綿矢りさの「夢を与える」初連続ドラマ化  小松菜奈&菊地凛子がW主演

2015年2月19日 / 15:17

 ダブル主演する小松菜奈(左)と菊地凛子

 芥川賞作家・綿矢りさの小説『夢を与える』が5月放送予定のWOWOW土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 夢を与える」として初めて連続ドラマ化され、小松菜奈と菊地凛子がダブル主演することが分かった。

 本ドラマは、娘に夢を託す元モデルの母・阿部幹子(菊地)と、スターの座に上り詰めるもやがて転落していく娘・夕子(小松)による華やかな芸能界を舞台にしたスキャンダラスな物語。

 脚本を読んでの感想を「不思議と私と夕子はちょっと考えが似ているかもと思わされる部分があったりしてとても面白いお話だと思いました」と振り返った小松は、役柄の14歳から18歳までを演じるに当たって「周りの環境や感情的にも微妙なものを抱えている年頃の子を私なりにどう演じていくか、自分でも楽しみです」と意気込んだ。

 菊地は「夢を与える」というタイトルについて「虚構の世界の中だけで鈍く響く言葉のように感じ、また主人公がそれに翻弄(ほんろう)されていくというのはたいへんに見応えのある作品になるのでは」と感じたという。自身の役柄については「大きな子がいる母親役は今回が初めてで、母性はありながらも娘を自分の思いのままにしていこうとする役柄です。彼女の神経質な部分を楽しんで演じています」と役作りを明かした。

 また、小松はダブル主演する菊地の印象を「最初のイメージは、さばさばした人だろうなと思っていました。お会いしてお話しするととても気さくで、さばさばしたところもありつつおちゃめでかわいい方です」と語った。一方、菊地は小松を「真っすぐなお人形のような瞳が印象的で、とても集中力のある方です」と表現していた。

 夕子の幼少時代を谷花音、広告代理店のクリエーティブディレクターをオダギリジョー、夕子が出会うダンサーを真剣佑が演じるほか、太田信吾、永岡佑、陰山泰、濱田龍臣、田中泯、夏帆、浅野和之らが出演する。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top