【インタビュー】『美人が婚活してみたら』黒川芽以、30代は変化の時「受動から能動へ」 芝居への新たな欲求も生まれる

2019年3月27日 / 14:21

 仕事にも容姿にも恵まれるも、気づけば32歳・独身のタカコが、死ぬ気で挑んだ婚活を通して自らと向き合い、もがき苦しみながらも自分の足で歩き出すまでを爽快に描いた映画『美人が婚活してみたら』。等身大のヒロインを演じた黒川芽以が、結婚や婚活に対する素直な気持ちや、同作で素の魅力を引き出されたことで生まれた女優としての新たな欲求、30代になって変化した仕事の向き合い方などを語ってくれた。

死ぬ気で婚活に向き合う32歳・独身のタカコを演じた黒川芽以

―タイトルから気になりますが、原作を読んでの感想は?

 婚活を真剣ながらポップに描いているのでクスクス笑えたり、私も30代になって結婚相手にどんな人を選んだらいいかを考えるようになったので、女子“あるある”が心に刺さったりしました。

―31歳・独身の黒川さんとタカコは重なりますが、ご自身でも似ていると感じますか。

 そうですね。私もそんなに器用に生きているわけではないし、恋愛に対して不器用で突っ走っちゃうところも似ています(笑)。

―「美人」というワードは意識されましたか。

 最初は私がやっていいのかな…とプレッシャーでした。ただ私は、美人といえば“ピンヒールを履いて、風を切りながら歩くキャリアウーマン”を思い浮かべるけど、タカコは抜けているとこもあるから「美人」をフィーチャーしているわけではないと感じました。大九監督からも「美人を演じようとしないで。黒川さんのままでいいから」と言われたので、女性同士の会話をいかにリアルにできるか、迷っている女性に何を伝えられるかを考えるようになったら楽になりました。

―親友ケイコ(臼田あさ美)との友情や本音トークは見どころですね。

 二人の会話は面白いですよね。女性は恋愛トークだと彼氏のせりふを交えながらリアルに細かく話すから、居酒屋シーンでグラスを婚活中に出会った二人の男性に見立てて説明しているところなどは「わかるわ~」と唸りました。

―「婚活」についてはどう思われていますか。

「ネガティブ」「焦っている」というイメージでしたが作品を通して変わりました。婚活のために綺麗にしよう、可愛く思われたいと努力することで女性はキラキラ輝くし、結果的に婚活が上手くいかなくても自分を見つめ直せるから、「ポジティブ」と捉えるようになりました。

―黒川さんも結婚願望は持っていますか。

 中学生の時からずっとあります。今は35歳までにしたいです。でも、恋愛に対してはアクティブな方だけど、30代でほどよくブレーキをかけるようになったので、40歳になるかもしれませんね(笑)。

―どのような男性がタイプですか。

 信念があって熱い目をしている人です。普段はバカできる関係でも、ここぞという時に熱くなったり、真剣に仕事の話をしたりしていると魅力を感じます。その時に目線を外さない人が好きです。

―では、タカコの婚活相手であるオクテの園木(中村倫也)、女たらしの矢田部(田中圭)は厳しいですね。

 もう30代なので、矢田部さんみたいな人に行ってはいけないと重々承知しています(笑)。園木さんには、もうちょっとスパイスが欲しいです。

―中村さんとは「連続テレビ小説 風のハルカ」(05)、ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(16)で共演していますが、ご一緒していかがでしたか。

 朝ドラのメンバーとは今でもたまに会っているので、むずがゆいです。倫也くんは10代の頃から知っていて、戦友でもあり尊敬もしているから、芝居中はどんなカードを出してくるの?試されるんじゃない?とドキドキしながらも、いいセッションをしたいと臨みました。

―濃厚なラブシーンが話題になっている田中さんはどうでしたか。

 田中さんもドラマ「所轄魂」(15)で夫婦役として共演したことがあるので、どの現場もとても和気あいあいとしていました。

―ドラマ「ああ、ラブホテル」(WOWOW/14)でもタッグを組んだ大九明子監督は黒川さんの笑いのセンスを信頼されていたようですね。

 大九(明子)監督からは「男性が思い描くヒロインを演じることが多いけど、素の黒川さんはもっと面白いし、おきゃんで、女性に好かれるタイプだから、そこを引き出したい」と言っていただきました。なので、アドリブでせりふやポーズを求められることが多く、最初は恥ずかしかったけど、チャレンジで楽しかったです。

―ほんわかした気分になれるエンディング曲「手のうた」もチャレンジでしたか。

 CDを出したこともありますが10代の頃ですし、今回は急に歌うことになったので驚きました。映画はエンディング曲次第で印象が変わるので、主演よりも大事な任務かもしれませんね(笑)。曲が流れている時間は聴いているような聴いていないような感覚で、見終わったばかりの作品について考える時間だから、そこにふわっと寄り添える歌になれば嬉しいです。

―いろいろな挑戦があった同作を通して何を得られましたか。

 シリアスな作品に携わることが多いので、こういうポップな作品を増やして、笑いのセンスをもっと磨きたいと思うようになりました。普段は「クールで近寄りがたい」とか、逆に「ふわふわして可愛い」という印象を持たれますが、「ハキハキさばさば」した“素”でできるものや、ギャグっぽいものをやりたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top