氷川きよし」に関連する55件の記事

氷川きよしの2020年締めくくるスペシャルコンサートに1万人が集結

音楽ニュース2020年12月17日

 今年でデビュー満20周年を迎え、最新シングル「母」がロングヒット中の歌手・氷川きよしが16日、東京・千代田区の東京国際フォーラム・ホールAで【氷川きよしスペシャルコンサート2020~きよしこの夜Vol.20~】と銘打ったコンサートを開いた。  今年は、新型コロナウイル・・・続きを読む

布袋寅泰、アルバム『Soul to Soul』参加の吉井和哉より届いたメッセージ映像を公開

音楽ニュース2020年11月28日

布袋寅泰が11月25日(水)にリリースした14年振りのコラボレーションアルバム『Soul to Soul』に参加している吉井和哉のメッセージ映像をYouTubeにて公開した。 吉井はMV撮影時、布袋の代名詞である幾何学模様の「布袋モデル」を持たせてもらった際に、「提げたんですけど、・・・続きを読む

布袋寅泰、アルバム『Soul to Soul』より氷川きよしとのコラボ楽曲「Don't Wanna Lie 」のMVを公開

音楽ニュース2020年11月25日

布袋寅泰が14年ぶりのコラボレーションアルバム『Soul to Soul』を11月25日(水)にリリースした。併せて、発表時から驚きのコラボレーションとして注目を集めてきた収録曲「I Don't Wanna Lie feat. 氷川きよし」のMVがYouTubeにて公開された。 MVはアルバム制作同様、完全・・・続きを読む

氷川きよし、衣裳も豪華な芝居×コンサートの特別公演が開幕

音楽ニュース2020年11月20日

 氷川きよしが座長を務める【氷川きよし特別公演】が、2020年11月19日に大阪・新歌舞伎座にて開幕した。  今回の劇場公演は新歌舞伎座新開場10周年を記念したもので、政府・大阪府及び緊急事態舞台芸術ネットワークのガイドラインにのっとり、感染症対策を実施したうえでの・・・続きを読む

布袋寅泰、14年振りのコラボアルバムより「Dangerous feat. 吉井和哉」の先行配信開始&MVを公開

音楽ニュース2020年11月11日

布袋寅泰が、11月25日(水)にリリースする14年振りのコラボレーションアルバム『Soul to Soul』より「Dangerous feat. 吉井和哉」を先行配信リリースした。併せて、YouTubeにてMVも公開されている。 コロナに揺れる時代に「音楽で世界を繋ぐ」というテーマのもと、キャリア・・・続きを読む

氷川きよし、DVD『氷川きよし 特選PV集2』リリース決定

音楽ニュース2020年11月6日

 氷川きよしが、DVD『氷川きよし 特選PV集2』を11月11日にリリースすることが決定した。 10月13日に発売となったニューアルバム『生々流転』が最新シングル『母』とともにロングヒットを重ねている氷川きよしが、5年ぶりのDVD『氷川きよし 特選PV集2』を発売することが決定・・・続きを読む

氷川きよし、新作MV「枯葉」愛の激しさを鮮明に伝える

音楽ニュース2020年10月13日

 氷川きよしが、2020年10月13日にリリースするニュー・アルバム『生々流転』より、初回限定スペシャル盤のDVDに収録されている「枯葉」のミュージックビデオ(1コーラス)を公開した。  アルバム『生々流転』には、シングル「母」をはじめとするオリジナル曲12曲、名曲カバ・・・続きを読む

氷川きよし、新AL『生々流転』初回限定スペシャル盤DVD収録のロックな「白い衝動」MV公開

音楽ニュース2020年10月6日

 氷川きよしが新曲「白い衝動」のミュージックビデオ(1cho.)を公開した。https://youtu.be/uX_yTwvdBkI  10月13日リリースのニューアルバム『生々流転』初回限定スペシャル盤のDVDに収録される同MV。白の衣装で白を基調とした世界観を演出、そしてバンドを背負っての疾走・・・続きを読む

氷川きよし、新AL『生々流転』詳細発表&ニュービジュアル公開

音楽ニュース2020年9月29日

 氷川きよしが、10月13日に発売を予定しているニューアルバム『生々流転』の詳細を公開した。 内容はシングル「母」をはじめとするオリジナル曲12曲に加えて名曲カバー2曲の全14曲を収録。演歌あり、ロックありのジャンルの枠を超えた、まさしく“ジャンル:氷川きよし”とい・・・続きを読む

布袋寅泰、世界7カ国からアーティストを迎えたコラボアルバム『Soul to Soul』の発売が決定

音楽ニュース2020年9月17日

布袋寅泰が、11月25日(水)に14年振りとなるコラボレーションアルバム『Soul to Soul』をリリースすることがわかった。発表に併せて本人からのコメントも到着している。 孤独に包まれた世界に届ける、布袋にしかできない、布袋だからこそできる、キャリアも国境も超えた究・・・続きを読む

【先ヨミ】氷川きよし初のポップスアルバム『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が現在首位 スカイピース、NU’ESTが続く

音楽ニュース2020年6月11日

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年6月8日~6月10日の集計が明らかとなり、氷川きよしの『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が12,149枚を売り上げて首位を走っている。 氷川きよし初のポップス・アルバムとなる今作には、GReeeeNが作詞・作曲を手掛けた「碧し」や・・・続きを読む

氷川きよし、初のポップスアルバム『Papillon (パピヨン )-ボヘミアン・ラプソディ-』ビジュアル解禁

音楽ニュース2020年5月11日

 氷川きよしが6月9日リリース予定の初のポップスアルバム『Papillon (パピヨン )-ボヘミアン・ラプソディ-』の詳細が解禁された。  収録内容は2019年の紅白歌合戦や日本レコード大賞などでも歌唱した 「限界突破 ×サバイバー 」 や GReeeeN 作詩作曲による 「碧し」 などの既発・・・続きを読む

氷川きよし、ミュージックビデオ21作品を公開

音楽ニュース2020年4月18日

 氷川きよしが、自身のミュージックビデオ21作品を公開した。  本人発案で、デビューから新作までの初公開15作品を含むMVを、YouTubeの再生リストにて1コーラスずつ一斉公開。過去にアップしたことがなかったデビュー曲「箱根八里の半次郎」や「きよしのズンドコ節」、日本・・・続きを読む

氷川きよし、デビュー曲「箱根八里の半次郎」を含むMV全21作品をYouTubeで解禁

音楽ニュース2020年4月18日

氷川きよしが4月18日に日本コロムビアのオフィシャルYouTubeチャンネルで「#歌で笑顔に21 氷川きよし」と題し、これまで発表してきたMV全21作品を一挙公開した。 氷川自身の発案で、自身のデビュー曲から最新作までMVをYouTubeの再生リストにて1コーラスずつ一斉公開するこ・・・続きを読む

氷川きよし、「ボヘミアン・ラプソディー」カバー動画公開

音楽ニュース2020年3月15日

 氷川きよしが、カバー曲「ボヘミアン・ラプソディー」の初歌唱動画を公開した。https://youtu.be/UzVoSDsMOX8 氷川は、2019年12月に東京国際フォーラムAで行われた【氷川きよし・スペシャルコンサート2019 きよしこの夜Vol.19】で、「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語バ・・・続きを読む

氷川きよし、ポップス曲のみスペシャルコンサート放送決定

音楽ニュース2020年2月29日

 氷川きよしが、ポップス曲のみで構成されたスペシャルコンサート【KIYOSHI special concert 2015 ~KIYOSHI'S SUMMER~】の模様をWOWOWで放送することが決定した。 2015年に、ポップスやロックなどの演歌以外の楽曲に挑む際に使われるKIYOSHIの名義で開催された浦安・舞浜・・・続きを読む

【先ヨミ】氷川きよし『母』が1.9万枚で現在シングル首位、約10年ぶりセールス首位なるか

音楽ニュース2020年2月6日

今週のCDシングル売上レポートから2020年2月3日~2月5日の集計が明らかとなり、氷川きよしの『母』が19,377枚を売り上げ、現在首位に立っている。  本作は2月2日にデビュー満20年を迎えた氷川きよしの35枚目のシングルで、表題曲の「母」の作詩をなかにし礼、作曲を杉本眞人・・・続きを読む

氷川きよし、ニューシングル『母』を2/4にリリース  新ビジュアル&コメントも公開

音楽ニュース2020年1月14日

 氷川きよしが、2020年2月4日にニューシングル『母』をリリースする。  表題曲「母」は、いつの時代も変わらない母への思いを表現した楽曲となっているとのこと。「母」は2012年日本レコード大賞優秀作品賞受賞作品「櫻」の作詩をつとめた、なかにし礼が手掛けた作品となり・・・続きを読む

氷川きよし、年末恒例のスペシャルコンサート『きよしこの夜』をWOWOWで放送

音楽ニュース2019年12月12日

2001年から続く氷川きよしが贈る冬のスペシャルコンサート。王道の演歌からポップスまで、氷川の熱唱が聴く人の心を温かく解かしていく! 氷川きよしが2001年からスタートさせ、ファンから絶大な人気を博す年末恒例のスペシャルコンサート『きよしこの夜』。2019年12月に行・・・続きを読む

令和元年・紅白、勝手に期待している出場者5組!

音楽ニュース2019年12月2日

早いもので、気付けば今年もあと1カ月。2019年、個人的には内田裕也・萩原健一・遠藤ミチロウという、現代ではもう現れないであろう個性と音楽の神様に愛された人たちが、揃いも揃って旅立った、世の中がまた一歩(いや、一気に三歩)つまらなくなってしまった年であったなと。・・・続きを読む

page top