加瀬亮「ユースケさんは大げさ」 『はじまりのみち』初日舞台あいさつ

2013年6月1日 / 14:21

 (左から)斉木しげる、濱田岳、田中裕子、加瀬亮、ユースケ・サンタマリア、原恵一監督

 映画『はじまりのみち』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の加瀬亮、田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳、斉木しげる、原恵一監督が登壇した。

 本作は、『二十四の瞳』などさまざまな名作を生み出した、日本を代表する映画監督・木下惠介の生誕100年記念映画。戦時中、病身の母を疎開させるためリヤカーに乗せて山越えをした若き日の木下監督の実話を基に、旅のエピソードを交えながら母と子の情愛を描く。

 出演者は、夏のシーンを晩秋に撮影したことから「寒さが身に染みた」と口をそろえた。リヤカーを引くシーンでは“雨降らし”もあったといい、ユースケは「使い捨てカイロ20個を“ユースケ貼り”してました」と厳しい寒さについてアピールしたが、加瀬は「ユースケさんは大げさなので…」と苦笑した。

 さらに、濱田が「僕は、ゴム長靴のような雨がっぱを持っていて、防寒対策ばっちりだったので、実はちょっと汗ばむぐらいだった。でも、先輩方が凍えていたのでそこは適当に話を合わせていました」と告白。ユースケは「あのとき『寒いね』って言ったら『寒いっすね』って言ってたのに…」と肩を落とし、笑いを誘った。

 また、母親役を演じた田中は「病人の役なのでお布団を用意してもらった。みんなに比べたら超ラッキーでした」とおちゃめにコメントした。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top