AKB48、激動の1年半を振り返る 高橋みなみ「悲しくつらいことが多かった」

2014年7月3日 / 20:28

 総監督の高橋みなみをはじめ13人のAKB48メンバーと高橋栄樹監督

 映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』の舞台あいさつ付き前夜祭イベントが3日、東京都内で行われ、AKB48の高橋みなみ、渡辺麻友、柏木由紀、島崎遥香、小嶋陽菜、横山由依、北原里英、木崎ゆりあ、加藤玲奈、岡田奈々、倉持明日香、西野未姫、向井地美音、高橋栄樹監督が出席した。

 本作は高橋監督自らがカメラを担いでAKB48の1年半の活動に密着。大島優子が卒業を発表した昨年の大みそかの「NHK紅白歌合戦」から大組閣祭り、被災地支援活動、国立競技場公演、総選挙、岩手県での握手会襲撃事件、大島の卒業コンサートの舞台裏までを収めた。

 この日は、登壇順にメンバーがコメント。若手メンバーがそれぞれの1年半を振り返る中、高橋は「私たち大人のメンバーが成長するスピードよりも、若い子たちがどんどん早く成長していくので、見ていて楽しいです」としみじみ語った。

 また最後にコメントの順番が回ってきた高橋は「この1年半はAKB48にとってさまざまな出来事がありました。楽しいことよりは、悲しかったりつらいなと思うことの方が多かったのかなと思います」と真剣な表情を浮かべ「(握手会の)事件についても触れています。ドキュメンタリー映画である以上、避けては通れない出来事でした」と振り返った。

 さらに高橋は「つまずいて転んで、立ち上がりたくても立ち上がれないとき、近くにいてくれたのはメンバーであり皆さんでした」とファンに呼び掛け、「どんなに転んでもつまずいても、立ち上がれば次に進むことができる。私もこの作品を見て、あらためて前に進みたいと思いました」と語った。

 映画は7月4日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top