広瀬すず“キネ旬”新人女優賞を受賞 「お姉ちゃんたちとの出会いが大きかった」

2016年2月13日 / 19:38
新人賞を受賞した広瀬すず

新人賞を受賞した広瀬すず

 「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が13日、東京都内で行われ、受賞者の深津絵里、二宮和也、本木雅弘、広瀬すず、篠原篤、橋口亮輔監督ほかが登壇した。

 同賞は1919年に創刊された映画雑誌『キネマ旬報』が1924年度から発表している映画賞。

 新人賞は『海街diary』(是枝裕和監督)で四女をみずみずしく演じた広瀬に贈られた。広瀬は、「とても大きな賞を贈っていただき本当にありがとうございます」と喜びのあいさつを。

 「こうした大きな舞台に立つことはすごく不思議な感覚」としたうえで、「日々『海街diary』という作品への思いがどんどん強くなってきています。監督や(共演した)お姉ちゃんたち(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)に出会えたことがすごく自分の人生にとって大きかったなと毎日あらためて感じていて…。これからもっともっといろんな映画に染まり、お姉ちゃんたちの背中を見て、またこういった所に帰ってこられるように頑張りたいなと思っております」と言葉に力を込めた。

 また、台本無しでせりふが口頭で伝えられるという撮影スタイルだったため「クランクインしても映画の内容がよく分からず、オールアップしてもよく分からず…。完成して(初めて)“あっ、こういう映画なんだ”と思いました」と苦笑い。だが「お芝居をしている感覚が本当になくて、不思議なんですが自分にとっていい意味で緊張せず、そのままの気持ちで現場にいることができました」と振り返り「感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。

 また、撮影後も是枝監督と会う機会があるという広瀬は「最近、ネイルをしたりしているのですが、『また色気づいちゃって』、『大人っぽくなっちゃって』などと言われてます」と監督からの突っ込みを明かし、会場の笑いを誘った。

「第89回キネマ旬報ベスト・テン」の主な受賞者は以下の通り。

日本映画監督賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
日本映画脚本賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
主演男優賞:二宮和也『母と暮せば』
主演女優賞:深津絵里『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』
助演男優賞:本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞:黒木華『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
新人女優賞:広瀬すず『海街diary』
新人男優賞:篠原篤『恋人たち』
外国映画監督賞:ジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


芸能ニュース

(左から)松田凌、浦井健治、間宮祥太朗、松井玲奈

間宮祥太朗「すごいクレームが来ました」 松井玲奈「恋愛は肉食系ではないので…」

ドラマ2016年10月1日

 ドラマ「ニーチェ先生」Blu―ray&DVD発売記念イベントが1日、東京都内で行われ、出演者の間宮祥太朗、浦井健治、松井玲奈、松田凌が登場した。  本作は“さとり世代”の大型新人アルバイト仁井智慧(通称ニーチェ先生)らが繰り広げるコンビニ … 続きを読む

セクシーな衣装で登壇した西内まりや

西内まりや、美脚きらめくセクシー衣装で登場 石田ニコルとのガチンコアクションに「ハラハラ」

映画2016年10月1日

 映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の西内まりや、三浦貴大、石田ニコル、永瀬匡、今井れん、原作者の永井豪氏が出席した。  本作は、AIに支配され、富裕層が暮らす上層階と貧困層が暮 … 続きを読む

すご腕のカメラマンを演じた福山雅治

福山雅治「黒柳徹子さんとメールアドレスを交換した」 二階堂ふみ、東京の夜は「若々しく遊んでます」

映画2016年10月1日

 映画『SCOOP!』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー、大根仁監督が登場した。  本作は、芸能スキャンダルから社会事件までさまざまなネタを追い掛けるカメラマンと記 … 続きを読む

「レティスとラベッジ」公開稽古での黒柳徹子

黒柳徹子「皆女子力が高いと言ってくれる」 ファンからのインスタコメントに新鮮さも

舞台・ミュージカル2016年10月1日

 舞台「レティスとラベッジ」の公開舞台稽古および囲み会見が9月30日、東京都内で行われ、出演者の黒柳徹子、麻実れいが出席した。  ピーター・シェーファーによる傑作コメディーである本作は、2000年の再演から16年ぶり3度目の上演となる。初演 … 続きを読む

(左から)野波麻帆、向井理、平田満、蓬莱竜太氏

向井理“イケメン評価”に複雑な思い 「自分でそんなふうに思ったこともない」

舞台・ミュージカル2016年9月30日

 舞台「星回帰線」の囲み取材が30日、東京都内で行われ、出演者の向井理、平田満、野波麻帆、作・演出の蓬莱竜太氏が登壇した。  本作の主人公は、かつての恩人に呼ばれ、彼のもとを訪れた青年・三島(向井)。そこで、自給自足的な生活を送る工房の人々 … 続きを読む

more
page top