柄本時生 漫才の相方に兄の佑を指名!? 「ゲームとジェット・リーが好きです」 【インタビュー】「初恋芸人」

2016年3月14日 / 18:29

 NHK BSプレミアムで放送中のプレミアムよるドラマ「初恋芸人」で、売れないピン芸人の主人公・佐藤賢治を演じる柄本時生がインタビューに応じ、芸人を演じることへの楽しさと憧れ、子ども時代のほほ笑ましいエピソードなどを語った。賢治の前に突然現れた謎の女性・市川理沙(松井玲奈)との揺れる関係性も見どころとなっている。

 

ピン芸人の佐藤賢治を演じる柄本時生

ピン芸人の佐藤賢治を演じる柄本時生

―芸人役をやる上でどんなことを準備し、心掛けていますか。

 YouTubeやDVDを見ました。劇中で披露するネタが三つあって、後半に出てくる二つはイメージできる芸人さんがいたので、それを見るようにしました。お笑いは見ていた方だと思います。ダウンタウンの松本人志監督の『さや侍』に出たので、すごくうれしかったです。“仕事をしていて良かったランキング”の結構上位だと思います(笑)。

―芸人役は楽しかったとおっしゃっていましたが、具体的にはどのあたりですか。

 芸人さんの役はやったことがなかったので、それ自体がすごく楽しかったです。練習してネタをやるのは緊張したし、足もすごく震えたりしたのですが、それを体験できたのが良かったし楽しかった。練習は、やっぱり部屋の隅の方で壁に向かってやるんです。人間の習性なんですかね(笑)。

―ネタ中にアドリブを入れたりしましたか。

 フリップネタをやるのですが、そこにちょっとだけ。「あっ、このタイミングは笑いそうだな」と思って。ゆったりできるネタだったこともあってお客さん(役の出演者)の反応をちゃんと見られました。ゆったり言ってみてうまくいったりいかなかったりもありましたけど、それ以外のところではアドリブは入れられなかったです。

―ドラマや映画以外にもバラエティー番組、コント番組などで憧れの芸人さんと共演してみたいという思いはありますか。

  いや、怖いですね。ミーハー気分の方が強くなってしまう気がします。ファン心理が先取っちゃいそう。うちのお兄ちゃん(柄本佑)がさまぁ~ずさんと一度だけ共演しているので、僕はないんじゃないですかね。でもやれたらうれしいです。コントは、俳優と微妙に一緒のような部分があるような気がしています。漫才は憧れます、格好良いです。経験としてはどちらもやってみたいです。

―もしやるとしたら相方は誰がいいですか。

 兄ちゃんがいいです。兄弟だから。中学1年生ぐらいのころ、二段ベッドで寝る時に僕がボケで兄ちゃんが突込みみたいな感じで漫才をやっていました。なぜだか分からないけどそういう遊びを(笑)。ネタも考えずべらべらしゃべっているだけなんですけど、心の中では二人で大爆笑なんですよね。兄ちゃんがいいと言ったのはそれがあったからかもしれないです。

―演じた賢治はウルトラマンや怪獣オタクですが、柄本さんは何かオタクといえるものやマニアックな趣味はありますか。

 ゲームとジェット・リーが好きです。映画は趣味なのでよく見させてもらっています。ゲームはドラクエとかRPG系をずっとやっています。アクションゲームもやります。基本的にドラクエが好きです。

 ドラマは毎週火曜日午後11時15分から放送。

柄本時生(左)と松井玲奈

柄本時生(左)と松井玲奈


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「死亡フラグが立ちました!」塚地武雅「アクション映画に出たい!」俳優としての秘めたる野望…

ドラマ2019年10月23日

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅。芸人としては個性的なコントキャラクターや、豊富な一発ギャグでお茶の間を沸かせているが、役者としても才能を開花させ、ドラマ・映画への出演が引きも切らない。そんな中、ドラマ「死亡フラグが立ちました! … 続きを読む

【インタビュー】映画『駅までの道をおしえて』新津ちせ「『オーディションに受かった』と聞いたときは、頭が真っ白でした」笈田ヨシ「『子役だから』と特別なことはなく、一緒に仕事をする相手として接しました」

映画2019年10月23日

 直木賞作家・伊集院静の小説を映画化した『駅までの道をおしえて』が10月18日からロードショー公開された。本作は、愛犬の帰りを待ち続ける少女サヤカと、孤独に生きるフセ老人の交流を、1年半にわたる丁寧な撮影でつづった温かな物語。サヤカとフセ老 … 続きを読む

【映画コラム】“演じること”について描いた『真実』と『スペシャルアクターズ』

映画2019年10月22日

 俳優を主人公に、“演じること”について描いた映画が相次いで公開された。まずは、是枝裕和監督が撮ったフランス映画『真実』から。  フランスを代表する大女優ファビアンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)が『真実』というタイトルの自伝を出版することに。そ … 続きを読む

【インタビュー】映画『マレフィセント2』上戸彩「5年前は、自分がオーロラ姫を演じる自信がありませんでした」

映画2019年10月21日

 世界的な大ヒットを記録した『マレフィセント』から5年。アンジェリーナ・ジョリー演じる邪悪な存在と恐れられながらも、愛に傷つき、愛に生きる美しきビランのマレフィセントと、エル・ファニング演じる善と優しさを体現する純粋無垢(むく)なプリンセス … 続きを読む

【インタビュー】映画『日本の娘』デジタル復元版  森崎ウィン 日本とミャンマーの懸け橋になるべく「僕自身も頑張らなければいけないと使命感に駆られています」

映画2019年10月19日

 日メコン交流10周年および、2020年のミャンマー映画生誕100年を祝し、ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント『日本の娘』のデジタル復元版プレミア上映とトークイベントが、10月26日に国立映画アーカイブ 長瀬記念ホールOZUで開 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top