「どうする家康」大森南朋、酒井忠次は「人間っぽくていい」 “えびすくい”は「来年の今頃には上手に踊れるかな」

2023年1月23日 / 08:23

酒井忠次役の大森南朋 (C)NHK

 嵐の松本潤が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」の第3話が22日、放送された。オンエア後、家臣団のリーダー・酒井忠次を演じている大森南朋の動画インタビューがドラマ公式サイトで公開された。

 第62作目の大河ドラマとなる本作は、徳川家康(松本)の生涯を新たな視点で描く。脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』などで知られる古沢良太氏が担当する。

 大森は「古沢さんの脚本はテンポもいいですし、僕も非常に面白く読ませていただきました。それに遜色のないお芝居ができるよう、日々頑張っています」と撮影の様子を語った。

 さらに、「酒井忠次を演じるに当たっては、『兄貴分っぽくやるぞ』と自分の偏った考えで構築して演じると、群像劇でのバランスが崩れると思いますので。“劇団家臣団”みたいなものですから。バランスを取って、出るところは出る、引くところは引く。(家臣団は)全員これに尽きると思います」と心掛けていることを明かした。

 忠次の印象については、「人間っぽくていいなと思います。家臣団や殿とどういう距離感でいたのかという中で、忠次の人柄がにじみ出せたらいいですね。戦国時代も、笑いあり、泣きもあり、踊りもありで、みんな生きていたはずなので。そこを素直に演じていこうと思います」と語った。

 忠次といえば、宴会芸“えびすくい”が得意だ。大森は「えびすくいは難しかったです。今でも難しいですし、今やってみろと言われて急にフルでできるかというのも不安になるぐらい。でも1年間あるので、来年の今頃には上手に踊れるかな」と笑い、「伝統芸能ではなく、あくまで“宴会芸”なので、そこを加味していただいて、視聴者の皆さんには優しい目でご覧いただきたいですね」と語った。


芸能ニュースNEWS

NHKドラマ10「燕は戻ってこない 」制作開始 石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀らが出演

ドラマ2024年2月22日

 4月30日から放送予定のNHKドラマ10は、人気作家、桐野夏生氏による小説『燕は戻ってこない』をドラマ化。「命は誰のものか 」というテーマに、第57回吉川英治文学賞・第64回毎日芸術賞をW受賞した作品。脚本は、連続テレビ小説 「らんまん」 … 続きを読む

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

「君が心をくれたから」ついに“太陽”山田裕貴が奇跡の真実を知る  「『触覚は幸せを確かめるもの』って、納得した」

ドラマ2024年2月20日

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第7話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから … 続きを読む

「春になったら」“岸”深澤辰哉の“瞳”奈緒への優しさに反響集まる  「岸くんがいい男過ぎる」「絶対に好きになっちゃう」

ドラマ2024年2月20日

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬま … 続きを読む

Willfriends

page top