榮倉奈々、2人からの好意は「実際にはわずらわしい」 向井理からのエスコートを断る

2015年2月9日 / 20:03

 (左から)向井理、榮倉奈々、豊川悦司

 映画『娚(おとこ)の一生』の先行上映イベント&舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、豊川悦司、向井理、安藤サクラ、廣木隆一監督ほかが出席した。

 豊川にエスコートされ、向井に見守られながら大階段を降りて報道陣の前に登場した榮倉は「この演出はちょっと照れくさいです」と照れ笑いを浮かべた。

 舞台あいさつに再登壇した際には向井から「台本だと『2人にエスコートされる』と書いてあったんですが、直前に(榮倉さんに)断られてしまって」と明かされ、榮倉は「両手に、というのもどうかなと思って。恥ずかしいです」とごまかした。

 劇中では榮倉演じる元キャリアのつぐみが、豊川演じる大学教授の海江田と向井演じる元カレの中川の2人から好意を寄せられるシーンもある。榮倉は「これは、実際だったらわずらわしいですよね。もめ事は嫌だな。いろいろな男性に思いを寄せられるつぐみちゃんはうらやましくもあり、わずらわしいなとも思います」とリアルな感想を語って笑わせた。

 また、海江田教授の「恋なので、仕方ありませんでした」というせりふについて、榮倉は「言われたいと思ったけど、『恋なので~』と言える恋がしたいな。それが全てですもんね」と乙女心をのぞかせた。

 さらにせりふ通りの恋愛エピソードを問われた豊川は「中学生の時に好きな子の家に告白しに行ったらその子のお父さんが出てきて、『おまえはそういうことが分かっているのか』と説教されてしまって。好きなんだもん、仕方ないよねと思った記憶があります」と振り返った。

 映画は2月14日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

「クラスメイトの女子、全員好きでした」“脛男”木村昴の新たな強烈エピソードに反響 「ごめんなさい。こんなにおもしろいと思わなかった」

2024年7月19日

 木村昴主演、新川優愛出演ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村)が、中学時代に恋 … 続きを読む

「ギークス」“西条”松岡茉優の“イケメン隣人”白洲迅に関心集まる 「彼も何らかのギークなのか」「正体と魂胆を知りたい」

ドラマ2024年7月19日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第3話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

ミュージカル「黒執事」、「寄宿学校編」を再演 立石俊樹「より高みをめざして、より深く掘り下げてお届けしたい」

舞台・ミュージカル2024年7月18日

 ミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密 2024~の合同取材会が行われ、出演者の立石俊樹と上田堪大が公演への思いを語った。  本作は、月刊「Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の大人気漫画を舞台化。今回は、2021年3月 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「何か不思議な病院だけど、ここで働いてる人たちはみんなここが好きなんだね」「命を助けられなくても美容皮膚科医も立派な医者」

ドラマ2024年7月18日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第3話が、17日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「あの子の子ども」女子高生“福”桜田ひより、妊娠が判明し不安があふれ… 「中高生に見てもらいたい」「学校の授業で流すのもいい」

ドラマ2024年7月17日

 桜田ひよりが主演するドラマ「あの子の子ども」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校2年生カップル・川上福(桜田)と月島宝(細田佳 … 続きを読む

Willfriends

page top