「ゆりあ先生の赤い糸」“ゆりあ”菅野美穂の赤い糸のつながりに視聴者涙 「多幸感あふれる最終回」「『夫婦っていう肩書きの親友』、 すてきな言葉」

2023年12月15日 / 14:21

「ゆりあ先生の赤い糸」︎(C)テレビ朝日

 菅野美穂が主演のドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(テレビ朝日系)の最終話が、14日に放送された。

 本作は主婦の伊沢ゆりあ(菅野)が、突然現れた夫・吾良(田中哲司)の彼氏・箭内稟久(鈴鹿央士)や愛人らしき女性・小山田みちる(松岡茉優)とその子どもを家に招き入れて共同で夫の介護生活を送る奇妙なヒューマンドラマ。原作は、「手塚治虫文化賞」で大賞を受賞した入江喜和氏の同名漫画。

 伴優弥(木戸大聖)の幸せのために苦渋の決断を下したゆりあは、病院で優弥の連絡先を削除する。そして乳がん検査の結果、リンパ節への転移は見つからなかったが、ゆりあは優弥を忘れるため医師に「全摘でお願いします」と願い出る。

 一方、伊沢家で同居生活を送ってきた吾良と姑・節子(三田佳子)、みちるとその娘たちは、病気になったゆりあを全面サポートし、これまでの恩返しをしようと結束する。

 しかし、その夜、姿を消していた稟久が突然、伊沢家に現れて吾良を動けないように縛り上げる。さらに稟久は、ゆりあにナイフを向けて2人は乱闘になる。その様子を見た吾郎は「幸せだったよ」と稟久に愛の告白をする。

 その後、ゆりあは優弥に再会すると、本心を伝えて治療のためしばらく会えないと話す。後日、ゆりあが治療を終えて帰宅すると、伊沢家に戻っていた稟久は、実家の旅館を継ぐと話す。

 その後、ゆりあとみちるは、伊沢家でカフェをやるため1階を改装したいと節子に願い出る。話を聞いた節子は、「使ってほしい」と言ってゆりあに貯金通帳を渡す。そしてゆりあは、庭の手入れをするために、便利屋を探し始めるがあえて優弥の便利屋ではなく、別の便利屋に依頼をする。

 放送終了後、SNS上には「一言でいうと『運命の赤い糸は必ずしも一本ではない』という作品。男性には成し得ない人間関係形成力、維持力、修復力に感動。斬新でした」「結末を誰と誰がくっつきましたとか描かずにあえてフワッとさせるセンスの良さ。多幸感で満たされる、これこそが“余韻” 」「作品の本質はゆりあが言う『赤い糸は1人とだけつながっているわけじゃない』につながっていて見事に伏線回収」などの声が投稿された。

 また、このほか「ドラマが名作。演技も脚本もいい、私のドラマランキングトップ10入り」「優弥の作業着の背中に刺しゅうされていたのが良かった」「(節子のせりふ)『夫婦っていう肩書きの親友』、 すてきな言葉」といった声も寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top