【2.5次元リポート】ミュージカル「刀剣乱舞」 最新作がいざなう新たな展開、重厚な物語が胸に突き刺さる

2018年3月26日 / 16:06

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル「刀剣乱舞」(以下、刀ミュ)。2015年秋のトライアル公演後、瞬く間に人気が爆発。次々と新作を上演し続ける一方、音楽活動や大規模ライブ、海外公演を行い、多岐にわたる盛り上がりを見せている。3月24日には、新作公演となるミュージカル「刀剣乱舞」~結びの響、始まりの音~が開幕した。

本作に登場した6振りの刀剣男士

 シリーズ5作目となる本作は、2作目の「幕末天狼傳」で描かれた近藤勇、沖田総司亡き後の時代に刀剣男士たちが出陣する。編成は、「幕末天狼傳」の大和守安定(鳥越裕貴)、和泉守兼定(有澤樟太郎)、堀川国広(阪本奨悟)、長曽袮虎徹(伊万里有)の4振りに、新たに陸奥守吉行(田村心)と巴形薙刀(丘山晴己)を加えた6振り。新撰組に由縁の深い刀剣男士を中心に、失意の中、生き方を模索しながら新政府軍と戦う土方歳三の元に向かう。

 開幕前に行われた囲み取材で、トライアル公演から全公演で演出を担当している茅野イサムは、本作について「ここまで踏み込んじゃうの?って驚いていただけると思います」と明かし、伊万里は「刀ミュ史上類を見ない革命が起きている」と話したが、その言葉通り、まさに「衝撃作」であると言える。詳細は避けるが、前作「つはものどもがゆめのあと」とはまた別の方向性で、作品の根幹に関わる“こと”に言及し、新たな解釈で物語が展開する。これだけでも、刀ミュクラスタ、とうらぶクラスタには見逃せない作品で、今後のシリーズの展開において、大きな転機ともなる作品だと言えるだろう。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

【映画コラム】ウッディの選択と決断を描いたシリーズ最終章『トイ・ストーリー4』

映画2019年7月13日

 シリーズ最終章となる『トイ・ストーリー4』が公開された。  最初の『トイ・ストーリー』(95)から24年、前作『トイ・ストーリー3』(10)から9年後。カウボーイ人形のウッディ(声:トム・ハンクス)たちは、新たな持ち主となったボニーと暮し … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top