【ライブリポート】佐藤流司バンドプロジェクト、The Brow Beat初の日比谷野外音楽堂ライブで見せたロック魂

2018年5月13日 / 18:00

 2018年1月17日からスタートした「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」で鮮烈な印象を残したThe Brow Beatが、5月3日、ついに日比谷野外大音楽堂の舞台に立った。The Brow Beatは、2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したバンドプロジェクト。今回は、「Extra“Ragnarök”~Welcome to after party at 野音~」と題されたライブの模様をリポートする。

The Brow Beatによる日比谷野外大音楽堂でのライブの様子

 前回のツアーでは、初ライブとはとても思えないパフォーマンスでファンを魅了し、ロックを体現してみせたRyuji。そのツアーから3カ月。Ryujiが念願だと語る日比谷野外大音楽堂は、開演前から熱い熱気に包まれていた。

 この日のオープニングナンバーは「日本」。アッパーチューンの楽曲で会場を一気に盛り上げ、「ジセイノク」へと飛ばしていく。The Brow Beatにとって、この日のライブは初の野音であり、この規模の会場でのライブも初めてだ。しかし、ステージ狭しと右に左に駆け回り、観客をあおり続けるRyujiからは、そんなことはみじんも感じられない。

 続くMCでは、「俺、今日が一生忘れられない思い出になると思う」と野音への思いを語ると、「皆さんが緊張している」からと突然のクイズタイムに。「カツオくんとワカメちゃん、タラちゃんが買い物に行きました。店員さんがなぜかワカメちゃんばかりに商品を薦めます。なぜでしょうか?」。激しく歌い、観客を沸かせながらも、MCでは自由過ぎるトークを展開するのもRyujiの魅力。ブラックな発言と、独特のワードチョイスが持ち味のRyujiのMCに、観客も大盛り上がりで、あちこちでクイズの答えを予想する声が上がる。

 「カイソウだから」というクイズの答えを明かすと、そのまま「アイリス」を思いを込めて歌い上げる。さらに、「声を出していこうぜ」とあおりつつ「Scarlet Syndrome」。そして、ロックバラードの「unlost」では、しっとりとした歌声を響かせた。

 実は、ライブ数日前まで、天気予報では雨とされていたのだが、ふたを開けてみれば、暑いほどの1日だった。どうやら雨を望んでいたらしいRyujiはMCで「雨、降れってんだよ」とぼやいて会場を笑わせつつ、今回のライブでは「トランプをイメージして」メンバー全員がフェースペインティングを施したと話す。ちなみに、Ryujiはスペード、サポートメンバーの鳴風(G)はダイヤ、CHIROLYN(B)はハート、かどしゅんたろう(Dr)はクローバーが描かれている。

 さらにRyujiは、hide没後20年のメモリアルライブイベント「hide 20th memorial SUPER LIVE『SPIRITS』」を見に行ったことを明かすと、CHIROLYNが所属するhide with Spread Beaverの「ピンク スパイダー」を演奏。数々のアーティストがカバーしてきた楽曲だが、The Brow Beatが奏でるこの曲は“原曲に限りなく近い”印象を受ける。そこにはRyujiのhideに対する尊敬と愛を感じる。そして、それを違和感なく歌いこなすRyujiの歌声に驚く。

 ここで、プロデューサーのHAKUEIがゲストボーカルとして登場。「ライチ☆光クラブ」の「凶星エクスタシー」をRyujiとのデュエットで聞かせると、5月1日に配信したばかりの新曲「CLOWN」を初披露。ロックの中にもジャジーな雰囲気が漂う曲に、観客の体が大きく揺れた。

 続いて、メンバーコールから「Black & Black」へとなだれ込む。Ryujiがシャウトし、HAKUEIが会場をのせ、ボルテージは最高潮に。「まだまだ終わらないぞ」というRyujiの声とともに「パラノイド・スター」と畳み掛け、本編ラストは「Browbeat」。会場に金テープが飛び交い、ファンの笑顔がはじけた。確かな歌唱力と、激しいパフォーマンスで終始、観客を引きつけたRyuji。圧倒的な存在感でステージに立ち続けたRyujiの姿は、まさにロックスター然として、輝いていた。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top