平田薫、ピース綾部とのキスを振り返る 「顎まで食べられるんじゃないかと」

2013年6月19日 / 20:21

 綾部祐二(左)と平田薫

 映画『R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私』のBlu-ray&DVD発売記念イベントが19日、東京都内で行われ、主演の平田薫とピースの綾部祐二がトークショーを行った。

 本作は、「女による女のためのR-18文学賞」の大賞に輝いた蛭田亜紗子さんの同名小説を映画化。自分の体を縄で縛り上げることをひそかに趣味とする百合亜(平田)の姿を描く。

 平田は「最初は自縄自縛という言葉が何のことやら分からず、漢字すら読めなかった」と苦笑。役作りについて「体に縄をなじませるために、約1カ月半、毎日必ず縛るようにした。縛ったまま朝まで過ごしたこともある。百合亜と同じようにネットで緊縛の教科書を買って勉強もした」とはにかみながら明かした。

 一方、百合亜の恋人役を演じた綾部は本作で“人生初のキスシーン”に挑戦。これまでも平田と映画で共演経験があった綾部は「非常に興奮しました。知り合った人とマジマジとキスするなんてなかなか経験できないシチュエーションなので」とニヤけまくり。

 さらに「竹中直人監督から『普段の男・綾部がしているキスをそのままやってくれ』と指令された」という綾部は、濃厚なキスを披露。「もう35歳ですから。そんな小鳥みたいなチュッチュはしませんよ」と語ると、平田が「顎まで食べられるんじゃないかと思った」と撮影時の驚きを振り返った。

 報道陣から最近のキスについて尋ねられた綾部は「そりゃいっぱいする機会はありますよ。普段からキスはしとかなくちゃ」と回答。「何マタ?」と突っ込まれると「何マタとかじゃない。同時進行じゃない。付き合っている彼女がいるわけではないので」と釈明した。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top