【2.5次元リポート】ミュージカル「刀剣乱舞」 最新作がいざなう新たな展開、重厚な物語が胸に突き刺さる

2018年3月26日 / 16:06

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル「刀剣乱舞」(以下、刀ミュ)。2015年秋のトライアル公演後、瞬く間に人気が爆発。次々と新作を上演し続ける一方、音楽活動や大規模ライブ、海外公演を行い、多岐にわたる盛り上がりを見せている。3月24日には、新作公演となるミュージカル「刀剣乱舞」~結びの響、始まりの音~が開幕した。

本作に登場した6振りの刀剣男士

 シリーズ5作目となる本作は、2作目の「幕末天狼傳」で描かれた近藤勇、沖田総司亡き後の時代に刀剣男士たちが出陣する。編成は、「幕末天狼傳」の大和守安定(鳥越裕貴)、和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)、長曽袮虎徹(伊万里有)の4振りに、新たに陸奥守吉行(田村心)と巴形薙刀(丘山晴己)を加えた6振り。新撰組に由縁の深い刀剣男士を中心に、失意の中、生き方を模索しながら新政府軍と戦う土方歳三の元に向かう。

 開幕前に行われた囲み取材で、トライアル公演から全公演で演出を担当している茅野イサムは、本作について「ここまで踏み込んじゃうの?って驚いていただけると思います」と明かし、伊万里は「刀ミュ史上類を見ない革命が起きている」と話したが、その言葉通り、まさに「衝撃作」であると言える。詳細は避けるが、前作「つはものどもがゆめのあと」とはまた別の方向性で、作品の根幹に関わる“こと”に言及し、新たな解釈で物語が展開する。これだけでも、刀ミュクラスタ、とうらぶクラスタには見逃せない作品で、今後のシリーズの展開において、大きな転機ともなる作品だと言えるだろう。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top