「ゆりあ先生の赤い糸」“優弥”木戸大聖の発言がまさかの伏線に 「こんなことにつながるなんて辛すぎて、泣いた」

2023年12月8日 / 15:10

「ゆりあ先生の赤い糸」︎(C)テレビ朝日

 菅野美穂が主演のドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(テレビ朝日系)の第8話が、7日に放送された。

 本作は主婦の伊沢ゆりあ(菅野)が、突然現れた夫・吾良(田中哲司)の彼氏・箭内稟久(鈴鹿央士)や愛人らしき女性・小山田みちる(松岡茉優)とその子どもを家に招き入れて共同で夫の介護生活を送る奇妙なヒューマンドラマ。原作は、「手塚治虫文化賞」で大賞を受賞した入江喜和氏の同名漫画。

 昏睡(こんすい)状態から回復した吾良は、突然口を開き、みちるの次女・小山田みのん(田村海夏)は自分の子だと断言した。しかし、それは吾良の介護に縛られてきた稟久を自由にするためについたうそだった。

 しかし、真相を知らない稟久は、吾良への愛を断ち切るかのように、バレエ講師・松川智(黒羽麻璃央)との交際を始める。そんな稟久に、ゆりあは吾良の真意を伝えようとするが、稟久は伊沢家から出て行ってしまう。

 またある日、ゆりあは伴優弥(木戸大聖)から突然、「結婚しようか」とプロポーズされる。その後、優弥は妻・里菜(えびちゃん)と会って話し合うと、里菜はゆりあに会うと言い出す。

 そして、ゆりあは里菜に会うと「優弥を私にください」と話す。すると里菜は意外にも「いいですよ」と言う。しかし、そこへ優弥の子どもが現れると、ゆりあは優弥と里菜が復縁した方が良いのではと考えてしまう。

 またある日、ゆりあは姉・泉川蘭(吉瀬美智子)と一緒に病院に行くと、ゆりあは乳がんを患っていることが判明する。その後、ゆりあは優弥に会うと別れを告げて里菜との復縁を勧める。

 放送終了後、SNS上には「優弥の馬鹿なメッセージが悲しい伏線になっているの、泣くよ」「おっぱいの伏線がこんなことにつながるなんて辛すぎて、最後めちゃくちゃ泣いた」「ゆりあ先生の優しさが周りを優しくする。 だけど、一番好きな人に自分の病気のことが言えない。つらいね」などの声が投稿された。

 また、このほか「このドラマって、生きてく中で向き合う事になるかもしれない問題がたくさん詰まっている」「優弥の『幸せになってね』に泣いた、まだ“好き”がある時のお別れって切なすぎる」「優弥とその家族のことを思って何も言わずに去ろうとするゆりちゃん強いよ」といった声も寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

Willfriends

page top