リドリー・スコット」に関連する11件の記事

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

ほぼ週刊映画コラム2021年10月14日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(9・・・続きを読む

【映画コラム】記憶にまつわるSFラブロマンス『レミニセンス』

ほぼ週刊映画コラム2021年9月15日

 『メメント』(00)『ダークナイト』(08)『ダークナイト ライジング』(12)『インターステラー』(14)とクリストファー・ノーラン監督作品で脚本を担当してきた、弟のジョナサン・ノーランが製作し、彼の妻のリサ・ジョイが監督した、記憶にまつわるSF話『レミニセン・・・続きを読む

【映画コラム】『シャイニング』の40年後の続編『ドクター・スリープ』

ほぼ週刊映画コラム2019年11月26日

 スティーブン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督の伝説のホラー映画『シャイニング』(80)の続編『ドクター・スリープ』が11月29日から公開される。前作の40年後をマイク・フラナガン監督が描く。  まずは、最近では、スティーブン・スピルバーグ監督・・・続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

インタビュー2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで映像化したNetflix映・・・続きを読む

【芸能コラム】街の魅力を再発見! 日本で撮影された外国映画 『マンハント』『ブラック・レイン』『007は二度死ぬ』ほか

ほぼ週刊芸能コラム2018年3月6日

 現在公開中の『マンハント』は、福山雅治をはじめとしたアジアのスターが顔をそろえ、無実の罪で追われる男と、彼を追う刑事がたどる運命を描いた物語。この作品の見どころは、巨匠ジョン・ウー監督ならではの迫力のアクションだが、もう一つ、全編が大阪を中心とした日本・・・続きを読む

“大逆転劇”で話題の『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』、ワールドプレミアにリドリー・スコット監督ら登壇

音楽ニュース2017年12月20日

 【第75回ゴールデングローブ賞】で3部門(監督賞、助演男優賞、主演女優賞)にノミネートされた『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が現地時間12月18日に米ビバリーヒルズにて開催され、リドリー・ スコット監督やキャストのミシェル・ウィリアムズ、クリ・・・続きを読む

降板劇から逆転、リドリー・スコット監督『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』がGG賞にノミネート! コメントも到着

音楽ニュース2017年12月12日

 リドリー・スコット監督作、映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が【第75回ゴールデン・グローブ賞】にて3部門にノミネートされ、監督やキャストのコメントが到着した。  この度ノミネートされたのは、主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)、助演男・・・続きを読む

【映画コラム】前作からのファンは満足するが…『ブレードランナー2049』

ほぼ週刊映画コラム2017年10月28日

 SF映画『ブレードランナー』(82)の35年ぶりの続編となる『ブレードランナー2049』が公開された。  舞台は、前作の2019年から30年後の世界。ロサンゼルス市警のブレードランナーK(ライアン・ゴズリング)は、レプリカント(人造人間)を捜査する中で、謎を究明・・・続きを読む

【インタビュー】『ブレードランナー2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「この映画は前作へのラブレターです」

インタビュー2017年10月26日

 SF映画の名作『ブレードランナー』(82)の、35年ぶりの続編となる『ブレードランナー2049』が、いよいよ10月27日から公開される。前作のリドリー・スコットから監督の座を引き継いだのは、『メッセージ』(16)でアカデミー賞の監督賞候補となった鬼才ドゥニ・ヴィルヌ・・・続きを読む

【映画コラム】第三部への布石『エイリアン:コヴェナント』

ほぼ週刊映画コラム2017年9月16日

 『エイリアン』シリーズ新三部作の第二作『エイリアン:コヴェナント』が公開された。  人類の移住計画を託された宇宙船コヴェナント号は、人類の新たな楽園となり得る未知の惑星にたどり着く。だが、そこには想像を絶する生物が存在し、乗組員たちは星からの脱出を・・・続きを読む

【映画コラム】明るく前向きな主人公に魅了される『オデッセイ』

ほぼ週刊映画コラム2016年2月6日

 火星に一人取り残された男のサバイバルの様子をダイナミックに描いた『オデッセイ』が公開された。  火星での探査中に、激しい嵐に巻き込まれ、行方不明となったマーク・ワトニー(マット・デイモン)。他の乗務員は彼が死んだものと思い火星を去るが、どっこいワトニ・・・続きを読む

  • 1

amazon

page top