宮沢りえ、7年ぶりの主演映画への経緯を語る 「30歳のとき“これじゃいけない”と思った」

2014年10月25日 / 16:44

 (左から)池松壮亮、宮沢りえ、吉田大八監督

 映画『紙の月』の記者会見が25日、東京都内で行われ、出演者の宮沢りえ、池松壮亮、吉田大八監督が出席した。

 都内の六本木で開催中の東京国際映画祭「コンペティション」部門に日本代表として名を連ねる本作。自信のほどを聞かれた吉田監督が「競争ですから。負けたくはないです」と語ると、宮沢も「撮影中は妥協なく、本当にこれ以上のことはできないという思いで毎回シーンに挑んだ。その積み重ねで出来上がった映画なので、自信があるといえばあるし、胸を張って皆さんにお届けできる映画になったと思う」と手応えを語った。

 また先日行われたイベントで、本作について「7年ぶりの主演(映画)ということで、今までためておいたものを全て出し切りました」と語った宮沢に、その真意を問う声が上がった。

 宮沢は「30歳で野田秀樹さんの『透明人間の蒸気(ゆげ)』という舞台に携わったとき、あまりの自分の無力さに驚いて“これじゃいけない”と思った。それ以降、できるだけ舞台に心と時間を費やして、40歳になったときにちゃんと舞台に立っていられる役者になりたいという目標を立てた」と振り返った。

 また「30代を舞台中心で過ごした結果、たくさんの発見、学びがあり豊かになれた。40歳になり、これからは舞台と映像とをバランスよくやっていこうと思った。そのタイミングにこの作品のオファーが来た。この7年間で自分が得たものを映像の世界に返そう、放出しようと思った」と説明した。

 映画は11月15日から公開。


芸能ニュースNEWS

堀田真由「家でゆったりと4Kを楽しんでいる」 「宇多田ヒカルさんのライブにハマった」

トレンド2020年2月19日

 DEGジャパン主催「第12回 日本ブルーレイ大賞 授賞式」が19日、東京都内で行われ、アンバサダーを務める女優の堀田真由が登場した。 続きを読む

「麒麟がくる」新キャストにユースケ、本郷奏多ら 長谷川博己「遠慮は要りません」

ドラマ2020年2月19日

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の新たな出演者発表会見が19日、東京都内で行われ、新キャストのユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、本郷奏多、安藤政信が、主人公・明智光秀役の長谷川博己と共に登場した。  越前の領主・朝倉義景を演じるユースケは … 続きを読む

杏、夫・東出の不倫騒動にコメント 「今後についてはゆっくり考えたい」

イベント2020年2月18日

 「文化プログラム参加促進シンポジウム」が18日、東京都内で行われ、ゲストとして女優の杏が出席し、“日本の歴史と文化に造詣の深い人物”としてトークを実施した。  歴史好きになったきっかけを問われると、「まずは幕末にハマった。当時って風景写真 … 続きを読む

坂口健太郎「頑張ったかいがあった」 『仮面病棟』の出来栄えに自信あり

映画2020年2月18日

 映画『仮面病棟』のジャパンプレミアが17日、東京都内で行われ、出演者の坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、大谷亮平、高嶋政伸と木村ひさし監督が登壇した。  本作は、医師でもある知念実希人氏のベストセラー小説を映画化。ピエロの仮面をつけた凶悪犯 … 続きを読む

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top