「それパク」“亜季”芳根京子と“又坂”ともさかりえが悪徳業者と対峙 「悪徳業者を締め上げる駆け引きが、実に素晴らしかった」

2023年5月25日 / 16:07

「それってパクリじゃないですか?」第7話(C)日本テレビ

 芳根京子主演のドラマ「それってパクリじゃないですか?」(日本テレビ系)の第7話が、24日に放送された。

 本作は、会社員の藤崎亜季(芳根)と弁理士の資格を持つエリート上司の北脇雅美(重岡大毅)が、知的財産に関するさまざまな問題と向き合いながら奮闘する姿を描く。原作は奥乃桜子氏の同名小説。

 ある日、今宮食品から、特許を2000万円で買わないかというオファーが届く。あまりの金額に亜季は驚くが、開発部長の高梨(常盤貴子)はその技術が自社商品に使われていると指摘する。

 しかし北脇は、その技術は特許を認められる要件を満たしていないので、「特許を買う必要はない」と判断する。だが、弁理士の又坂(ともさかりえ)は何か不安を感じる。

 そんな中、取引先に特許侵害に関する悪質なビラが配られ、会社に抗議の声が殺到する。今宮食品の仕業だという確証がないため、又坂と亜季は今宮食品の青汁の試飲会に潜入する。

 その後、2人は今宮食品が特許を利用して、違法スレスレの商売をしていることを見抜く。すると高梨は、月夜野のイメージを守るために、今宮食品に和解金を支払うべきだと主張する。

 放送終了後、SNS上には、「パテントトロール、死蔵特許、 悪徳業者を締め上げる駆け引きが、実に素晴らしかった」「違法スレスレの商売をしていた企業に対して厳しく追及した又坂さんと亜季ちゃん、かっこよかった」「亡くなった旦那さんの特許を買い取り、『共同開発にします』と言ったとき、うるっときた」などのコメントが投稿された。

 また、ラストでは、高梨が又坂の大学時代の先輩の特許をだまし取った「太陽新社」の執行役員だったことが判明するシーンが放送された。

 これについては、「又坂さんがスパイなのかと思ったら高梨部長が怪しい側だった」「うそだよな? 誤解だよな高梨部長?」「エグそうな展開になりそうじゃん次回も」などのコメントが寄せられた。

「それってパクリじゃないですか?」第7話(C)日本テレビ


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top