有村架純、手嶌葵新曲のMVに出演 主演ドラマのアナザーストーリーを演じる

2016年2月8日 / 16:56

MVに出演した平澤宏々路(左)と有村架純

 フジテレビ系で放送中の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で手嶌葵が歌う主題歌「明日への手紙」のミュージックビデオに主演の有村架純が出演し、ドラマのアナザーストーリーを演じている。

 ドラマの主人公が役柄のまま主題歌のミュージックビデオに登場し、互いがリンクしたエピソードを描くのは月9ドラマ史上初となる。

 「元気でいますか 大事な人はできましたか いつか夢は叶いますかこの道の先で」という歌詞から始まる主題歌の世界観と、故郷の街から東京に出てきた主人公・音(有村)が、右も左も分からぬまま一人で生きようと奮闘する姿を描くドラマの切ないストーリーが重なり、手嶌の温かみのある歌声がドラマに花を添えている。

 ジャケット写真とミュージックビデオのトータルプロデュースはドラマプロデューサーの村瀬健氏が手掛けており、「もがきながらも少しずつ前を向いていく」歌詞でつづられる楽曲とドラマの二つの世界観がシンクロした。また、「手紙」や「都会に咲く花」などドラマにも登場するアイテムが随所に表現されている。

 ミュージックビデオはドラマのエピソード0(ゼロ)とも捉えられる、主人公・音のアナザーストーリーを描く。有村が演じる大人になった音が静かに目を閉じ幼少期の記憶を辿っていく中で、親を亡くし、里子として北海道へ引き取られていく第1話のファーストシーンの“前夜”の様子が展開する。

 撮影は1月下旬に行われ、ドラマ同様、音の幼少期は平澤宏々路が演じており、かつての自分を優しいまなざしで見つめる音の繊細な表情や心の動きを有村が丁寧に演じている。

 有村は「ミュージックビデオのストーリーは音の記憶でできていて、懐かしさやはかなさ、切なさ、優しさがたくさん感じられる内容です。きっと心の中で何かが溶けていくような感覚に触れられ、見終わった後、記憶の中の幼き日の音を力いっぱい抱き締めたくなると思います」と語った。

 手嶌の歌うニューシングル「明日への手紙」は10日リリース。


芸能ニュースNEWS

川口春奈「今までもらった中で一番うれしい」 誕生日サプライズに「テンションが上がってる」

トレンド2020年1月29日

 ネイル予約アプリ「ネイリー」新CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された女優の川口春奈が登場した。 続きを読む

欅坂46菅井友香「新たな姿をどんどん見せていきたい」 平手友梨奈らの脱退・卒業は「申し訳ない」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 舞台「飛龍伝2020」囲み取材が29日、東京都内で行われ、出演者の菅井友香(欅坂46)、石田明、味方良介ほかが登壇した。  本作は、つかこうへいの代表作。これまで富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子ら、名だたる女優たちが演じ … 続きを読む

市川海老蔵、歌舞伎とオペラの融合舞台で主演 「海老蔵として務め切りたい」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の公演概要発表会が29日、東京都内で行われ、主演の市川海老蔵が出席した。  本公演は「東京2020NIPPONフェスティバル」の最初の主催プログラムとして開催される … 続きを読む

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

page top