妻夫木聡「監督の愛を受けながら頑張りたい」 映画『小さいおうち』製作会見

2013年4月15日 / 14:14

 (前列左から)倍賞千恵子、山田洋次監督、松たか子、(後列左から)黒木華、妻夫木聡、片岡孝太郎、吉岡秀隆

 映画『小さいおうち』の製作会見が15日、都内の東宝スタジオで行われ、出演者の松たか子、吉岡秀隆、黒木華、片岡孝太郎、妻夫木聡、倍賞千恵子、山田洋次監督が出席した。

 本作は、中島京子さんの直木賞受賞作を映画化。昭和初期と現代を交差させながら“小さいおうち”で起こったひそやかな恋愛事件の真相を描く。3月1日にクランクインし、現在は“昭和パート”の撮影が行われている。

 山田監督は「ドキドキするような色気の向こうに不安が隠されているような罪の話。こういうタイプの映画は初めてなので、恐る恐る撮っている。俳優が持っているムードや香りをどうやってカメラでキャッチできるかが重要だと思う」と語った。

 昭和パートでヒロインの時子を演じる松は「奥さま役。楽しく濃い撮影が続いているが、まだ何かが起こる予感がしてワクワクしながら撮影している。スタッフ、キャストの皆さんに、時子にしてもらっている幸せを感じる」と振り返った。

 一方、『東京家族』に続いて山田作品連続出演となった妻夫木は“平成パート”で六十数年前の真実を知る青年を演じる。「前作で(山田監督から)厳しくも温かく、愛情たっぷりの演出を受けて人間的にも成長できた。今回も監督の愛を受けながら頑張りたい」と抱負を述べた。

 映画は2014年1月全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top