「それパク」 堅物の“北脇”重岡大毅に変化の兆し 「北脇さん、亜季のことが気になっている」

2023年5月11日 / 16:18

「それってパクリじゃないですか?」第5話(C)日本テレビ

 芳根京子主演のドラマ「それってパクリじゃないですか?」(日本テレビ系)の第5話が、10日に放送された。

 本作は、会社員の藤崎亜季(芳根)と弁理士の資格を持つエリート上司の北脇雅美(重岡大毅)が、知的財産に関するさまざまな問題と向き合いながら奮闘する姿を描く。原作は奥乃桜子氏の同名小説。

 新商品「カメレオンティー」のポスターが完成するが、使用されている写真は個人のブログからの無断転載だったことが判明する。亜季は、北脇の指示で写真の権利者への利用の許可申請を担当することになった。

 さらに亜季は、同時進行で開発部の窪地(豊田裕大)が特許を出願中の案件も引き継ぐことになった。特許を認めてもらうために、特許庁の審査官・仁美(小野ゆり子)に直接アドバイスを求めに行く。

 窪地と共に審査官の面接に向かった亜季は、仁美と窪地が旧知の仲だったことを知る。仁美は薬科大学の准教授で窪地の兄の政宗(板橋駿谷)に協力を求めるよう助言する。

 窪地が出願している特許の学術的裏付けをもらうには、政宗が最も適した人材だったが、窪地と政宗は兄弟仲が悪く、しかも政宗は仁美と結婚寸前で破局していた。

 そんな中、ようやくポスターの写真の権利者から亜季のもとに連絡がくる。相手から多額の使用料を提示されるが、亜季は権利者が月夜野の技術を無許可で使っていることに気付く。

 放送終了後、SNS上には、「亜季さんもどんどん成長してるなあ」「クロスライセンス契約とか、分割出願とか、ドラマを見るといろいろと知ることができていい」「社長も知財を学んでほしい」などのコメントが寄せられた。

 また、亜季を手助けしようとしている北脇については、「口出ししたくてしゃーない北脇さんかわいい」「北脇さん、亜季のことが気になっている」「ラストの北脇さんのムッとした顔がかわい過ぎた」などのコメントが寄せられた。

「それってパクリじゃないですか?」第5話(C)日本テレビ


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「つらいけど見るのをやめられない」「えぐいけどこれは文学だ。そういう覚悟で見ているから大丈夫」

ドラマ2024年5月18日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第七話「がんもどき前編」が、17日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Believe」“狩山” 木村拓哉がついに出頭か?ラストの謎展開に反響 「予測不能にもほどがある」

ドラマ2024年5月17日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第4話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“陽月”芳根京子&“美咲”白山乃愛姉妹に感動 「“大友先生”錦戸亮が助けてくれるよね」「絶対に助かって」

ドラマ2024年5月17日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第6話が、16日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  大友郁弥(錦戸亮)との戦いに勝利した天堂海斗(赤楚)は、天堂記念病院の理事長に就任した。海斗は早速、父で … 続きを読む

ブルーモーメント」“彩”出口夏希と“真紀”石井杏奈姉妹が過去の悲劇と対峙 「姉妹それぞれの葛藤、そして進み始める姿に涙」

ドラマ2024年5月16日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第4話が、15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、山 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“大崎”宮近海斗が“愛花”田辺桃子に告白  「切なくて泣いちゃったよ」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年5月15日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋をしたことがない売れっ子俳優・渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながら … 続きを読む

Willfriends

page top