【2.5次元インタビュー】舞台「十二大戦」滝川広大&才川コージ&橋本祥平、12人の殺し合いが「最先端技術で驚きの舞台に」

2018年5月1日 / 16:07

 小説を担当した西尾維新氏とイラストレーションを担当した中村光氏の初タッグ作品となる『十二大戦』(集英社刊)。干支(えと)の名を宿す12人の戦士が互いの命と魂を懸けて戦う姿を描くこの小説が舞台化される。失井(うしい)役の滝川広大、憂城(うさぎ)役の才川コージ、断罪(たつみ)兄弟・兄役の橋本祥平に、公演に懸ける思いを聞いた。

(左から)断罪兄弟・兄(橋本祥平)、失井(滝川広大)、憂城(才川コージ)

-2017年秋にはテレビアニメ化もされた作品ですが、出演が決まったときのお気持ちは?

才川 アニメも見ていて、憂城が好きだったので、運命的なものを感じました。実は、別のお仕事が入っていて、マネジャーさんから「出演するのは厳しい」って言われていたんですが、1カ月ぐらい駄々をこねて(笑)、やっと出してもらえることになりました。念願の憂城役です。

橋本 西尾維新さんの原作だというので、さすがに面白いなと思いました。こういう、舞台化不可能と言われている作品を舞台化して、それに携われるのはすごいうれしいことだと思います。

滝川 自分はお話を頂いて、めちゃくちゃうれしかったけど、それ以上にプレッシャーが大きくて。失井ってキャラクターは、とてつもなく強い設定なので、それを自分がどうやって演じていけばいいのか想像もできなかったんです。そこから、どうやって作っていくか考えて、内面からすごく掘り下げて、今は思いっきりやりたいと思っています。

-キャラクタービジュアルが解禁され、大きな話題となりました。特に、才川さんの憂城は衝撃的でした。

才川 反響がすごかったですね。小学校の友達から7〜8年ぶりぐらいに連絡きました(笑)。SNSにもたくさんコメントを頂いて、ありがたいことに「体がすごい」とか「再現度が高い」って言ってもらえたので、どんどん鍛えてやろうと思ってます。

-かなり露出度の高い衣装ですが、抵抗はなかったですか?

才川 ありました、ありました(笑)。撮影前までは、いけると思っていたんですけど、着てみたらあまりにも露出度が高くて、恥ずかしくなっちゃって(笑)。でも、撮影をしているうちに、乗ってきて恥ずかしさはなくなりました。

橋本 嫌でも、(才川は)本望だと思います(笑)。筋肉を見せたくてしかたない人なんで。

才川 やっと人生で一番のハマり役がきたと(笑)。楽しみです。

-橋本さんと滝川さんは、ビジュアル撮影はいかがでしたか?

橋本 衣装とメークと武器のクオリティーが高いので、まとっているものに乗せられて撮影できたと思います。でも、このキャラビジュアルが解禁されたとき、きたむー(主演の寝住役の北村諒)と俺と(才川)コージが最初に発表されたんですが、コージが全部持っていくんですよ。俺ときたむーがかすむんです…。

-皆さん、再現度が高いんですけど、憂城は衝撃的過ぎるので(苦笑)。

橋本 そう。でも、本当に再現度が高いので、この衣装をまとって芝居をしたらすごい豪華になると思います。

滝川 僕は、髪が長いキャラクターなので、これをいかに利用しようかを考えています。この髪の長さで素早い動きをしたら、よりいっそう、良くなるんじゃないかって。それが楽しみです。

-個性的なキャラばかりですが、役作りではどんなことを意識していますか?

才川 僕は焦点の合わない目つきで、憂城の異常さを出そうと思ってます。できるだけ人間味を芝居から消すことがテーマです。

橋本 俺は(長谷川慎也が演じる断罪兄弟・弟と)双子の役なので、双子の関係性を2人で話し合って作っていけたらなと思います。

滝川 失井は、普段あまり自分たちが使わないような言葉をしゃべるので、そこが大事なポイントだと思ってます。失井としてのしゃべり方をこれから作っていきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」を手掛けるヒットメーカー鈴木おさむ「目標は仕事を辞めること。引退もダサいけど(笑)」

ドラマ2020年1月20日

 5月に上演される同名舞台と連動したWOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の放送が1月24日からスタートする。人気放送作家・鈴木おさむが手掛ける本作は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着 … 続きを読む

page top