藤原竜也、絵心のなさを自ら証明!? 有村架純「“リバイバル”しています」

2016年3月19日 / 17:53
(左から)中川翼、鈴木梨央、石田ゆり子、藤原竜也、有村架純、及川光博

(左から)中川翼、鈴木梨央、石田ゆり子、藤原竜也、有村架純、及川光博

 映画『僕だけがいない街』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、有村架純、及川光博、鈴木梨央、中川翼、石田ゆり子と平川雄一朗監督が出席した。

 本作は、自分の身に降りかかる事件を食い止めなければ何度も同じ時間を繰り返してしまう“リバイバル”という現象に巻き込まれた藤沼悟(藤原)が、18年前に起こった小学生連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めるミステリー。

 共演者の“マル秘エピソード”を尋ねられた有村は「実は、先日ある取材をした時に藤原さんが似顔絵を描いてくださった。それが…とても独特な絵で、1本の線で描かれているんです」と藤原の絵に驚いたことを明かした。

 これに対して藤原は「僕はこの作品では漫画家志望の役ですが、絵なんて描いたことございません」と自信なさげにコメント。しかし、会場では、藤原の実力を測るべく、映画のポスタービジュアルをその場で“再現”する運びとなった。

 あっという間に描き上げた藤原は「先に言っておきますが“事故”です」と苦笑い。ポスタービジュアルは左側にいる藤原が有村の手を引く構図だが、自身の描いた絵と見比べた藤原は「(2人の位置が)逆でしたね」と大きな間違いを発見。感想を問われた子役の中川は「うまい絵です。僕はこんな絵は描けません」と語り、鈴木も「…うまいと思います」と苦しそうに答えた。

 会場が微妙な笑いに包まれる中、藤原は「ほらね、こういう空気になると思いました」と投げやり気味にコメント。及川が率直に「全然駄目だと思います」と言い切ると、有村も「あの時(取材の時)に見た絵と同じ。“リバイバル”しています」と笑った。

 最後に藤原は「大人気コミックが原作の作品で、僕ら以上に監督やスタッフがプレッシャーを抱えながら製作しました。もちろん賛否両論があって当然だと思う。良くなければ、ここに監督がいるので、ぜひ監督に意見してください」と笑いを誘いつつ、「1人でも多くの方にこの作品を見ていただきたい」とアピールした。


芸能ニュース

海外でのヒットに驚く林遣都

林遣都、ドラマ「火花」の海外ヒットに驚き レッドカーペット歩き「想像していなかった」

イベント2016年6月27日

 オンラインストリーミングサービス・NETFLIXの特別プレゼンテーションイベントが27日、東京都内で行われ、ウゾ・アドゥーバ、ルビー・ローズ、マイク・コルター、リッチ+トーン・タローガ、林遣都、波岡一喜、好井まさお、村田秀亮、EXILE  … 続きを読む

島崎遥香(左)と竹本聡志監督

中山優馬、最近の胸キュンは愛犬 理想の告白は「大学の屋上で風を浴びながら」

映画2016年6月27日

 映画『ホーンテッド・キャンパス』の公開直前“大学生限定”スペシャルトークイベントが27日、東京都内で行われ、出演者の中山優馬、島崎遥香(AKB48)と竹本聡志監督が出席した。  第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した同名小説を映画化 … 続きを読む

NHK BSプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」試写会見に登場した川口春奈(左)と小泉孝太郎

小泉孝太郎、川口春奈と〝もみ合い”? 「ああいうことを女性にされたことがない」 

ドラマ2016年6月27日

 NHKプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」試写会が27日、東京都内で行われ、出演者の小泉孝太郎、川口春奈が登場した。  このドラマは、カリスマ予備校講師の座を追われ、人生の希望を失った男・五十嵐透(小泉)と、夢を見ることを忘れた女子高生・ … 続きを読む

(左から)三上市朗、安藤聖、遠藤要、窪塚俊介

丸山隆平“マルベス”魅せる! 「自分にしか表現できないマクベス」

舞台・ミュージカル2016年6月27日

 舞台「マクベス」の公開通し稽古と囲み取材が行われ、出演の丸山隆平、遠藤要、安藤聖、三上市朗、窪塚俊介が出席した。  今年はシェークスピアの没後400年。シェークスピアの4大悲劇に数えられ、世界で幾度となく上演された名作「マクベス」に、これ … 続きを読む

主演の綾野剛

綾野剛“不謹慎な問題作”をアピール 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学んで」

映画2016年6月25日

 映画『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。  本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最 … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top