【ライブリポート】佐藤流司バンドプロジェクト、The Brow Beat初の日比谷野外音楽堂ライブで見せたロック魂

2018年5月13日 / 18:00

 2018年1月17日からスタートした「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」で鮮烈な印象を残したThe Brow Beatが、5月3日、ついに日比谷野外大音楽堂の舞台に立った。The Brow Beatは、2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したバンドプロジェクト。今回は、「Extra“Ragnarök”~Welcome to after party at 野音~」と題されたライブの模様をリポートする。

The Brow Beatによる日比谷野外大音楽堂でのライブの様子

 前回のツアーでは、初ライブとはとても思えないパフォーマンスでファンを魅了し、ロックを体現してみせたRyuji。そのツアーから3カ月。Ryujiが念願だと語る日比谷野外大音楽堂は、開演前から熱い熱気に包まれていた。

 この日のオープニングナンバーは「日本」。アッパーチューンの楽曲で会場を一気に盛り上げ、「ジセイノク」へと飛ばしていく。The Brow Beatにとって、この日のライブは初の野音であり、この規模の会場でのライブも初めてだ。しかし、ステージ狭しと右に左に駆け回り、観客をあおり続けるRyujiからは、そんなことはみじんも感じられない。

 続くMCでは、「俺、今日が一生忘れられない思い出になると思う」と野音への思いを語ると、「皆さんが緊張している」からと突然のクイズタイムに。「カツオくんとワカメちゃん、タラちゃんが買い物に行きました。店員さんがなぜかワカメちゃんばかりに商品を薦めます。なぜでしょうか?」。激しく歌い、観客を沸かせながらも、MCでは自由過ぎるトークを展開するのもRyujiの魅力。ブラックな発言と、独特のワードチョイスが持ち味のRyujiのMCに、観客も大盛り上がりで、あちこちでクイズの答えを予想する声が上がる。

 「カイソウだから」というクイズの答えを明かすと、そのまま「アイリス」を思いを込めて歌い上げる。さらに、「声を出していこうぜ」とあおりつつ「Scarlet Syndrome」。そして、ロックバラードの「unlost」では、しっとりとした歌声を響かせた。

 実は、ライブ数日前まで、天気予報では雨とされていたのだが、ふたを開けてみれば、暑いほどの1日だった。どうやら雨を望んでいたらしいRyujiはMCで「雨、降れってんだよ」とぼやいて会場を笑わせつつ、今回のライブでは「トランプをイメージして」メンバー全員がフェースペインティングを施したと話す。ちなみに、Ryujiはスペード、サポートメンバーの鳴風(G)はダイヤ、CHIROLYN(B)はハート、かどしゅんたろう(Dr)はクローバーが描かれている。

 さらにRyujiは、hide没後20年のメモリアルライブイベント「hide 20th memorial SUPER LIVE『SPIRITS』」を見に行ったことを明かすと、CHIROLYNが所属するhide with Spread Beaverの「ピンク スパイダー」を演奏。数々のアーティストがカバーしてきた楽曲だが、The Brow Beatが奏でるこの曲は“原曲に限りなく近い”印象を受ける。そこにはRyujiのhideに対する尊敬と愛を感じる。そして、それを違和感なく歌いこなすRyujiの歌声に驚く。

 ここで、プロデューサーのHAKUEIがゲストボーカルとして登場。「ライチ☆光クラブ」の「凶星エクスタシー」をRyujiとのデュエットで聞かせると、5月1日に配信したばかりの新曲「CLOWN」を初披露。ロックの中にもジャジーな雰囲気が漂う曲に、観客の体が大きく揺れた。

 続いて、メンバーコールから「Black & Black」へとなだれ込む。Ryujiがシャウトし、HAKUEIが会場をのせ、ボルテージは最高潮に。「まだまだ終わらないぞ」というRyujiの声とともに「パラノイド・スター」と畳み掛け、本編ラストは「Browbeat」。会場に金テープが飛び交い、ファンの笑顔がはじけた。確かな歌唱力と、激しいパフォーマンスで終始、観客を引きつけたRyuji。圧倒的な存在感でステージに立ち続けたRyujiの姿は、まさにロックスター然として、輝いていた。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top