【インタビュー】『美人が婚活してみたら』黒川芽以、30代は変化の時「受動から能動へ」 芝居への新たな欲求も生まれる

2019年3月27日 / 14:21

 仕事にも容姿にも恵まれるも、気づけば32歳・独身のタカコが、死ぬ気で挑んだ婚活を通して自らと向き合い、もがき苦しみながらも自分の足で歩き出すまでを爽快に描いた映画『美人が婚活してみたら』。等身大のヒロインを演じた黒川芽以が、結婚や婚活に対する素直な気持ちや、同作で素の魅力を引き出されたことで生まれた女優としての新たな欲求、30代になって変化した仕事の向き合い方などを語ってくれた。

死ぬ気で婚活に向き合う32歳・独身のタカコを演じた黒川芽以

―タイトルから気になりますが、原作を読んでの感想は?

 婚活を真剣ながらポップに描いているのでクスクス笑えたり、私も30代になって結婚相手にどんな人を選んだらいいかを考えるようになったので、女子“あるある”が心に刺さったりしました。

―31歳・独身の黒川さんとタカコは重なりますが、ご自身でも似ていると感じますか。

 そうですね。私もそんなに器用に生きているわけではないし、恋愛に対して不器用で突っ走っちゃうところも似ています(笑)。

―「美人」というワードは意識されましたか。

 最初は私がやっていいのかな…とプレッシャーでした。ただ私は、美人といえば“ピンヒールを履いて、風を切りながら歩くキャリアウーマン”を思い浮かべるけど、タカコは抜けているとこもあるから「美人」をフィーチャーしているわけではないと感じました。大九監督からも「美人を演じようとしないで。黒川さんのままでいいから」と言われたので、女性同士の会話をいかにリアルにできるか、迷っている女性に何を伝えられるかを考えるようになったら楽になりました。

―親友ケイコ(臼田あさ美)との友情や本音トークは見どころですね。

 二人の会話は面白いですよね。女性は恋愛トークだと彼氏のせりふを交えながらリアルに細かく話すから、居酒屋シーンでグラスを婚活中に出会った二人の男性に見立てて説明しているところなどは「わかるわ~」と唸りました。

―「婚活」についてはどう思われていますか。

「ネガティブ」「焦っている」というイメージでしたが作品を通して変わりました。婚活のために綺麗にしよう、可愛く思われたいと努力することで女性はキラキラ輝くし、結果的に婚活が上手くいかなくても自分を見つめ直せるから、「ポジティブ」と捉えるようになりました。

―黒川さんも結婚願望は持っていますか。

 中学生の時からずっとあります。今は35歳までにしたいです。でも、恋愛に対してはアクティブな方だけど、30代でほどよくブレーキをかけるようになったので、40歳になるかもしれませんね(笑)。

―どのような男性がタイプですか。

 信念があって熱い目をしている人です。普段はバカできる関係でも、ここぞという時に熱くなったり、真剣に仕事の話をしたりしていると魅力を感じます。その時に目線を外さない人が好きです。

―では、タカコの婚活相手であるオクテの園木(中村倫也)、女たらしの矢田部(田中圭)は厳しいですね。

 もう30代なので、矢田部さんみたいな人に行ってはいけないと重々承知しています(笑)。園木さんには、もうちょっとスパイスが欲しいです。

―中村さんとは「連続テレビ小説 風のハルカ」(05)、ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(16)で共演していますが、ご一緒していかがでしたか。

 朝ドラのメンバーとは今でもたまに会っているので、むずがゆいです。倫也くんは10代の頃から知っていて、戦友でもあり尊敬もしているから、芝居中はどんなカードを出してくるの?試されるんじゃない?とドキドキしながらも、いいセッションをしたいと臨みました。

―濃厚なラブシーンが話題になっている田中さんはどうでしたか。

 田中さんもドラマ「所轄魂」(15)で夫婦役として共演したことがあるので、どの現場もとても和気あいあいとしていました。

―ドラマ「ああ、ラブホテル」(WOWOW/14)でもタッグを組んだ大九明子監督は黒川さんの笑いのセンスを信頼されていたようですね。

 大九(明子)監督からは「男性が思い描くヒロインを演じることが多いけど、素の黒川さんはもっと面白いし、おきゃんで、女性に好かれるタイプだから、そこを引き出したい」と言っていただきました。なので、アドリブでせりふやポーズを求められることが多く、最初は恥ずかしかったけど、チャレンジで楽しかったです。

―ほんわかした気分になれるエンディング曲「手のうた」もチャレンジでしたか。

 CDを出したこともありますが10代の頃ですし、今回は急に歌うことになったので驚きました。映画はエンディング曲次第で印象が変わるので、主演よりも大事な任務かもしれませんね(笑)。曲が流れている時間は聴いているような聴いていないような感覚で、見終わったばかりの作品について考える時間だから、そこにふわっと寄り添える歌になれば嬉しいです。

―いろいろな挑戦があった同作を通して何を得られましたか。

 シリアスな作品に携わることが多いので、こういうポップな作品を増やして、笑いのセンスをもっと磨きたいと思うようになりました。普段は「クールで近寄りがたい」とか、逆に「ふわふわして可愛い」という印象を持たれますが、「ハキハキさばさば」した“素”でできるものや、ギャグっぽいものをやりたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top