションでも原作のイメージに近い人を選びましたし、髪形もなるべく漫画に寄せていきたいと思っていました。ただ、渚くんの髪の毛の色が原作とは違って青ではないのは、実写で青にすると「髪を染めている子」みたいになるからです。渚くんは髪を染めるような子じゃないですからね。

─殺せんせーは実際に役者さんが中に入って演じられていたそうですね。

 殺せんせーは顔と触手だけCGで、俳優さんがスーツに入って、実際に生徒とせりふの掛け合いをしています。CG的にはその方がやりにくいし、完全にグリーンバックを立てて撮影する方法も考えましたが、どちらが合成に適しているか、撮影に時間がかかるかを考え、生徒たちとの芝居のやりやすさや撮影のスピード感もこの方がいいということで選びました。

─最後に、Blu-ray&DVDの見どころを教えてください。

 特典映像が多いです。キャストのファンにしてみたらオフショットも見られます。実際に殺せんせーをどういうふうに撮影しているのかも含めて、その辺は楽しいと思います。

(取材/文/撮影 中村好伸)

(C)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C)松井優征/集英社

(C)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C)松井優征/集英社

映画『暗殺教室~卒業編~』10月12日(水) Blu-ray&DVD発売
■ Blu-ray スペシャル・エディション  4枚組  ¥7800+税
■ DVD  スペシャル・エディション  4枚組  ¥6900+税
※Blu-ray&DVDスタンダード・エディション同時発売、
 10月5日(水)よりBlu-ray&DVDレンタル開始!
発売元:フジテレビジョン  販売元:東宝


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】黒人がKKKに入団!? うそのような潜入捜査を描いた『ブラック・クランズマン』

映画2019年3月23日

 実際にあったうそのような潜入捜査の様子を、コミカル味を交えながら描いたスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』が公開された。  舞台は、1970年代半ばの米コロラド州コロラドスプリングス。この町で黒人として初めて刑事になったロン・ス … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」

ドラマ2019年3月22日

 3月24日からWOWOWで放送が開始される「連続ドラマW 絶叫」は、貧困や無縁社会、ブラック企業という現代社会の闇に切り込む社会派サスペンス。平凡な家庭に生まれながらも、家族の不幸をきっかけに人生を踏み外して転落、やがて犯罪に手を染めてい … 続きを読む

【インタビュー】『ソローキンの見た桜』阿部純子「人と人とが別れるときの痛みや感情の流れは、今の私たちにも共通すると思います」

映画2019年3月20日

 日露戦争下、松山に実在したロシア兵の捕虜収容所を舞台に、日本人看護師の武田ゆいと、ロシアの将校ソローキンの許されない愛の行方を、現代のテレビディレクターの高宮桜子が探る。日露合作の『ソローキンの見た桜』(3月22日公開)で、ゆいと桜子の二 … 続きを読む

【インタビュー】『ダンボ』ティム・バートン監督「他者からは欠点に見えることを肯定的に捉えてみれば、それは美しさに変わるのです」

映画2019年3月20日

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離さ … 続きを読む

【インタビュー】『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド「チャーリーを演じながら開放感を得ることができました」

映画2019年3月19日

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女と地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作で、主人公のチャーリーを演じたヘイリー・スタインフェ … 続きを読む

page top