【ライブリポート】佐藤流司バンドプロジェクト、The Brow Beat初の日比谷野外音楽堂ライブで見せたロック魂

2018年5月13日 / 18:00

 2018年1月17日からスタートした「The Brow Beat Live Tour 2018 “Ragnarök”」で鮮烈な印象を残したThe Brow Beatが、5月3日、ついに日比谷野外大音楽堂の舞台に立った。The Brow Beatは、2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したバンドプロジェクト。今回は、「Extra“Ragnarök”~Welcome to after party at 野音~」と題されたライブの模様をリポートする。

The Brow Beatによる日比谷野外大音楽堂でのライブの様子

 前回のツアーでは、初ライブとはとても思えないパフォーマンスでファンを魅了し、ロックを体現してみせたRyuji。そのツアーから3カ月。Ryujiが念願だと語る日比谷野外大音楽堂は、開演前から熱い熱気に包まれていた。

 この日のオープニングナンバーは「日本」。アッパーチューンの楽曲で会場を一気に盛り上げ、「ジセイノク」へと飛ばしていく。The Brow Beatにとって、この日のライブは初の野音であり、この規模の会場でのライブも初めてだ。しかし、ステージ狭しと右に左に駆け回り、観客をあおり続けるRyujiからは、そんなことはみじんも感じられない。

 続くMCでは、「俺、今日が一生忘れられない思い出になると思う」と野音への思いを語ると、「皆さんが緊張している」からと突然のクイズタイムに。「カツオくんとワカメちゃん、タラちゃんが買い物に行きました。店員さんがなぜかワカメちゃんばかりに商品を薦めます。なぜでしょうか?」。激しく歌い、観客を沸かせながらも、MCでは自由過ぎるトークを展開するのもRyujiの魅力。ブラックな発言と、独特のワードチョイスが持ち味のRyujiのMCに、観客も大盛り上がりで、あちこちでクイズの答えを予想する声が上がる。

 「カイソウだから」というクイズの答えを明かすと、そのまま「アイリス」を思いを込めて歌い上げる。さらに、「声を出していこうぜ」とあおりつつ「Scarlet Syndrome」。そして、ロックバラードの「unlost」では、しっとりとした歌声を響かせた。

 実は、ライブ数日前まで、天気予報では雨とされていたのだが、ふたを開けてみれば、暑いほどの1日だった。どうやら雨を望んでいたらしいRyujiはMCで「雨、降れってんだよ」とぼやいて会場を笑わせつつ、今回のライブでは「トランプをイメージして」メンバー全員がフェースペインティングを施したと話す。ちなみに、Ryujiはスペード、サポートメンバーの鳴風(G)はダイヤ、CHIROLYN(B)はハート、かどしゅんたろう(Dr)はクローバーが描かれている。

 さらにRyujiは、hide没後20年のメモリアルライブイベント「hide 20th memorial SUPER LIVE『SPIRITS』」を見に行ったことを明かすと、CHIROLYNが所属するhide with Spread Beaverの「ピンク スパイダー」を演奏。数々のアーティストがカバーしてきた楽曲だが、The Brow Beatが奏でるこの曲は“原曲に限りなく近い”印象を受ける。そこにはRyujiのhideに対する尊敬と愛を感じる。そして、それを違和感なく歌いこなすRyujiの歌声に驚く。

 ここで、プロデューサーのHAKUEIがゲストボーカルとして登場。「ライチ☆光クラブ」の「凶星エクスタシー」をRyujiとのデュエットで聞かせると、5月1日に配信したばかりの新曲「CLOWN」を初披露。ロックの中にもジャジーな雰囲気が漂う曲に、観客の体が大きく揺れた。

 続いて、メンバーコールから「Black & Black」へとなだれ込む。Ryujiがシャウトし、HAKUEIが会場をのせ、ボルテージは最高潮に。「まだまだ終わらないぞ」というRyujiの声とともに「パラノイド・スター」と畳み掛け、本編ラストは「Browbeat」。会場に金テープが飛び交い、ファンの笑顔がはじけた。確かな歌唱力と、激しいパフォーマンスで終始、観客を引きつけたRyuji。圧倒的な存在感でステージに立ち続けたRyujiの姿は、まさにロックスター然として、輝いていた。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top