「それパク」亜季“芳根京子”と北脇“重岡大毅”の凸凹バディに期待 「重岡さんが『キュルンキュルン』を連呼しているのにクスッときた」

2023年4月13日 / 13:39

「それってパクリじゃないですか?」(C)日本テレビ

 芳根京子主演のドラマ「それってパクリじゃないですか?」(日本テレビ系)の第1話が、12日に放送された。

 本作は、会社員の藤崎亜季(芳根)と弁理士の資格を持つエリート上司の北脇雅美(重岡大毅)が、知的財産に関するさまざまな問題と向き合いながら奮闘する姿を描く。原作は奥乃桜子氏の同名小説。

 月夜野ドリンク開発部の新しいドリンクのボトルデザインに、新米社員の亜季が担当したものが採用された。しかし、他社にデザインが盗用されたことが発覚する。

 亜季は情報を漏らした疑いをかけられ、上司の高梨部長(常盤貴子)に開発部の業務から外されてしまう。

 その後、トラブルを調査するために、親会社の上毛高分子化学工業の知的財産部から、「弁理士」の北脇がやってくる。

 北脇は亜季の行動を調査して、デザインを盗用した企業の特許出願などを時系列で整理し、特許を取り戻すために動き始める。

 北脇は特許権を無効にするためには、亜季が情報を漏らしたという証言をし、他社のボトルデザインは盗んだ発明であることを証明するしかないと考える。

 役員会議の席で亜季はうその証言をするも、ボトルの開発を諦めたくないと訴える。すると北脇は、情報漏えいの本当の原因を明らかにする。

 放送終了後、SNS上には、「技術革新がどのように成り立っているのかが分かるドラマ」「情報漏えい、盗用などが問題になっている今の時代にマッチしている」「重岡さんが『キュルンキュルン』を連呼しているのにクスッときた」などのコメントが寄せられた。

 また、本作の撮影協力を行ったという特許庁も「『特許は言葉を武器とした陣取り合戦』のせりふも印象的でした」「第2話も楽しみです」と投稿した。

「それってパクリじゃないですか?」(C)日本テレビ


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top