阪本順治」に関連する件の記事

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

ほぼ週刊映画コラム2020年7月3日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません』が7月3日から全国・・・続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

インタビュー2020年6月28日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません』が7月3日・・・続きを読む

石橋蓮司「“生前葬”みたいな雰囲気だった」 桃井かおり「余力があるうちに」

TOPICS2020年3月10日

 映画『一度も撃ってません』完成報告会見が9日、東京都内で行われ、出演者の石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、江口洋介、妻夫木聡、井上真央、阪本順治監督ほかが出席した。  本作は、ちまたでは“伝説のヒットマン”とうわさされているが、実際はた・・・続きを読む

【映画コラム】現代の社会派エンターテインメント作『人類資金』

ほぼ週刊映画コラム2013年10月19日

 原作・福井晴敏、監督・阪本順治という『亡国のイージス』(05)のコンビが再び手を組んだ『人類資金』が19日から全国公開された。  本作は、戦後、GHQ(連合国軍総司令部)に押収され、ひそかに運用されてきたとされる旧日本軍の“M資金”をめぐるエコノミックサス・・・続きを読む

佐藤浩市「骨太なエンターテインメント作品」 『人類資金』完成報告会見

TOPICS2013年8月27日

 映画『人類資金』の完成報告会見が27日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市、森山未來、仲代達矢、阪本順治監督、原作者の福井晴敏氏が登壇した。  本作は、旧日本軍の隠し資産「M資金」を題材に、世界各地でロケを行ったエコノミックサスペンス大作。  福井氏は・・・続きを読む

  • 1

page top