井上真央、大河新キャスト発表に「胃がきりきりする」 大河初出演・劇団ひとりが伊藤博文役に

2014年7月11日 / 16:53

 井上真央を中心に、新たに発表された11人の新キャストが勢ぞろい

 井上真央が主演するNHKの2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の新たな出演者発表会見が11日、東京都内で行われ、井上の他、新たに発表された11人のキャストが出席した。

 来年1月から放送されるドラマは、幕末の思想家で高杉晋作、伊藤博文らを育てた吉田松陰の妹・文(後に美和と改名)の成長を中心に、困難を乗り越える家族の絆、松陰の志を継いだ若者たちによる青春群像を描く。

 杉家の面々として文の母・滝に檀ふみ、父・百合之助に長塚京三、叔父の玉木文之進に奥田瑛二、兄・梅太郎(民治)に原田泰造、姉・寿に優香がそれぞれ決定した。

 また、長州藩第13代藩主の毛利敬親を北大路欣也、長州藩の重臣・周布政之助を石丸幹二が演じるほか、松下村塾の塾生・吉田稔麿を瀬戸康史、伊藤博文を劇団ひとり、入江九一を要潤、野村靖を大野拓朗がそれぞれ演じる。

 井上とは1995年に同局で放送されたドラマ「藏」以来、20年ぶりの共演となる檀は「あの時は叔母さんの役でしたが今回は母親。これから1年、真央ちゃんを支えていけると思うと楽しみです」と語った。

 井上も「7歳で共演させていただいた時に、女優さんになりたいと思わせてくれた方。うれしいし、ちゃんと成長した姿を見せないといけないとも思っています」と笑顔を見せ「そうそうたる皆さんの中心に立つことなんてそうないし、胃がきりきりする思いですが、最後だと思って腹をくくって頑張ります」と熱く意気込みを語った。

 一方、原田が「松陰の遺志を継いで杉家を温かく見守った方なので、役作りも真心を込めて一生懸命頑張っていきたいと思います」と丁寧に語ると、優香も「大河は『新選組!』以来10年ぶりなので、うれしく思います。見ている人が楽しくなるよう頑張ります」とアピール。石丸は演じる周布について「“中間管理職”の悩みをずっと抱えていた人なのではないかと思います。見ているサラリーマンの方が共感できるような男を演じられれば」とユーモアを交えながら語った。

 大河初出演で初代内閣総理大臣となる伊藤を演じる劇団ひとりは「そうそうたるメンバーの中、初代総理大臣になった人を演じるのはプレッシャーですが、負けないように頑張ります」と語る一方、「プロデューサーから『イケメン大河なのでイケメンにしかお願いしません。だからひとりさんにお願いしました』と半笑いで言われました。うまくやっていく自信がない」と笑わせた。

 これまで、文の夫・小田村伊之助(のちの楫取素彦)を大沢たかお、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、文が最初に嫁ぐ久坂玄瑞を東出昌大が演じることが発表されている。


芸能ニュースNEWS

ENEOS応援団特設サイトで ドラマ「その火は、必ず来る」公開開始 

CM2020年1月20日

 東京 2020 オリンピック聖火リレーサポーティングパートナーのENEOSは 、3月に福島県からスタートするオリンピック聖火リレーを盛り上げるため、「東京 2020 オリンピック聖火リレーを応援しよう!ENEOS応援団」を結成した。  総 … 続きを読む

伊織もえ「ルーズソックスの長さにびっくり」 イベントで“制服コスプレ姿”を披露

トレンド2020年1月20日

 「とある電撃姫の蹴自販機」設置記念イベントが20日、東京都内で行われ、人気コスプレイヤーの伊織もえが出席した。 続きを読む

村井良大、初舞台の甲斐翔真に「すごくフレッシュ!」 吉柳咲良「今までの役とは正反対の役」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 ミュージカル「デスノート THE MUSICAL」の公開フォトコールと囲み取材が19日に、東京都内で行われ、出演者の村井良大、甲斐翔真、高橋颯、吉柳咲良が登壇した。  大ヒット漫画『DEATH NOTE』をミュージカル化した本作。今回は2 … 続きを読む

観月ありさ、4K撮影に苦笑 「見えちゃいけないものまで…」

ドラマ2020年1月20日

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、田辺誠一が出席した。  本作は、妻(観月)は刑事、夫(田辺)はミステリー作家、という最強の夫婦が、一人息子と共に、ご近所や出先で起 … 続きを読む

三浦翔平、真面目なのにスタッフから注意 三浦「真面目にやっていますけど」

ドラマ2020年1月20日

 WOWWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」のトークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の三浦翔平、須賀健太、崎山つばさが出席した。  本作は、5月に上演される同名舞台と連動したシチュエーションコメ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top