綿矢りさの「夢を与える」初連続ドラマ化  小松菜奈&菊地凛子がW主演

2015年2月19日 / 15:17

 ダブル主演する小松菜奈(左)と菊地凛子

 芥川賞作家・綿矢りさの小説『夢を与える』が5月放送予定のWOWOW土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 夢を与える」として初めて連続ドラマ化され、小松菜奈と菊地凛子がダブル主演することが分かった。

 本ドラマは、娘に夢を託す元モデルの母・阿部幹子(菊地)と、スターの座に上り詰めるもやがて転落していく娘・夕子(小松)による華やかな芸能界を舞台にしたスキャンダラスな物語。

 脚本を読んでの感想を「不思議と私と夕子はちょっと考えが似ているかもと思わされる部分があったりしてとても面白いお話だと思いました」と振り返った小松は、役柄の14歳から18歳までを演じるに当たって「周りの環境や感情的にも微妙なものを抱えている年頃の子を私なりにどう演じていくか、自分でも楽しみです」と意気込んだ。

 菊地は「夢を与える」というタイトルについて「虚構の世界の中だけで鈍く響く言葉のように感じ、また主人公がそれに翻弄(ほんろう)されていくというのはたいへんに見応えのある作品になるのでは」と感じたという。自身の役柄については「大きな子がいる母親役は今回が初めてで、母性はありながらも娘を自分の思いのままにしていこうとする役柄です。彼女の神経質な部分を楽しんで演じています」と役作りを明かした。

 また、小松はダブル主演する菊地の印象を「最初のイメージは、さばさばした人だろうなと思っていました。お会いしてお話しするととても気さくで、さばさばしたところもありつつおちゃめでかわいい方です」と語った。一方、菊地は小松を「真っすぐなお人形のような瞳が印象的で、とても集中力のある方です」と表現していた。

 夕子の幼少時代を谷花音、広告代理店のクリエーティブディレクターをオダギリジョー、夕子が出会うダンサーを真剣佑が演じるほか、太田信吾、永岡佑、陰山泰、濱田龍臣、田中泯、夏帆、浅野和之らが出演する。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top